おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

三日坊主になりそうで不安!イラスト通信講座を無理なく続ける方法

   

イラスト通信講座は自宅でイラストの描き方が学べることから、幅広い層の方から人気があります。

しかし、講師が側についているわけではないので、自分一人でレッスンを続けることができるのか不安になる方もいるようです。

レッスンが三日坊主にならないようにするためには、どのような対策をとったら良いのでしょうか。

ここでは、イラスト通信講座を無理なく続ける方法をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

自宅でのレッスンが続かない理由

帰宅時間が不規則で計画どおりにレッスンできない

イラスト通信講座は自宅で好きな時に学べるので、仕事をしながらでもレッスンできるところが大きな魅力です。

しかし、職種によっては帰宅時間が不規則なこともあるので、自分で立てた計画通りにレッスンできない場合があります。

イラストのレッスンはコツコツ積み重ねることが大切ですが、あまりにもレッスンの間隔が空くとせっかく覚えたスキルを忘れてしまうこともあるため、レッスンを続けることが億劫になってしまうことがあります。

イラスト通信講座のレベルが自分に合っていない

イラスト通信講座は豊富な種類があるので、自分のイラストのレベルに合わせて選ぶことができます。

ところが、自分のレベルに合っていない講座を選んでしまうと、カリキュラム内容についていけずにレッスンが続かないことがあります。

高度なレッスン内容に緊張感を持ってしまい、イラストを描く楽しさが実感できないとイラストを学びたいという気持ちがしぼんでしまう可能性があります。

目標を持たずにレッスンしている

イラスト通信講座を始める理由は人それぞれですが、まったく目標を持たずにレッスンに取り組んでいると途中でレッスンが続かなくなる可能性があります。

プロのイラストレーターを目指している方であれば、将来の夢に向かってレッスンを続けるモチベーションを保ちやすいのですが、目標がない場合には日々の忙しさの中でレッスンが滞ったままになることもあります。

イラストが描けるようになることの喜びをイメージしながら自分なりの目標を設定することは、レッスンを続けることの励みとなります。

レッスンの指導をしてくれる人が側にいない

イラストスクールであれば講師が直接指導してくれますが、イラスト通信講座は自宅で一人でレッスンするので側に講師がついていません。

長期間レッスンをしていない状態が続いたとしても注意を促す人物が側にいない場合、三日坊主になりやすい方はそのままレッスンをしない状態が続く可能性があります。

レッスンの間があまりにも空くと、前回のレッスンでせっかくマスターした技法を忘れてしまうこともあるので注意が必要です。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

三日坊主になりやすい方におすすめのイラスト通信講座

短期集中レッスン型の講座を選ぶ

三日坊主になりやすい方の場合、あまりにも長期間の講座だと途中でレッスンに飽きたり疲れてしまう可能性があるので、短期集中レッスン型のイラスト通信講座がおすすめです。

数ヶ月などの短期間の講座であれば、講座修了というゴールを意識しやすいので目の前のレッスンに無理なく集中することができます。

短期間でイラストの知識や技術が学べるカリキュラムとなっているので、効率良く必要なスキルを身につけることができるでしょう。

1回のレッスンが短時間で済む講座を選ぶ

イラスト通信講座によって、1回のレッスンにかかる時間の長さに違いがあります。

レッスンが三日坊主になりやすい方が、時間をとってじっくり取り組む必要があるイラスト通信講座を選んでしまうとますますレッスンが続かない可能性があります。

1回のレッスンが短時間で済む講座を選ぶようにすれば気持ちの負担になりにくいので、無理なくレッスンを続けることができます。

動画を見て学ぶタイプの講座を選ぶ

イラスト通信講座はテキストやDVDを使って学ぶタイプのものと、動画を見て学ぶタイプのものがあります。

仕事が忙しくどうしてもレッスンが長続きしそうもない方であれば、動画タイプのイラスト通信講座がおすすめです。

1回のレッスンがほんの数分で済む上に、動画の中の講師の手の動きを何度も再生することでイラストの描き方のコツが掴みやすくなります。

スマートフォンでも再生可能なので、職場での休憩時間を使ったり通勤の移動時間を使って手軽にレッスンできるので、忙しさからレッスンが三日坊主になりやすい方でも講座を続けやすいのです。

添削を通して指導してもらえる講座を選ぶ

イラスト通信講座には、課題提出と添削指導があるものとないものがあります。

レッスンが三日坊主になりやすい方は、指導してくれる講師がいる方がレッスンを無理なく続けることができるので、講座選びの際にプロの講師による添削指導がついているか確認すると良いでしょう。

科目ごとに課題提出と添削指導があれば、レッスンを続ける際の励みになる上にどのくらいスキルが身についたか確認しやすいのでおすすめです。

イラスト通信講座を無理なく続ける方法

マスターしたイラストのスキルをすぐに使う

イラスト通信講座で学んだスキルを日常ですぐに使うようにすれば、イラストを描く喜びを実感しやすいのでレッスンが楽しくなります。

楽しいことなら自分から積極的に実践したくなるので、イラストのレッスンが無理なく続くでしょう。

空き時間に無理なくレッスンできる講座を選ぶ

仕事が忙しく時間が十分にとれないことでレッスンが続きにくい方であれば、空き時間に無理なくレッスンできるイラスト通信講座を選ぶと良いでしょう。

携帯しやすいコンパクトなテキストで学ぶ講座なら外出先でもレッスンできますし、動画を見て学ぶ講座なら移動時間を利用してレッスンできます。

このように、空き時間にすぐにレッスンできる講座なら無理なく続きます。

自分のイラストのレベルに合う講座を選ぶ

ひとつひとつのレッスンを楽しみながら実践するには、自分のイラストのレベルに合わせて講座を選ぶことが大切なポイントです。

どれが自分のレベルに合う講座なのか分からない時には、初級・中級・上級とはっきり記載されている講座を選ぶと良いでしょう。

イラスト初心者の方であれば初級を選ぶことで、イラストを描くための基礎や応用を身につけることができます。

どうしてもレッスンが続かない方の対策方法

シンプルで楽しいレッスン内容の講座を選ぶ

イラスト通信講座の中には本格的にプロに必要なスキルを身につけるための講座もあれば、趣味として楽しくイラストのレッスンができる講座もあります。

趣味として気軽にレッスンできる講座は、テキストのお手本に沿ってイラストを描いていくなど、レッスンそのものがシンプルで楽しいところが大きな魅力です。

プロを目指している方であれば緻密な内容の講座を選ぶ必要がありますが、趣味として講座を受講するのであれば、楽しいレッスン内容の講座の方が長続きしやすいでしょう。

講師と頻繁にやりとりする講座を選ぶ

イラスト通信講座の中には、添削指導だけではなくプロの講師とスカイプやメールのやり取りを通してコミュニケーションがとれる講座もあります。

レッスンが三日坊主になりやすい方でも、講師とのコミュニケーションを通してイラストを学ぶことへのモチベーションが高まりレッスンを続けやすいでしょう。

まとめ

イラスト通信講座は自分のペースで自宅で好きな時に学べるところがメリットのひとつですが、人によっては様々な理由からレッスンが続かなくなる可能性もあります。

しかし、レッスンが続かない原因に合わせた対策をとることで、三日坊主になりがちな方でも無理なくレッスンを続けることができます。

豊富な種類の講座があるので、自分に最適なイラスト通信講座を選ぶようにすれば楽しみながらイラストのスキルを身につけることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ