おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

今すぐデジタルの技術が必要!イラスト通信講座で最短でデジタルのスキルを学ぶ方法とは?

   

プライベートでイラストを描く時に、イラストをデータ化できると便利です。

しかし、人によってはアナログでイラストを描くことはできても、デジタルでイラストを描く技術やアナログのイラストをデータ化するスキルを持っていない方もいます。

できるだけ早くイラストをデジタル化するスキルを身につけるには、どうしたら良いのでしょうか。

ここでは、イラスト通信講座で最短でデジタルのスキルを学ぶ方法をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

こんな時にイラストのデジタル化が必要

すでにイラストを描くスキルを持っている方は、趣味でイラストを描くことがあるかもしれません。

また、イラストのスキルを持っていることを周囲の方が知っている場合、突然イラストを描くことを頼まれることがあります。

イラストをデータ化してほしいと頼まれるケースもありますが、どのような場合にイラストのデジタル化が必要なのでしょうか。

急ぎのイラスト原稿をメールに添付する必要がある

アナログのイラスト原稿を相手に送る場合は郵送するしかありません。

イラストの原稿をできるだけ早く送って欲しいと頼まれている場合、郵送では手間と時間がかかってしまうことがあります。

イラストをデータ化してメールに添付すれば、深夜でもすぐに相手に原稿を送ることができるので、急ぎでイラスト原稿が必要な場合にイラストをデジタル化するスキルが必要となります。

イラストをTシャツに大量にプリントする必要がある

会社のイベントの際に社員全員で同じデザインのTシャツを着用することがあります。

イラストが描ける方はTシャツのデザインを頼まれることがありますが、アナログのスキルしかない場合、大量のTシャツに同じイラストを描いていくのは不可能に近いです。

イラストをデータ化するスキルがあれば、オリジナルアイテムの制作を請け負っている業者に注文することでクオリティの高いTシャツを作ることができます。

イベント用のチラシやポスターを作る必要がある

会社でイベントを開催する際にイベント用のチラシやポスターを作る必要があります。

イラストが描ける方は、チラシやポスターに使用するイラストを描くことを頼まれることがありますが、デジタル化したイラストなら印刷の際に線や色などが綺麗に再現されるのでクオリティが高い制作物を作ることができます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストをデジタル化することのメリット

アナログのイラストは世界にひとつだけという大きな魅力がありますが、様々なシーンで原稿を加工する際に使いにくい場合があります。

ここでは、イラストをデジタル化することのメリットを見ていくことにしましょう。

イラストを複製して必要な人に手軽に送ることができる

イラストをデジタル化することで、複製して必要な人にメールを通して手軽に送ることができます。

コピーと違ってデジタル化したイラストなら、どんなに複製しても元の原稿と同じように忠実に複製されるので便利です。

チーム内でひとつのイラストに様々な加工を施す時など、必要なだけ複製できれば作業効率が良いので目的を果たしやすくなります。

イラストを印刷する時に忠実に色を再現できる

イラストをそのまま額に入れて飾っておくケースもありますが、多くの場合、印刷物として使用します。

イラストをデジタル化することで、もとの原稿に忠実に線や色を再現できるので製作者のイメージが多くの方に伝わりやすくなるのでおすすめです。

イラストの色にこだわりがある方であれば、デジタル化したイラストならイメージ通りの印刷物に仕上がるので満足度も高いでしょう。

イラストを何度でも修正できる

イラストを頼まれた場合、依頼主のイメージに合わないものを作ってしまった場合に修正依頼が入ることもあります。

アナログのイラストは修正する際に時間と手間がかかりますが、デジタル化したイラストなら何度でも修正できるので便利です。

修正した跡などもまったく残らないので美しい仕上がりが目指せます。

イラストを加工しやすく作品の幅広い展開が期待できる

イラストをデータ化しておくと、チームでポスターを制作する場合にアレンジしやすいので便利です。

ポスターの中でイラストを入れるスペースが途中で変更された場合でも、デジタル化していれば拡大縮小しても綺麗な画像を維持できるのでクオリティの高い仕上がりとなるでしょう。

また、イラストをいくつも重ねたり色を変えるなど、デザインの一部として使用することもできるので作品の幅広い展開が期待できます。

イラスト通信講座で最短でデジタルのスキルを学ぶ方法

イラスト通信講座は数ヶ月~1年などある程度の学習期間があります。

今すぐイラストをデジタル化する技術が必要な時に、デッサンや線画の学習など遠回りなスキルを身につけている暇はありません。

最短でデジタルのスキルを学ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

講師のアドバイス付きの短期講座で必要なスキルを学ぶ

デジタルのスキルを初めて学ぶ方は、右も左も分からないことが多いので講師のアドバイス付きのイラスト通信講座がおすすめです。

短期講座で集中的に必要なスキルが学べるものであれば、分からない点をメールなどで講師に質問しながら効率良くスキルアップが目指せます。

動画視聴タイプの講座で必要なスキルだけ学ぶ

動画視聴タイプのイラスト通信講座の中には、リーズナブルな月額料で必要な講座だけを手軽に学べるものがあります。

動画を通してソフトの使い方など目で見て学べるので、このスキルを今すぐ使いたいというような時に便利です。

1回の講座が数分で済むものもあるので、繰り返し見て実際に自分で作品作りをしてみることでデジタルのスキルを身につけることができるでしょう。

無料体験版がある講座で必要なスキルだけ学ぶ

デジタルのイラストの描き方が学べるイラスト通信講座の中には、無料体験版を提供しているところがあります。

もともとイラストを描く技術は持っており、あとはデジタルのイラストの描き方さえ分かれば良いという方におすすめです。

必要な講座だけを繰り返し見ることで、手早くデジタル化したイラストを描くことができるでしょう。

無料でデジタルのスキルが学べる講座の注意点

無料体験版を提供しているイラスト通信講座がありますが、一定の条件があるので内容をよく確認せずに利用しないように注意する必要があります。

どのような点に注意しながら講座を利用すれば良いのでしょうか。

無料で学べる期間をよく確認しておく

無料体験版の中には24時間以内だけ無料など利用期間が決まっているものがあります。

中には、無料期間を過ぎたら自動的に受講料が発生するところもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

無料体験版はあくまでもお試し的な内容となっているので、講座内容も併せて確認しておきましょう。

無料で学べる条件を確認しておく

無料体験版を提供しているイラスト通信講座でも、受講を前提としている場合のみ利用できるなど利用条件が決まっていることがあるのでよく確認することが大切です。

必要なスキルをじっくり学びたい場合には、短期集中講座でも良いので正規の受講にしておいたほうが、きめ細やかな内容をもとにデジタルのイラスト制作のコツを掴むことができます。

まとめ

デジタルのイラストを制作する時、独学では何から手をつけて良いのか分からないことがあります。

そんな時、デジタルのスキルが学べるイラスト通信講座を受講すれば、手軽に必要なスキルが身につくのでおすすめです。

イラスト通信講座の中には基礎から応用までしっかり学ぶタイプのものがあるので、ある程度イラストが描ける方であれば、デジタルのスキルをピンポイントで学べる講座を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ