おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

今話題のプログラミングスクール、プログラマー目指して入学!その前にチェックしておきたいこと

   

この先プログラマーの不足が予想されると聞いて、これはチャンスだと思った人も少なくないはずです。

ここで一念発起してプログラミングを学び、その後安定した仕事につけると期待する人も多いですね。

加えてそこそこコンピューターに馴染んでいる人なら、これならイケルと思うのは当然です。

ではプログラミングスクールでしっかりとこれ、勉強したほうが良いと考えるのもこれまた当然ですね。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

プログラミングってそもそも何?

さてプログラマーという言葉はよく聞くようになりましたが、ではそのプログラミングとはそもそも何なのでしょうか。

正直なところ、あまりに当然のように使われ始めている言葉なので、砕けで説明してというのもちょっと恥ずかしい感じになっていますね。

プログラミングというのは要は、コンピューターへの指示を書く、ということです。

そのプログラミングによってコンピューターは動作してくれるわけですから、これがきちんとしていないとどうにもなりません。

自分で考えることのできる人間と、指示が必要な機械との差がここにあります。

まあ人間も近頃、自分で考えるということ、忘れがちなのも事実ですね。

ちょっとついでに反省しておきたいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

近頃本も出てますプログラミング

本屋の店頭に、優しいプログラミングなどというタイトルの本が、結構並ぶようになってきました。

大人用だけでなく子供用も、かなり並んでいます。

実際頭の柔軟性の高い子供のほうが、馴染むのには早いのだそうです。

この書籍を見てみますと、本自体で学ぶのではなく、その本の推薦するソフトをダウンロードした後、その細かい説明を本が補助してくれるものが多いようです。

筆者もちょっと興味があったので、数冊見てみたのですが、砕けた感じの説明なのでこれなら何とかなるかも、と思ったのも事実です。

実際こういった書籍を利用して学ぶのも、それなりに有用ではあります。

しかし遊びでプログラミングをするならともかく、仕事でというのならやはり、もう少ししっかりとした勉強が必要だというのは明らかです。

まあ少数の才能ある人以外は、書籍だけだとさすがに情報不足になりそうですね。

相手が書籍だと、質問も出来ませんので、そういった意味でも不便です。

プログラミングスクールで勉強するメリット

ではここで、しっかりとプログラミングを学ぶために学校に入学、ということの利点を考えてみましょう。

一からの勉強ができる

書籍での勉強の場合、やはりある程度の基礎がすでにわかっているということが前提になります。

大学では文系だったけど、勿論コンピューターは一応扱える、といった程度だと言葉や単語自体でつまずいてしまうかもしれません。

そういった場合、残念ながら書籍だけだと最初の一歩で断念、などということにもなりかねません。

そんな人が一から学べるのが、プログラミングスクールのメリットです。

ここならわからないことは質問ができますし、最初のクラスから始めれば細かい説明もしっかりとしてくれます。

コンピューターの完全な初心者には流石にいささか難しいでしょうが、一応扱える人の場合はスクーンル入学がおすすめです。

集中して勉強ができる

書籍などで勉強する場合のメリットは、仕事をしながらでも学べるということです。

反面、時間がないとか疲れたなどの理由で、挫折することも少なくありません。

しかしスクールに入っての勉強なら、クラスの最中は完全に集中ができますので、勉強もしっかりとはかどります。

器用にいくつものことを同時進行させるのが苦手、という人の場合は集中して学べる場所というのは大事です。

意気込みはあるけどでも中々独学でははかどらない、という人にはプログラミングスクールでの学習がおすすめですね。

プログラミングスクール行く前に

さてプログラミングスクールに入学して勉強を、と思った時にちょっと我が身を振り返ってみませんか。

目標設定はしっかりしていますか

これが結構問題になることです。

目標というのは大きければ大きいほど良いと言われます。

しかし大きいということと、漠然としたというのには大きな違いがあるのです。

何となく、コンピューター業界で仕事するのは格好がいいから、という感じで始めては結果ついていけなくなることが多いのです。

同じ業界でも、Webのサービスを開発したい、などの目的設定がしっかりしていれば、学校で勉強する時の目標が定めやすくなります。

最初に学校に行く前に、その辺りの目標を定めてあるかを確認してください。

もしよくわからなければ、コンサルタントに相談という手もあります。

目標がいい加減では挫折することもありますので、まずは何になりたいのかをしっかりと定めてくださいね。

例を上げますと、WordPressのカスタマイズをしたい場合、それに対応した言語を学ばなくてはなりません。

しかしそれが不透明なまま入学、在学中に目標が出来てみたら、その学校ではそれに対応する言語は扱っていなかった、ということもあります。

入学前に目標は、出来るだけ定めておかないと時間とお金の無駄になってしまいます。

時間とお金の用意は大丈夫ですか

これは何の学校に入るためにも、最も重要になる点です。

子供の学習でのプログラミングスクールなら、放課後の時間を使用しますし、学費は親が出すことになります。

しかし大人の場合、特に転職を考えてのスクール入学の場合、この2点をまず考えていただきたいです。

時間を作るためには、今やっている仕事をやめなくてはいけないかもしれません。

会社側が賛成してくれるもしくは推してくれるならともかく、職種を変える場合には覚悟が必要です。

そして学校に通っている間の費用は、もちろん自分での用意ですから、仕事なしでも充分に学費が出せるかも計算しておいてください。

当たり前のことのようですが、これを疎かにするとそれこそ先々動きが取れなくなりますのでご注意くださいね。

大人が学校で学ぶのは、結構大変なことなのです。

プログラミングスクールで困らないために

さて目標もあるし、学校に入学して勉強だと張り切っても、ちょっとしたことで問題が起きてしまうこともあります。

授業についていけなくなった

これが最も困ることです。

マンツーマンでない限り、クラス集団での授業になります。

その場合、授業内容についていけなくなると正直やる気も失せてしまいます。

入学前に、自分のレベルに合わせた授業内容かどうかを、見極めることが必要です。

まあそれは結構難しい問題なので、場合によっては個人授業も視野に入れてはどうでしょうか。

マンツーマンでの学習の出来るスタイルのプログラミングスクールなら、わからないところもしっかりと質問できますし、他の人に置いていかれるという焦りもありません。

授業料などが高くなるかもしれませんが、あまり自信のない人にはおすすめです。

質問をし辛い雰囲気

クラスで授業を受けている時に、ちょっとしたことで質問をしたくなることもあります。

しかしそれが基礎的な質問だと、ググれば出てきますなどの一言で終わらされてしまうこともあります。

これが重なると、他のクラスメートの目線も気になってきて、わからないことがあっても質問ができなくなってしまうこともあります。

結果、授業についていけなくなることもありますので、これまた注意ですね。

特に人見知りの人の場合、人前で質問すること自体が苦痛、ということもあります。

個人授業もしくは、チャットでの質問受付のある学校なら、この問題も解決します。

その辺りもきっちりと調べておくのが、おすすめです。

まとめ

プログラミングスクールの数も、爆発的に増えてきました。

それだけこの先の、プログラマーの需要が見込まれているということですね。

これを機会に転職、もしくは仕事をゲットと考える人も多いでしょう。

そんな時にプログラミングスクールでの勉強は、後の仕事の糧になってくれます。

そのためにも入学前に、時間をかけて授業内容などもチェックしてください。

また勿論、自分が何のプログラミングをしたいのかも、把握しておいてくださいね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール