おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

何から始めたら良い?デザイン専門学校でデザイナーになるための準備とは?

   

広告などのデザインをするデザイナーを目指している方の中には、どうやってデザイナーになる夢に近づいたら良いか分からない方がいるかもしれません。

プロとして通用するスキルをしっかり身につけておかないと、いざ現場に立った時に仕事をうまくこなすことができなくなってしまいます。

デザイン専門学校ではデザイナーを目指す多くの方が学んでいますが、プロのデザイナーになるためには在学中にどんな準備をしておけば良いのでしょうか。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイナーを目指す方が専門学校を選択する理由

デザインを起こすためには、イメージを形にするために紙にデザインの元となる絵を描く必要があるので、まったく絵が描けないとデザインを完成させることができません。

絵を描くための練習は独学でもできますが、デザイナーに必要なスキルのすべてを身につけるにはプロの講師から指導が受けられる環境で学ぶことが大切です。

デザイナーを目指す方が専門学校を選択する理由について見ていきたいと思います。

デザイナーに必要なすべてのスキルを学べるから

デザイン専門学校ではデザインの基礎や応用に関する知識はもちろんのこと、授業を通してデザイナーに必要な実践的なスキルを身につけていきます。

デザイン会社の現場に通用する即戦力を身につけるためのカリキュラムに沿って学ぶので、就職活動を通して無事に採用された場合には現場に入ってスムーズに仕事をするための対策がとれます。

デザイナーの仕事に必要な機材が揃っているから

大手のデザイン会社をはじめとする多くの現場では最新の機材を使って仕事をすることが多いので、それらの機材の使い方が分からないと、いざ仕事をする時になって困ることがあります。

デザイン専門学校には最新の機材が揃っていて、デザイナーを目指すための環境が整っているので安心してプロのデザイナーを目指すことができます。

良質なデザイン会社の求人が多く集まるから

デザイン専門学校には多くの求人が集まりますが、評判が高いデザイン専門学校ほど良質な求人が多く集まる傾向があります。

デザイン業界とのパイプが太く、デザイン業界の第一線で活躍中の卒業生を多く輩出しているデザイン専門学校ならやりがいを持って仕事に取り組めるデザイン会社への就職を目指すことができるでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校在学中に準備すべきこと

デザイン専門学校に入学して卒業すれば自動的にデザイナーになれるというわけではなく、在学中に必要なスキルを身につけながらデザイナーになるために就職活動に力を入れる必要があります。

本格的に就職活動を始める前に必要な準備を整えておくことが大切ですが、どのような準備をすれば良いのでしょうか。

在学中に取れる資格はできるだけ多く取っておく

デザイン専門学校では、色彩検定などデザインに必要な資格の取得を目指すことができます。

デザイナーは即戦力がすべてなので、高いスキルを持っているかいないかが重視されます。

しかし、面接では履歴書の内容も重視されることから、資格を持っていたほうが有利になる可能性が高いのです。

デザイン専門学校在学中にデザインに役立つ資格を多く取っておけば就職活動の際に役立ちます。

デザイン作品のポートフォリオを作っておく

デザイナーを目指す際に学生の方が自分のスキルのレベルを相手に伝えるには、自分のデザイン作品をファイルしたポートフォリオを制作しておく必要があります。

ポートフォリオの内容が採用を左右する重要なポイントとなるので、在学中に真剣に作品を描き貯めてきちんとまとめておくことをおすすめします。

デザイナーの就職活動を成功させる秘訣とは

デザイナーになるためには、働きたいデザイン会社の求人情報をもとに面接を受けて採用される必要があります。

学校卒業後にいきなりフリーのデザイナーとして安定的に仕事の依頼を受けるのは難しいので、まずはデザイン会社への就職を目指すと良いでしょう。

デザイナーの就職活動を成功させる秘訣について見ていくことにしましょう。

見やすいポートフォリオを用意しておく

デザイナーは一般職に比べて学歴以上に即戦力を重視される職種なので、専門学校在学中に描き貯めたデザインの作品がスキルの高さを相手に伝える手段となります。

たとえ高いスキルを身につけていたとしても手抜きの作品でポートフォリオを制作していたり、見にくいポートフォリオのまま面接に持っていくと採用されない可能性が高くなります。

デザイナーとして採用されるためにも、見やすいポートフォリオを用意しておくことが大切です。

履歴書の記載内容を充実させておく

デザイン会社の面接は、本人が持つデザインのスキルが最も重要視されるものの一般職と同じように履歴書の内容も併せて重視されます。

デザイン専門学校の中には卒業と同時に短大卒業資格がとれるところもあるので、履歴書の内容を充実させることができます。

また、専門学校在学中に資格取得を目指すことも就職活動の際に有利になるでしょう。

本番に近い状態で面接の練習をしておく

面接では履歴書の内容をもとに様々な質問を受けることがありますが、面接に備えて事前に面接の練習をしておくことで本番で緊張せずに済みます。

スーツを着て本番に近い状態で面接の練習を積み重ねておけば、自分らしくリラックスした状態で質問にしっかりと答えることができるでしょう。

デザイナーになるための裏技を教えて

デザイン専門学校でデザイナーに必要なスキルを磨くことは、デザイナーになる夢に近づくための基本となるものです。

必要なスキルを身につけた上で、どのような手段をとることでデザイナーになることができるのでしょうか。

ここでは、デザイナーになるための裏技について見ていきたいと思います。

働きたいデザイン会社の説明会に参加する

大手のデザイン会社で働くことで安定的な給料を得ながら、やりがいを持ってデザイナーとして活動することができます。

大手のデザイン会社は会社説明会を開催することがあるので、会社の特色などを理解して面接時の対策をとるのに最適です。

積極的に説明会に参加して質問などをすることで、準備万端で面接に臨むことができるでしょう。

働きたいデザイン会社でアルバイトをする

働きたいと思うデザイン会社がある場合には、デザイン専門学校在学中にその会社でアルバイトをすると良いでしょう。

学校では知識と技術を学びアルバイト先では社会性や経験を積み重ねることを大切にするなど、二通りのアプローチでデザイナーを目指して就職活動する際に役立ちます。

インターンシップ制度を通してデザイン会社で働く

デザイン専門学校の中には、インターンシップ制度が設けられているところがあります。

デザイン専門学校在学中に教育の一環として実施されるインターンシップ制度は、会社で実際に就業経験を積むことで学校では学べない深いスキルを身につけることができます。

将来働きたいと思っているデザイン会社で就業経験を積んでおけば、社内の方とも繋がりができる上に現場での仕事の流れが理解しやすくなるので就職活動の際に役立ちます。

まとめ

デザイナーを目指すには、デザインのスキルを身につけながらデザイン会社に就職するための準備を整えておくことが大切です。

デザイン会社の面接は、履歴書だけではなくデザイン作品のポートフォリオも必要となるので、専門学校在学中に学んだことを生かしながら自分ならではの作品を制作しておくことをおすすめします。

ゆとりを持って就職活動の準備しておけば、希望するデザイン会社で働くことも夢ではないかもしれません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ