おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

世界を舞台に活躍したい! ニューヨークのデザイン専門学校で学ぶ方法

   

デザインの技術は国内に限らず世界でも通用するものなので、将来は世界を舞台にデザインの分野で活躍したいという方がいるかもしれません。

世界の中でもニューヨークはトレンドや最新のデザインの発信地となる場所ですが、華やかで刺激的な街ニューヨークでデザインを学ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、ニューヨークのデザイン専門学校で学ぶ方法をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ニューヨークでデザインを学ぶメリット

トレンドが行き交う街で刺激に満ち溢れている

ニューヨークは最新のトレンドが行き交う街で、話題の商業施設やショップなどが多数立ち並び街全体が刺激に満ち溢れています。

街を散策するだけでもデザインアイディアのヒントが浮んでくる可能性があります。

ニューヨーク独自の空気感に触れながら現地でデザインを学ぶことは、デザインの学習だけではなく今後の人生に大きな影響を与えるでしょう。

美術館や博物館が豊富にある街で勉強になる

ニューヨークには世界的に有名な美術館や博物館がたくさんあります。

世界三大美術館のうちのひとつメトロポリタン美術館は、ギリシャ・ローマ時代の彫刻や装飾美術品をはじめとする、ほかでは見ることのできない重厚な作品を見て回ることができます。

また、ニューヨーク近代美術館(MoMA)ではモダンアートの分野の作品が多数展示されているので、デザインの勉強になるでしょう。

ニューヨークという土地で幅広い分野の芸術に触れることで独自のセンスを磨くことができます。

デザインと同時に語学を磨く良い機会になる

ニューヨークでデザインを学ぶことで、デザインだけではなく語学をブラッシュアップすることができます。

日常会話はすべて英語になるため、英語を話す機会が多いことで実践的な英会話が身につきます。

もちろん英語のみの授業となりますが、海外ならではの概念をもとにデザインを学ぶことは将来デザイナーを目指す上で大きな糧となります。

第一線で活躍するデザイナーが多数在住している

ニューヨークには第一線で活躍するデザイナーが多数在住しており、新しい作品を生み出し続けています。

作品を発表するために定期的に個展を開くデザイナーもいるので、会場内で運よくデザイナー本人と会話をするチャンスがあるかもしれません。

会話を通してデザイナーの考え方や作品に対する思いなどを知ることは、作品を作る上での良い刺激となります。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ニューヨークでデザインを学ぶ方法

ニューヨークのデザインスクールに入学して学ぶ

ニューヨークで学ぶためには、ニューヨークに移住して現地のデザインスクールに入学するという方法があります。

学校の資料を取り寄せて住居などを探す必要があるので、計画を立てて効率良く動く必要があります。

すでに英語力がある場合には問題ありませんが、まったく英語力がない場合には語学力を身につけるところから始めるなど前準備が必要となります。

ニューヨークの美術大学に入学して学ぶ

ニューヨークでデザインに限らず美術などの基礎もしっかり学びたい場合には、ニューヨークの美術大学に入学して学ぶという方法があります。

しかし、レベルの高い入学試験にパスする必要があるので、語学力が必要なのはもちろんのことほかの科目に関する知識を深めておくことが大切なので、十分な時間をとって試験勉強をする必要があります。

ニューヨークのデザイン専門学校に留学して学ぶ

ニューヨークには総合語学とビジネスに関する専門学校があります。

デザインのコースを選択して学ぶことが可能で、留学という形で現地でデザインと語学を併せて学べるところが大きな魅力です。

長期留学や社会人留学に対応しているので、滞在期間も自由に選ぶことができます。

学校に日本人のスタッフがいるのでいざという時に安心で、学生ビザを取得して現地で充実した時間を過ごせるのでおすすめです。

ニューヨークのデザイン専門学校で学ぶ方法

留学に関する資料を取り寄せる

ニューヨークのデザイン専門学校で学ぶ方法は留学という形をとってデザインについて学べるので、現地の大学やデザインスクールに入学するための手続きを自分一人で行うよりも、より簡単に準備することができます。

留学の手順やカリキュラム内容、詳しい費用などの情報に目を通すためにも、まずはデザイン専門学校の留学に関する資料を取り寄せることが大切です。

留学に関するエージェントを通して準備すれば、分からないことについて相談できるので安心です。

いくつか気になるデザイン専門学校があれば、それぞれの資料を気軽に取り寄せてみましょう。

授業内容が理解できるレベルの英語力を磨く

ニューヨークのデザイン専門学校の授業はすべて英語なので、英語のスキルがまったくない場合には授業内容を理解できません。

留学前に授業内容が理解できるレベルの英語力を身につけるため、英会話のレッスンをする必要があります。

英会話スクールに通うなどして集中的に英語を学ぶと良いでしょう。

ESLを受講して英語力を身につける

ニューヨークのデザイン専門学校の中には、いきなりデザインのコースで学ぶのではなくコースを受講する前にESL(母国語が英語以外の人達のための英語コース)を受講して英会話が学べるところがあります。

十分な英語力を身につけてからデザインの授業を受けることで、授業内容が理解しやすくなります。

英語のレベルに合わせて留学プランを選べるので英語初心者の方でも安心です。

興味がある分野のデザインコースを受講する

留学を通してニューヨークのデザイン専門学校で学ぶ際に、デザインコースを選択する必要があります。

グラフィックデザインやウェブデザインなど、興味がある分野のコースを選んで受講しましょう。

国内のデザイン専門学校で学ぶ事と比較すると、英語の授業を受けるなど難易度が高く感じるかもしれませんが、十分に準備して思い切ってチャレンジしてみることで貴重な経験となります。

ニューヨークのデザイン専門学校で学ぶ際に必要なもの

パスポート・ビザ

海外に滞在する時に必要なのがパスポートとビザで、米国のビザの種類には観光ビザ・就労ビザ・学生ビザ・交流訪問ビザなどがあります。

ニューヨークのデザイン専門学校で学ぶ場合には、学生ビザを取得することで現地に滞在できます。

留学エージェントを通す場合には、滞在に関する手配などのサポートが受けられる場合があります。

留学の費用

ニューヨークのデザイン専門学校で学ぶ際には、学費や滞在費など様々な費用がかかります。

予算に合わせて最適な留学プランを選べるので、ニューヨークのデザイン専門学校の資料によく目を通して十分な資金を準備しましょう。

留学に必要な費用をシュミレーションして見積もりを出すことができるので安心です。

ある程度の語学力

ある程度の日常英会話ができる場合には、現地でESLを受講して英語力を高めることでデザイン専門学校の授業内容が理解しやすくなります。

先にESLを受講してデザインのコースを学ぶことや、ESLとデザインのコースを同時に受講することも可能なので自分に合ったスタイルで学ぶと良いでしょう。

まとめ

ニューヨークのデザイン専門学校で学ぶことは一見すると難しいことのように思えますが、留学の手段をとることで海外でデザインを学ぶことが身近になります。

予算に合わせて留学の方法が選べるので、自分にとって最適な方法でデザインについて学ぶことができるでしょう。

将来海外での活躍を視野に入れている方であれば、ニューヨークでデザインを学ぶことは貴重な経験となります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ