おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

作りたいものは自分で作る!独学でつまずいたらプログラミングスクールを検討してみよう!

   

世の中には様々なソフトウェアが存在します。

そしてそれらは全て何らかのプログラミング言語によって記述されており、人の手によって作り出されているのです。

ということは自分の手で欲しいソフトウェアや使いたいソフトウェアを作るということは可能であり、決してできないことではありません。

今回はそうした技術を身につけるためにプログラミングスクールがどのように役立つのかについてみていきましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

プログラマーに依頼する場合

私達の身近にあるパソコンやスマートフォンの中には様々なプログラムが存在しています。

呼び方は色々で、ソフトウェアやアプリ、システムにサービスなんて呼ばれることもあるほど多彩です。

いずれにしてもプログラムであることは変わりません。

そしてプログラムには様々なプログラミング言語が存在し、プログラミング言語の文法に沿ってコードを書き、それを機械語に翻訳することで初めてプログラムが実行されるのです。

プログラマーという職業はこの過程の中でプログラミング言語に沿ってコードを書くことを生業としています。

なおプログラマーもエンジニアやコーダーといった名前で呼ばれていたりします。

この界隈は近似した意味の呼称が多く難しく思われるかもしれませんが、シンプルに考えれば簡単です。

ただ単にプログラマーがプログラムを書くというだけの話でしかありません。

もし欲しいプログラムがあるもののどうやって作れば良いのか分からないとき、プログラマーに制作を依頼することになります。

その依頼額はプログラムの規模や難度によって異なりますが、まず数十万円になることは普通でしょう。

少し複雑なものになれば百万円を超えてしまうかもしれません。

そうなると到底個人規模で支払える報酬ではなくなるため頭に描いたプログラムの構想は雲散霧消してしまうものです。

ですが諦めるのはまだ早いかもしれません。

なぜならプログラマーも単なる人であり、プログラムを書く技術は誰でも習得できるからです。

自分でも勉強できるプログラミング

プログラムを書くことをプログラミングといいますが、誰だってプログラミングの勉強をすることはできます。

子どもから老齢の方までプログラミングの世界は門戸を開いているのです。

そのため今からでも勉強は始められます。

またプログラマーの方というのは生まれた瞬間にプログラマーになったわけではありません。

プログラマーも最初は何も知らない状態から勉強を重ねて報酬を貰えるほどに技術を高めることに成功しただけなのです。

つまるところ、勉強をした時点でプログラマーの第一歩は踏み出せたといえるでしょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

独学でプログラミングを始めてみよう

世界には日本語や英語、フランス語にドイツ語といった言語が存在するように、プログラミング言語にも様々な言語があります。

JavaやC、C++にKotlin、JavaScriptにPHPなど挙げればキリがありません。

そしてこれらの言語はそれぞれ異なる文法に従って書かなければならないのです。

といっても共通している部分もあったりするので1つの言語を学べばその知識を生かして新しい言語を習得することが容易になったりします。

またほとんどの言語は無料で利用することができ、それこそ今からでも開発環境を整えることは簡単にできるでしょう。

つまるところ独学をしようと思えば直ぐにでもできるというわけです。

デバイスに適した言語

まずは自分の思い描いているプログラムがどのようなものなのかを明確にするところから始めることをおすすめします。

実はスマートフォンやWEBサイト、パソコン上などの環境にそれぞれ適した言語が存在するのです。

Windows用のソフトウェアとして使いたいものがあるなら、CやC#やC++をおすすめします。

まずグラフィカルなWindows用ソフトウェアをプログラミングするにはWindowsのAPI(Application Programming Interface)というものにアクセスする必要があるのですが、上記の言語はAPIと相性が良いのです。

特にC#は利用頻度も多くなってきたのでC#で作ってみると良いかもしれません。

Androidスマートフォン向けのアプリを作りたいならJavaかKotlinを使いましょう。

なぜならAndroidがサポートしている言語だからです。

なお現在はJavaでほぼ作られている状況ですが将来的にはKotlinとなるはずなので今から作るならKotlinを推奨します。

他にも電子工作ならCやFortran、iPhoneアプリならObjective-CやSwiftなどを学ぶと良いでしょう。

デバイスが決まったら後は習得する言語を定め、それを勉強していけば思い描いているプログラムを開発することができるはずです。

独学でつまずいてしまうポイント

ただ独学の場合、思わぬところで勉強がつまずく恐れがあります。

そしてプログラミングの世界では本当に些細なことで数時間、もしかしたら数日に渡ってつまずく場合も往々にしてあるのです。

もしそんなときにプログラミングの経験者が居たなら即座にその些細な問題を解決してくれるかもしれません。

また勉強している箇所がどのように活用されるのかが今一分からないという事態に直面することもあるでしょう。

何に使うのか分からないことをそのまま勉強していると頭に入り辛くその機能を活用することが難しくなってしまいます。

こんなときにも経験者がアドバイスをしてくれればその機能の用途が明確になり勉強はより捗るようになるはずです。

プログラミングスクールでは担当の方がついてくれる

独学でプログラミングを学ぶ場合の問題の多くは経験者が側についてくれることで解決することができます。

そしてプログラミングスクールでは担当の講師の方をつけてくれるのです。

もし自分に合った講師と出会うことができれば些細な問題は即座に解決し、学んでいる部分の意味も解説してくれるでしょう。

また独学特有の孤独感も解消することができるため安定した気持ちで勉強を進めていくことができます。

独学だと一人だけで勉強することになるため技術に対しての自信がつきにくいのですが、講師の方がいるおかげで確信をもって学んでいけるはずです。

費用と時間をよく考えよう

ただプログラミングスクールも1つの商売であり、講師の人たちも仕事として働いているわけです。

働いている人には当然賃金が支払われるわけで、その賃金は生徒やスクールに通う生徒の就業斡旋によるバックマージンで賄われています。

ということでプログラミングスクールに通うにはそれなりのお金を出さなければなりません。

スクールによっては数十万円という少なくない金額を支払うことになるため気をつけておきましょう。

中には少額の月額制のところなども存在するのでコスト面からも検討してみると良いかもしれません。

技術向上に有用

プログラミングスクールで学ぶことは確実に自分の技術力の底上げに繋がるはずです。

そのため独学よりも早いペースで思い描いているプログラムを作れるようになるでしょう。

この点と支払う金額を天秤に乗せ、スクールに通うことに価値があると判断できれば通うことをおすすめします。

まとめ

自分で欲しいものを作るという観点からプログラミングスクールについてみてきました。

独学でも勉強を進めることは可能ですが、プログラミングスクールに通えばもっと早いペースでプログラムを作成することができるようになるはずです。

支払う金額はスクールによって様々ですが、見合う価値があると思われるなら通ってみると良いでしょう。

自分でプログラミングができるようになれば様々なものが作れるようになります。

まずは独学をしてみて、不便だと感じるならスクールに通うことを検討してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール