おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

何をどう選べば良いの?自分にとって最適なデザイン専門学校の選び方

   

本格的にクリエイターを目指す方の中には、何を基準に学校を選べば良いのか分からないという方がいます。

クリエイティブな分野に就職する際に重視されるのは即戦力なので、必要なスキルを身につけておくことが大切です。

デザインの専門学校では、デザインの基礎から応用までを学びながら即戦力に繋がるスキルを身につけることができます。

ここでは、自分にとって最適なデザイン専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校にはどんな種類がある?

ファッションデザイン

ファッションデザインの専門学校では、ファッションに関するプロを目指すためのあらゆる知識や技術を学ぶことができます。

ファッションデザインの専門学校で学べるコースには幅広い種類があり、アパレルデザイン・ブライダルファッションデザイン・ファッションスタイリスト・ファッションビジネスなど、複数の中から興味のあるコースを選ぶことができます。

コースによってまったく違うカリキュラムとなっているので、どのような方向性のファッションについて学びたいか決めておくことが大切です。

空間デザイン

空間デザインの専門学校では、幅広い建築物に関するデザインを手掛けるための知識や技術を学ぶことができます。

空間デザインの専門学校で学べるコースには様々な種類があり、プロダクトデザイン・インテリアデザイン・インテリアコーディネーター・建築デザインなど、より詳しく学びたい分野のコースを選ぶことで必要なスキルを身につけることができます。

コースによって学ぶ内容に違いがあるので、将来進みたい方向に役立つスキルが学べるコースを選ぶことが大切です。

アクセサリーデザイン

アクセサリーの専門学校では、アクセサリーのデザインと制作を手掛けるために必要な知識や技術を学ぶことができます。

アクセサリーの専門学校で学べるコースにはいくつかの種類があり、ジュエリーデザイン・ハイジュエリー制作・アートジュエリー制作など、アクセサリーデザインと制作に関するスキルを深く掘り下げて学ぶ内容となっています。

デザイン画の制作から彫金に至るまで、すべてのプロセスを自分で手掛けるための技術が学べる点が大きな魅力です。

グラフィックデザイン

グラフィックデザインの専門学校では、広告やパンフレット制作、WEBデザインを手掛けるために必要な知識や技術を学ぶことができます。

グラフィックデザインの専門学校では、グラフィックデザインに必要なデッサン・図柄や文字の選び方と並べ方・広告制作・パンフレット制作・WEBデザインなどの実技的な授業を通して、即戦力に繋がるスキルを身につけていきます。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

自分に最適なデザイン専門学校の選び方

自分が目指す職業を決めてから学校を選ぶ

幅広い分野のスキルが学べるデザイン専門学校がありますが、その中から自分にとって最適な学校を絞り込むには、自分が将来目指す職業を決めることから始めると良いでしょう。

たとえばファッションに興味がある方ならファッションでもどんな分野により興味があるのかはっきり定まると、将来目指す職業が決まります。

目指す職業さえ決まれば、必要なスキルを学ぶためのデザイン専門学校を選べば良いので選択網がシンプルになり学校選びがスムーズになります。

通学しやすい場所にある学校を選ぶ

デザイン専門学校は時間割りに沿って通学する必要があります。

2年制の専門学校は授業のスケジュールが詰まっていることが多いので、通学しやすい場所にあるデザイン専門学校を選ぶことが大切です。

地元に希望する内容が学べる専門学校がない場合には寮完備の専門学校を選ぶと良いでしょう。

無理のない学費で通える学校を選ぶ

デザイン専門学校に通いたい方の中には、予算内の学費で必要なことを学びたい方がいるかもしれません。

資料請求をすると専門学校の資料が自宅に届くので、詳しいカリキュラム内容や学費についてよく目を通して、無理のない学費で通える専門学校を選ぶことをおすすめします。

必要なスキルが学べる専門学校をいくつか選んで資料請求して、予算を比較することで無理のない学校選びをすることができます。

就職率が高い学校を選ぶ

なりたい職業がはっきりしている場合、デザイン専門学校はプロを目指すために必要な環境が揃っているでおすすめです。

より現実的に夢に近づくためには、数ある専門学校の中でも就職率が高い学校を選ぶと良いでしょう。

専門学校は知識だけを頭に詰め込む授業内容ではなく、知識と共に即戦力に繋がるスキルを実践的な授業内容に沿って身につけていくので専門的な分野において就職率が高い点が魅力です。

デザイン専門学校では何が学べるのか

デッサンなど絵を描く基本を学ぶ

デザイン専門学校のどの分野でも基本となるのが鉛筆を使ったデッサンの技術です。

デッサンというとアートの分野をイメージする方が多いかもしれませんが、何もないところから新しいものを生み出すためには、イメージを形にするためのプロセスとしてデザイン画を描く必要があります。

しかし、絵を描くための基本的なスキルをまったく身につけていない場合、イメージをデザインに起こすことができません。

そのため、幅広い分野の専門学校では、まずはデッサンを学びます。

専門分野ごとのデザインの基本を学ぶ

イメージを形にするためには、土台となるデザインが必要となります。

ファッションとジュエリーのデザイン画を比較すると描き方がまったく異なるので、それぞれの分野に通用するデザイン画の描き方を学ぶ必要があります。

デザイン専門学校では、目指す分野に最適なデザイン画の描き方が学べるのでイメージを形にするための基礎になるスキルを磨くことができます。

デザイン画をもとに作品作りをする

デザイン専門学校ではデザイン画の描き方だけではなく、デザイン画をもとに実際に作品作りをしていきます。

ファッションデザインの専門学校なら、デザイン画をもとにドレスやコスチュームを制作します。

アクセサリーデザインの専門学校なら、デザイン画の描き方と彫金の技術を身につけた上でネックレスや指輪などを本格的に制作します。

即戦力となるスキルをトータルで学んでいくので、クリエイティブな分野の会社に就職した際に仕事に取り組みやすくなります。

就職活動に役立つ自身のポートフォリオ制作

一般的な企業に就職する時と違って、クリエイティブな分野に就職する時には、履歴書だけではなく自分の作品をファイルしたポートフォリオが必要となります。

どのくらいデザインのスキルを持っているのかポートフォリオを見れば一目瞭然なので、希望する会社に就職するためには、いかに丁寧にポートフォリオ制作をしておくかが採用の分かれ道となります。

デザイン専門学校で学ぶことで目指せる職業

デザインとひとことで言っても幅広い分野のデザインがあります。

デザイン専門学校で専門分野について学んでスキルを身につけることで、ファッションデザイナー・空間デザイナー・アクセサリーデザイナー・グラフィックデザイナーなど幅広い職業を目指すことができます。

周囲を見てみるとインテリアや洋服、身につけているアクセサリーなどデザインをもとに作られたものばかりですが、デザインの分野は生活になくてはならない大切な役割を担っているのです。

まとめ

デザイン専門学校はとにかく種類が豊富なので、なんとなく学校選びをするといざ入学してみて自分が求めているスキルとまるで違うスキルを学んでいることに気づく場合があります。

将来就きたい職業を明確にした上で、必要な資料を取り寄せて慎重に学校選びをすることで、自分に最適なデザイン専門学校で学ぶことができるのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ