おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

モニタアームを便利に使うには?おすすめの使い方を紹介

   

モニタアームは、机のスペースが広くなるなど、多くのメリットがある便利なアイテムです。

机の上の環境を変えたい人には最適ですが、中には、「どう便利なの?」といった疑問を感じている人もいるでしょう。

そこで、モニタアームの便利な使い方を紹介します。

モニタアームは、使い方を工夫することで、より便利になるので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

高さを調節しよう

机の前でパソコンに向かって作業するとき、モニタの位置は、とても重要なポイントになります。

例えば、モニタが低すぎる位置にあった場合、猫背のような前傾姿勢になることが多いです。

これは、座り方としては、あまりよくありません。

座っているときでも、姿勢を正すのは大切なことです。

悪い姿勢を長く続けていると、背骨のバランスが崩れてしまい、腰に負担をかけることになります。

そうなると、腰痛になってしまうことがあるのです。

他にも、首や肩がこってきたり、目が疲れたりすることもあります。

そこで便利なのが、モニタアームによる高さの調節です。

モニタアームを使うと、モニタを自由に動かすことができるので、自分が最も楽な高さに設置できます。

それならば、姿勢が崩れることもないため、健康を損なわずに作業ができるというわけです。

モニタの位置が気になっている人は、ぜひモニタアームを導入してみましょう。

縦の動きに対応した製品がおすすめ

高さの調節をするには、縦の動きに対応したモニタアームを選ぶ必要があります。

モニタアームにも、いろいろな種類があるので、すべての製品が同様の機能を備えているわけではありません。

中には、横にしか動かせない製品もあるので、購入する際は、よく確認してください。

高さの調節を行うのであれば、おすすめは、垂直アームです。

垂直アームは、縦の動きに特化したモニタアームであり、コンパクトなので、個人がオフィスなどで使うにはぴったりの製品となります。

また、縦横斜めに動かせる、水平垂直アームでもよいでしょう。

いずれにしても、縦の動きに対応した製品であれば、高さの調節には最適です。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

自分にぴったりの位置を探そう

モニタアームで調節できるのは、高さだけではありません。

もっと細かい動きに対応したものを選べば、横や斜めの調節も自由自在なので、自分だけのベストポジションを見つけることができます。

しかし、それには、かなり微妙な調節が必要になることもあります。

モニタの調節は、一発でぴったりの位置が決まるとは限りません。

使っているうちに、「やっぱりもう少し上がいいかな?」といった違和感を覚え、また動かしたくなったりするものです。

そうして少しずつ調節を繰り返し、ちょうどよい位置を探る場合も多いでしょう。

また、場合によっては、長く固定するのではなく、頻繁に動かして使うことも考えられます。

そのような使い方をするには、モニタアームの機能は、とても便利なのです。

モニタアームは、適切な製品を選べば、かなり細かい調節が可能なので、微妙な調節や頻繁な移動にも、十分対応できます。

4軸で自由な調節を

細かい位置の調節を行うには、モニタアームの軸は、4軸が最も適しています。

モニタアームには、2軸や3軸の製品もありますが、軸の数が多ければ多いほど可動域が広く、より細かい動きができるのです。

2軸や3軸でも、ある程度の動きには対応できますが、微妙な調節をしようとすると、思うように動かせなかったりします。

そのため、調節のしやすさを重視するなら、4軸の製品を選んでおきましょう。

モニタを縦にして使おう

モニタを設置する場合、多くの人は横向きにしていますが、縦に置いても、便利に使うことができます。

縦向きにしたモニタは、通常の横向きと違って、横幅をとりません。

そのため、机の上の狭いスペースにもすんなりと納まり、場所を広く使うことができるのです。

また、縦にすると、表示できる情報量が多くなることもポイントです。

これは、文字数の多いページを見るときや、ワードやエクセルの作業を行うには、かなり役立つ要素です。

横向きだと、数回スクロールしなければならない表やページも、一度にたくさん表示できる縦向きだと、ひと目で把握することができます。

そして、モニタを縦向きに設置するには、自由に角度を変更できるモニタアームが最適なのです。

画面の見やすさや省スペースに注目するなら、ぜひモニタアームの導入を検討してみましょう。

縦の設置に適したモニタアームとは

モニタを縦向きにするためには、それに適した製品を選ぶことが大切です。

まず、縦向きにするということは、モニタを90℃回転させなければならないので、その機能を備えた製品を選んでください。

大抵のモニタアームは、90℃以上の回転に対応していますが、すべての製品に当てはまるわけではありません。

失敗を避けるためにも、よく確認してから購入しましょう。

また、モニタアームの支柱の高さも重要になります。

低いモニタアームで縦置きにすると、画面の下がよく見えないことが多いので、結局は見づらくなる可能性が高いです。

縦に回転させても余裕があるような、高さのある製品を選びましょう。

マルチモニタで環境を改善

モニタアームを使う場合、設置できるモニタの数は、ひとつとは限りません。

複数のモニタを並べるマルチモニタ環境も、容易に構築することができるのです。

モニタが複数あると、ページをいくつも重ねて開いたり、ひとつの画面で複数のソフトを使ったりするような、窮屈な使い方から解放されます。

それまでひとつの画面上にあったものを、他のモニタに分けて表示することで、効率よく作業を進めることができるのです。

そのため、作業環境をよりよく改善したいと考えているなら、モニタアームの導入をおすすめします。

マルチモニタにして、ストレスのない快適な環境をつくりましょう。

場所を広く使うなら縦並びで

マルチモニタの環境をつくるには、専用のモニタアームが必要であり、横並びと縦並びの2種類があります。

このうち、場所を広く使うためには、縦並びのモニタアームが適しています。

横に画面を並べた場合、幅をとることは避けられないため、どうしても狭さを感じてしまうでしょう。

一方、縦に並べて設置するスタイルなら、スマートに納めることが可能です。

そのため、机の周りがあまり広くない場合は、縦並びを選んでおけば、ゆったりした環境で作業できます。

補強プレートを活用しよう

マルチモニタにする場合は、設置場所の強度も重要になります。

机にクランプ式で設置すると、大きな負荷が一点に集中してしまうので、机が歪んでしまうことがあるのです。

そのため、なるべく強度の高い机に設置する必要があります。

しかし、強度に不安があったとしても、机を簡単に交換できるわけではありません。

そんなときに便利なのが、モニタアームの補強プレートです。

このプレートを固定具に挟むことで、接地面積が広くなり、机にかかる負担を減らすことができます。

マルチモニタ環境を構築するなら、この点にも注意しておきましょう。

まとめ

モニタアームは、目的によって、さまざまな使い方ができます。

目的に合った製品を選び、適した使い方をすることで、モニタアームのメリットを最大限に引き出すことができるでしょう。

これからモニタアームを導入する人は、ここで紹介したことを参考にして、自分なりのベストな使い方を考えてみてください。

すでに使っている人も、少し見直してみると、さらによい環境をつくることができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ