おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

人気の大画面液晶テレビ「画面サイズ」や「性能」特徴から満足のいくものを選ぼう

   

シャープ 55V型 4K対応 液晶 テレビ AQUOS LC-55U30 リッチカラ―テクノロジー搭載

今では家庭に1つはあるといってもいいほど身近な家電の1つ、液晶テレビですが、液晶テレビも当初の時期に比べるとサイズも大きなものがいろんなメーカーから出ています。

液晶テレビは小型のものから、リビングに置いて大画面の迫力を楽しむ大型のものまで幅広くあります。

今回はそんな液晶テレビについてみていきたいと思います。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

さまざまなメーカーが展開している人気の液晶テレビ

液晶テレビはいろんなメーカーから販売されており、選び方も好みによってどのメーカーのものを選ぶかが変わってきます。

大手の家電メーカーではそれぞれで魅力や特性があり、画質、コントラスト、音声などこだわって作られているものばかりです。

ここで人気の大手家電メーカー別に具体的な特徴についてみていきたいと思います。

シャープ

シャープ 55V型 4K対応 液晶 テレビ AQUOS LC-55U30 リッチカラ―テクノロジー搭載

液晶テレビの有名メーカーの1つ、シャープの液晶テレビは画面サイズ、画質、価格の面で満足度の高い製品であることが特徴の1つです。

色彩をより鮮やかに映像として再現する技術「リッチカラーテクノロジー」を搭載した4Kの液晶テレビはとても人気が高いです。

テレビを見ているときに気になるコントラスト感とノイズを減らすことで、臨場感のある映像を体感することができます。

ソニー

ソニー SONY 49V型 4K対応 液晶 テレビ ブラビア KJ-49X9000E   (2017年モデル)

消費電力の低さ、コントラスト表現を高める高輝度技術、広色域技術を採用したコスト面、画質ともに満足度の高い液晶てれびです。

地上波のテレビ映像だけでなく、インターネット動画を液晶テレビで楽しむ方が増えていることから、動画の圧縮音声といった音源に対応した機能が搭載されているので、テレビ映像もインターネット動画も快適に楽しむことができます。

東芝

東芝 50V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 50M510X

「美しい映像」に特化した東芝の液晶テレビは、「美肌リアライザー」「地デジビューティー」を搭載した液晶テレビが人気です。

リアルな人肌の再現ができる、地上波の映像を高精細で再現できる、といった特徴と、音響製品メーカーの「オンキョー」と共同開発したスピーカーを搭載していることで、豊かなサウンドを楽しむことができるのも魅力の1つです。

低音域から高音域の音声をクリアでしっかりとした重みのあるサウンドを体感できるのでおすすめです。

パナソニック

パナソニック 43V型 液晶 テレビ VIERA TH-43EX600 4K対応 HDR対応

使っている人の満足度が高いパナソニックの家電は、液晶テレビでも実際に使っている方から高い評価があります。

メーカーとしても信頼感の高い会社なので、こういった点であえてパナソニック製を選ぶ方も多いようです。

使い心地と映像の表現力の高さが魅力で、画質の良さだけでなく実際に使ったときの「使い心地」にもこだわっているところが特徴です。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

50インチ前後の大きな液晶テレビが人気

新築祝い、結婚祝いなどの贈答品として液晶テレビを選ぶ方も多いです。

また、自宅用でもブラウン管やプラズマテレビだとちょっと配置スペースに限りがない、ということで大きなテレビを置く人は多くありませんでしたが、最近では軽量、薄型の液晶テレビが普及していることで、50インチ前後の液晶テレビを選ぶ方が増えています。

壁掛けタイプとしてお部屋に配置することもできるので、お部屋のスペースを有効に使うことができるのもいいですね。

日常で使うものなので、お祝いに大型の液晶テレビを贈るととても喜ばれそうですね。

一人暮らしでも大型の液晶テレビがおすすめ

大型の液晶テレビというとファミリーや人数の多い家庭で使うようなイメージがありますが、一人暮らしの世帯でもダイナミックに映像を楽しめるのでおすすめです。

DVD視聴やインターネット動画を大画面で楽しむことができ、音声もサイズが比較的小さめのコンパクトな液晶テレビに比べると格段に違います。

中には大型の液晶テレビを購入して、さらにこだわりたいと、スピーカーやお部屋のインテリアにもこだわって、と、趣味の1つとして楽しむ方もいるほどです。

価格面でも少し前に比べるとだいぶ抑えられるようになり、今では7万円~10万円前後で購入することができるので、若い一人暮らし世帯でも十分に手にすることができそうです。

どこにこだわるかが購入時の選ぶ基準に

液晶テレビはこのように画面サイズも幅広く、性能、価格帯も製品によってさまざまです。

とにかく大画面で、という方は、性能より大画面にこだわってコストを抑えて、という選び方も1つです。

また大画面で画質、音声面でも満足のいくものを購入したい、という場合は、画面サイズと性能、価格面でバランスのとれた製品を選ぶことになります。

自分がどのポイントにこだわりたいか、基準を明確にすることで購入後の失敗を防ぐことができます。

大画面で安かったので満足、と思っていたら画質が思っていたより良くなかった、ということもあるので、実際に店頭で見て、自分がこだわりたい基準と照らし合わせて選ぶことが大切です。

有機ELテレビとはどう違うのか

家電量販店に行くと、液晶テレビと一緒に「有機ELテレビ」というものが置いてあるのを見たことがある方も多いと思います。

有機ELテレビは液晶テレビと少し性能が異なり、有機ELテレビの方が画質がよりクリアに表現できるところが特徴の1つです。

黒い部分の映像を見ていると、ちょっと白っぽく見える部分ができやすい液晶テレビに比べて、有機ELテレビは自発光で色味を表現するので、液晶テレビに比べて立体感のある映像が楽しめます。

当初はLGという会社から有機ELテレビのシェアが広がりましたが、現在では有機ELテレビの技術を他のメーカーにも広げることで、多くのメーカーから有機ELテレビが展開されるようになりました。

初めはなかなか浸透しなかった有機ELテレビですが、現在では50インチ前後からの大画面のテレビが多く普及するようになり、画質も4Kレベルの画質、寿命やコスト面でもバランスが取れるようになってきたことから、家庭用として楽しむ方が増えてきているようです。

液晶テレビが壊れてしまったときは

液晶テレビの性質上、画面が割れやすく衝撃に弱いという面があります。

なかなか壊れてしまうことはないと思いますが、もし液晶画面が壊れてしまったらどうなるのでしょうか。

液晶テレビの画面のみの修理は、比較的高額になることもあり、大きな画面であるほど修理費がかかる傾向にあります。

修理費は下手をすると新品で購入したときよりも高くなる、なんてこともあり、修理費の例でみてみると7万円前後になることもあります。

子どもが遊んでいるときにおもちゃが画面に当たって壊れてしまう、というケースも多く、子どもが破損してしまったことでやむなく買換えに・・・となってしまう方も多いようです。

子どもが遊んでいるときにぶつかったりおもちゃをぶつけてしまって、ということは珍しくないようですが、これが他のお宅のテレビの場合だと大変です。

液晶テレビは画面が壊れやすく、大画面の液晶テレビであるほど衝撃によってダメージを受けやすく面もあります。

そういったことを含めて、子どもと話をしておくことも予防策の1つになるといえますね。

まとめ

家電量販店で大画面の液晶テレビを見ると思わず足を止めて見てしまうほど、画質の良さ、迫力に魅了されます。

今では性能、価格のバランスが取れてきたことで、一般家庭でも気軽に楽しめるようになりました。

ですが、破損したときは修理費が多くかかってしまう一面もあるので、できるだけ取り扱いに気を付けたいですね。

画面サイズや性能もさまざまな液晶テレビ、お気に入りの製品を見つけて快適なテレビライフを送りたいですね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ