おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

上達しない時はどうすれば良い?イラスト通信講座を活用して絵がうまくなる方法

   

マンガやイラストが大好きで、イラストが描けるようになりたいという希望をお持ちの方が多くいらっしゃいます。

イラスト通信講座は、学校に通うよりも手軽にイラストの基礎が学べる上に好きな時に自宅でレッスンできるという大きな魅力があります。

しかし、中には絵がなかなか上達しないことにお悩みの方がいるかもしれません。

イラスト通信講座を十二分に活用して、より早く上達するためにはどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、イラスト通信講座を活用して絵がうまくなる方法をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラスト通信講座を活用して絵がうまくなる方法

一定のリズムでレッスンを繰り返す

イラスト通信講座は、自宅で好きな時に自由にレッスンすることができる特徴を持っています。

このことから、自分できちんとレッスンのスケジュール管理をしていないとレッスンの間が空いてしまうことがあるかもしれません。

イラスト通信講座は、イラストを初めて学ぶ方が基礎や応用などの技術を身につけることができるようにカリキュラムが組まれているので、レッスンの間があまりにも空いてしまうとせっかく掴んだイラストの描き方のコツを忘れてしまうことがあります。

できるだけ一定のリズムでレッスンを繰り返すように自己管理することが大切です。

分からないことは講師に質問してみる

イラストのレッスンを続けていると分からないことが出てくるかもしれません。

テキストだけでは分からない場合でもDVDがついているイラスト通信講座なら、DVDの中での説明や技術に関する映像を繰り返し見ることで分からなかったことが理解できるようになる場合があります。

しかし、それでも分からない場合には講師に質問してみると良いでしょう。

イラスト通信講座の中には郵送での添削指導だけではなく、メールや電話での質問に対応しているところがあるので、絵が上達したい方にとって心強いでしょう。

課題添削が返ってきたらもう1度取り組む

イラスト通信講座の多くは課題を送るとプロの講師からの添削指導が返ってきます。

課題を提出して安心するのではなく、よりイラストの技術を高めるためにも返ってきた課題添削のアドバイスにしっかり目を通して、もう1度同じ課題に取り組むことで技術に磨きがかかります。

イラスト通信講座の中には、ひとつの課題の添削指導を反復することで丁寧に指導しているところもあるので絵の上達が早くなるでしょう。

添削指導はプロのアドバイスを直接受ける貴重な機会なので、添削指導がついているかをイラスト通信講座を選ぶ目安にすると良いでしょう。

受講延長のサービスを利用する

社会人の方で仕事をしながらイラスト通信講座で学んでいると、仕事の忙しさからレッスンが滞ってしまうこともあるでしょう。

まったくレッスンに取り組めないような場合、中にはイラスト通信講座で学ぶことを途中でやめてしまう方もいるかもしれません。

どうしても決まった期間内にレッスンを重ねることができず課題を提出できない場合には、受講延長のサービスを利用すると良いでしょう。

延長期間内であれば、課題提出だけではなく質問や添削指導などを受けることができるイラスト通信講座もあるので忙しい方でも安心です。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

よりイラストが上手になるためには?

苦手なところを繰り返しレッスンする

イラスト通信講座はカリキュラムに沿って段階に応じて必要な技術を学んでいきますが、自分にとって苦手な科目が出てきたら、そのまま先に進まず繰り返し復習することで得意な科目になるかもしれません。

レッスンをこなすことを目的とするのではなく、それぞれの科目を通して必要な技術をしっかり身につけることを目標として絵の上達を目指すと良いでしょう。

課題の提出が終わったとしても、自分で同じ事柄を取り組んでみるなどして自分らしくレッスンを工夫することが上達の近道です。

プロのイラストレーターの体験談を参考にする

プロのイラストレーターがイメージ通りのイラストが描けるようになるまでには、努力の積み重ねがあったのかもしれません。

そんなプロのイラストレーターの体験談などが書籍になっていたり、ご本人のブログを通して公開されていたりすることがあるので参考にすると良いでしょう。

レッスンを続けていく上でのヒントを掴むきっかけとなるかもしれませんし、ためになるレッスン方法を知ることになるかもしれません。

美術館などにこまめに足を運ぶ

自宅でテキストをもとにレッスンを繰り返していると、時々煮詰まってしまうことがあるかもしれません。

そんな時は、息抜きや勉強を兼ねて美術館などにこまめに足を運んでみると良いでしょう。

イラストとは関係のない展覧会であったとしても、自分の作風のヒントになることがあるのでおすすめです。

また、美術館独自の静かでリラックスできる雰囲気が気分のリフレッシュ役立つでしょう。

定期的にイラストコンテストに応募する

イラスト通信講座のレッスンを通してある程度イラストの基礎が身についたら、応用に取り組みながら定期的にイラストコンテストに応募すると良いでしょう。

イラストコンテストには多くの応募が殺到することがありますが、自分の現在の実力を試す良い機会となります。

たとえ入賞しなかったとしても、コンテストに向けて作品作りに取り組むことは貴重な体験となるので自分の大きな糧となります。

また、コンテストに入賞するようなことがあれば自信がついて、レッスンを続ける上での励みとなるでしょう。

絵が上達したい人におすすめのイラスト通信講座

渋谷アートスクールイラスト・絵本 通信講座

渋谷アートスクールイラスト・絵本 通信講座は、イラストの専門的な学校が手掛けている通信講座なので基礎から応用までのしっかりとしたカリキュラムが特徴のひとつです。

中でも添削指導がとてもユニークで、電話やスカイプで丁寧な添削指導を受けることができるのでおすすめです。

分からないことがあればすぐに質問できるので心強いでしょう。

アンプスイラスト通信講座

アンプスイラスト通信講座はイラストの専門的な学校が手掛ける通信講座で、プロならではの技術を分かりやすく学べるテキストが魅力のひとつです。

添削指導がきめ細やかで課題提出と添削指導を反復させることで、ひとつひとつの技術をしっかり身につけることができるのでおすすめです。

通信講座 イラストマスターコース

ヒューマンアカデミー通信講座 イラストマスターコースは、人気のイラストレーターの講義を通してイラストに関する基礎や応用、実践力が身につくところが魅力です。

分かりやすいテキストはもちろんのこと、自由参加のスクーリングがあるので貴重なアドバイスを受けることができるのでおすすめです。

絵が上達したい方がイラスト通信講座を選ぶ時の注意点

本気で絵が上達したいと思っている場合には、基礎や応用などしっかりとしたカリキュラムをもとにレッスンできるイラスト通信講座を選ぶことが大切です。

イラスト通信講座の中には、デッサンなどの基礎を学ぶことなく楽しくレッスンを重ねて課題提出などがないものもあります。

課題提出や添削がない分リラックスしてレッスンを続けることができますが、イラストの基本を身につけたい方にとって物足りなく感じることがあるかもしれません。

基礎を学んだ上でイメージ通りのイラストが自由に描けるようになりたい場合には、プロのアドバイスを受けることができるきめ細やかな添削指導を行っているイラスト通信講座がおすすめです。

根気良くレッスンを重ねていくことで、イラストの技術がしっかり身についていくことでしょう。

まとめ

好きこそ物の上手なれという言葉があるように、イラストがなかなか上達しないことに悩んでいる場合でも、毎日コツコツとレッスンを続けることで少しずつ絵を描くことのコツが掴めるようになります。

イラスト通信講座を通して楽しみながらレッスンに取り組んでいけば、いつの日かイメージどおりのイラストが描けるようになるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ