おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

中身はどれも同じなの?漫画専門学校の違いを教えて!

   

将来漫画家を目指す方にとって、漫画専門学校では漫画の描き方や発想力を磨く授業を通してイメージを作品にするためのスキルを身につけることができます。

全国に数多くの漫画専門学校がありますが、人によってはどれも中身が同じなのではないかと思うかもしれません。

しかし、それぞれ特徴や強みに大きな違いがあるので、自分に合う専門学校を選ぶことが大切です。

ここでは、それぞれの漫画専門学校の違いや特徴について見ていきたいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

漫画専門学校のコース内容に違いがある

漫画専門学校の中には、漫画を描くのに必要なスキルだけを学ぶコースもありますが、中には漫画のスキルとイラストなどの別のスキルを併せて学べるコースが設けられているところがあります。

漫画専門学校によってコース内容に違いがあるので、自分が学びたい内容のコースがある専門学校を選ぶことをおすすめします。

漫画コースのみの専門学校の特徴

漫画専門学校に進学する方の中には、漫画家になることに対して強い意志を持っており在学中のデビューを目指している方がいます。

このような方であれば、漫画のスキルを徹底して学べる漫画コースのみの専門学校がおすすめです。

絵の描き方の基礎からストーリーの作り方や物語が引立つコマ割りの方法など、シンプルに漫画のスキルアップだけに集中して授業を受けることができるのでおすすめです。

二つのスキルを同時に学べる専門学校の特徴

漫画専門学校に進学するにあたり、万が一漫画家デビューできなかった時のことを考えると不安になってしまう方がいるかもしれません。

そんな時は、漫画とイラストを同時に学べるなど、二つのスキルを併せて身につけることができる漫画専門学校がおすすめです。

たとえ漫画家になれなくてもイラストのスキルなど、授業を通して身につけた漫画以外のスキルを生かして就職活動できるので安心です。

夜間・日曜コースがある専門学校の特徴

漫画専門学校の中には夜間や日曜コースがある学校があります。

平日の朝から昼間までびっしり時間割が詰まっている漫画専門学校に比べて、限られた時間の中で集中的に漫画の描き方を学べるので、仕事をしながら漫画家デビューを目指したい方におすすめです。

また、漫画のアシスタントをしている方の中には漫画のスキルアップを目指している方もいますが、アシスタントとして働きながら夜間や日曜コースがある漫画専門学校で学ぶことで、漫画家デビューを目指すことができます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

漫画専門学校の学習期間に違いがある

漫画専門学校は長期間かけてじっくり漫画制作に必要なスキルを学ぶ学校もあれば、短期間で集中的に必要なスキルを学ぶ学校もあります。

学習期間によってカリキュラム内容や授業内容に違いがありますが、それぞれの専門学校はどんな特徴を持っているのでしょううか。

短期間で集中的に漫画のスキルを学ぶ専門学校の特徴

短期間で集中的に漫画のスキルが学べる専門学校は、必要なスキルを集中的に学んだ後で新人コンテストに応募するための漫画作品の制作に集中できるので効率良く漫画家デビューを目指せます。

現役で活躍中のプロの編集者から作品についてアドバイスをもらいながらの制作となるので、クオリティの高い作品の完成を目指すことができるでしょう。

長期間かけて漫画のスキルを学ぶ専門学校の特徴

長期間かけて漫画のスキルが学べる漫画専門学校は、まったく初めて漫画について学ぶ方におすすめです。

絵の描き方の基本から丁寧に学んでいくので、基礎的なスキルを身につけた上でストーリー作りや漫画制作の応用の段階に進みます。

絵に自信がないけれど漫画家になりたいという意志が強い方に最適な学習内容となっています。

漫画専門学校に所属している講師に違いがある

漫画専門学校によって、所属している講師陣に大きな違いがあります。

授業の質は講師のスキルの高さや人柄などで大きな差が出てきますが。

授業内容に定評がある講師が所属している専門学校を選ぶことで、レベルが高い授業を通して必要なスキルを効率良く身につけることができるでしょう。

現役で活躍中の講師が所属している専門学校の特徴

現役で活躍中の漫画家が講師として在籍している専門学校があります。

漫画専門学校を通してプロの漫画家から直接指導を受けられるので、授業内での講師からのアドバイスをもとにレベルの高い作品作りを目指すことができるでしょう。

講師とのコミュニケーションを通して業界の旬な情報を知ることができるところも大きなメリットで、刺激的な毎日の中でワクワクした気持ちで専門学校に通うことができます。

実績がある専任講師が所属している専門学校の特徴

漫画専門学校の中には、指導力が高く授業内容に定評がある講師が在籍しているところがあります。

講師の指導力のスキルによって生徒の才能が大きく開花することがあるので、専門学校に所属している講師の質を目安に漫画専門学校を選ぶことが大切です。

プロの漫画家として高いスキルを持っていることと、高い指導力を持っていることは比例しないことがあるので教え方の上手さを目安にすると良いでしょう。

憧れのプロの講師が所属している専門学校の特徴

漫画専門学校の中には、人気漫画家が講師として在籍しているところがあります。

憧れのプロの漫画家がいる場合には、その漫画家が講師として在籍している専門学校に入学することで、直接コミュニケーションをとることができます。

尊敬する気持ちがベースにあるので授業にも集中することができるでしょう。

自分の作品に関して憧れの講師からアドバイスをもらうことで、より良い作品を作ろうと思う気持ちが高まります。

漫画専門学校と繋がりがある出版社に違いがある

漫画専門学校の中には大手出版社と繋がりが強く、現役の編集者から作品についてアドバイスがもらえるところがあります。

漫画専門学校と繋がりのある出版社に違いがあるので、自分が目指す漫画の内容はどの出版社に合っているか視野に入れた上で専門学校を選ぶのも良いかもしれません。

大手出版社との繋がりが深い専門学校の特徴

大手の出版社との繋がりが深い漫画専門学校は、第一線で活躍中のプロの編集者から制作した漫画についてアドバイスがもらえる授業が含まれていることがあります。

大手出版社からデビューすることになれば漫画家としての注目度も高まり、作品だけではなく自分自身もメディアに取り上げられる可能性も出てきます。

将来広く活躍したい場合には、大手出版社との繋がりが深い漫画専門学校を選ぶと良いでしょう。

幅広い出版社との繋がりが深い専門学校の特徴

個性によって漫画の作風に違いがあるので、自分の漫画のカラーに合った出版社のコンテストに応募することで漫画家デビューのチャンスを得ることができます。

出版社によって求める漫画家の傾向に違いがありますが、幅広い出版社との繋がりが深い漫画専門学校なら、自分の作風に合った出版社との繋がりを持ちやすいので漫画家デビューを目指しやすくなります。

優秀な生徒には担当編集者がついて徹底したアドバイスがもらえる専門学校もあるので、レベルが高い作品の制作を目指すことができます。

まとめ

漫画専門学校によってコース内容や所属している講師などに大きな違いがあります。

万が一漫画家になれない時のことを考えると不安になる方であれば、漫画以外のスキルが同時に身につくコースがある専門学校を選ぶと良いでしょう。

自分が必要とする条件を備えた漫画専門学校で学ぶことで、授業を通してプロに必要な漫画家のスキルを安心して身につけることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校