おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

使用しなくなった液晶テレビを処分するには?お得に処分できる方法もご紹介!

   

家族だんらんに活躍する液晶テレビは機能も進化し今や、多くのご家庭で利用されている大型家電の一つです。

そんな液晶テレビですが、長く使っていると買い替えを検討したり、故障して捨てたいと思ったりすることがありますよね。

しかし、液晶テレビは普通のゴミとして回収してもらえるわけではありません。

今回は、液晶テレビの処分方法とそれに関わる「家電リサイクル法」について、そしてお得に処分する方法についてまとめてみました。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビに関係する家電リサイクル法とは

液晶テレビを捨てようと思った時、調べると関連して出てくる「家電リサイクル法」という法律。

何となく耳にしているけれど、実際にどんな法律なのかよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

この法律は、日本の資源を大切にするために生み出された法律なのです。

家電リサイクル法とは資源を大事にする法律

家電リサイクル法とは、指定された家電製品を処分する際にリサイクル回収し、その家電製品からまだ使える部材を取りだし資源の有効活用をするとともに、廃棄物の減少を促進する法律です。

この法律は一般家庭にも会社にも義務付けられており、液晶テレビを始めとした特定の家電製品を処分する際には必ず守らなければなりません。

メーカー・販売者の義務と消費者の義務

さて、それではこの家電リサイクル法は、私たちにどのような決まりを義務付けているのでしょうか。

まず、液晶テレビを開発・生産しているメーカーや販売している小売店は、処分される液晶テレビを引き取って回収し、リサイクルに回す義務があります。

一方で、液晶テレビを購入し使用していた消費者は、リサイクルしやすい状態にしたテレビを引き渡し、その収集や運搬料金を支払うという義務があります。

それでは、次から液晶テレビの基本的な処分方法や、なるべくお得に済ませる方法を見ていきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

リサイクル料金を支払って回収してもらう方法

まず、一番基本的な液晶テレビの処分方法は、リサイクル料金や運搬料金を支払って回収してもらう方法です。

そのやり方にもいくつかあるので、自分に適したものを選択しましょう。

液晶テレビを購入した小売店で引き取ってもらう

液晶テレビを処分したい時には、まずその液晶テレビを購入した小売店・販売店で回収を行っているか確認しましょう。

購入時と違う町に住んでいると言った場合は物理的に回収依頼ができないかもしれませんが、ほとんどの小売店は家電リサイクル法に基づいた回収サービスを行っています。

この場合には、所定のリサイクル料金と運搬料金を支払う必要があるので、あらかじめ販売店にいくらかかるのか確認しておきましょう。

買い替えのタイミングで回収してもらう

液晶テレビを廃棄する場合、新しいものの購入を検討する方も多いでしょう。

そういった場合は、販売店で購入するタイミングで不要な液晶テレビを引き取ってもらうよう依頼すれば、効率的に液晶テレビが処分できます。

新しい液晶テレビを購入する場合でも、リサイクル料金と運搬料金はかかるので予算をチェックして購入価格や支払価格を調節しましょう。

各自治体の回収サービスを利用する

購入店が身近に無く、処分のみをしたいという場合には自治体が行っている「家電リサイクル受付センター」などを利用しましょう。

例えば東京の都の場合は、リサイクル料金と運搬料金を支払えば、回収指定日当日に家の玄関先にテレビを置いておくだけで引き取り回収を行ってくれます。

処分方法は自治体によってサービスを提供している場合やしていない場合、処分方法が異なる場合があるので自分の暮らす地域の自治体に問い合わせておくことをおすすめします。

自分で引き取り場所に運び込む

自家用車がある時には、郵便局でリサイクル券を購入し指定の引き取り場所に持ち込むことで運搬料金を節約することができます。

指定引き取り場所は住んでいる場所によって異なるので、以下のサイトを参考にしてください。

http://www.e-map.ne.jp/p/rkcsymap/

液晶テレビをお得に処分する3つの方法

続いて、リサイクル料金・運搬料金を支払うよりもお得に処分できる可能性がある方法を3つご紹介します。

特に、買って5年以内の比較的新しい液晶テレビはこれらの方法をしようすれば、かなりお得に処分できるのでぜひチャレンジしてみてください。

リサイクルショップに売る

比較的きれいで状態が良い液晶テレビは、リサイクルショップに売ることで、処分費用を支払うどころかお金をもらえるかもしれません。

リサイクルショップでは、破損や故障が無く通常通り使用でき、傷などが目立たず、付属品がそろっているテレビなら9割0円以上の価値がつきます。

処分費用がかからなければいいや、という心づもりで売りに行けば思わぬ臨時収入を得られるかもしれません。

街にあるリサイクルショップで液晶テレビを売るポイントは、事前にそのお店を見て、テレビの扱いが多いか少ないかをチェックしておく点です。

テレビの扱いが多いリサイクルショップは、テレビ販売・買い取りの需要が高いということ。

また、査定にも慣れているので適切な料金で買い取ってもらえる確率が高くなります。

フリマアプリやオークションサイトを利用する

今は、個人でもインターネットやスマートフォンを利用して不用品を販売できるサービスが豊富に展開されています。

もし、自分が使っている液晶テレビがそういったサービスでやりとりされていたら、自分でも出品して見てはいかがでしょうか。

特にフリマアプリは出品・配送システムも分かりやすく、気軽に商品を売買できるようになっています。

ただし、故障を隠したり、汚れているのにほぼ新品です等と言ったりした説明で液晶テレビを売るとトラブルに発展する場合もあるので、相手の事を考えた詳しい説明と分かりやすい写真を添付するようにしましょう。

大型家電の場合、配送料が割高になるので損しない価格設定を意識することも大切です。

回収業者に依頼する

不用品や大型家電の回収を行っている業者に回収を依頼するのも、液晶テレビをお得に処分する方法の一つです。

料金を安く設定している業者が多いので、リサイクル料金を支払うよりも割安で液晶テレビを回収してもらえるでしょう。

また、これらの業者は依頼すれば家の前までトラックで来てくれ、運び込みまでしてくれるので力の弱い女性などでも簡単に液晶テレビの処分を行うことができます。

液晶テレビを処分する際の注意点

それでは最後に、液晶テレビを処分する際に覚えておきたい注意点について説明します。

長い間お世話になった液晶テレビを気持ちよく送り出すためにも、以下のポイントは良く覚えておいてください。

粗大ごみとして捨ててはいけない

先述した通り、液晶テレビなどの特定大型家電はリサイクルで資源を活用する義務があります。

そのため、粗大ごみとしてごみ置き場に投棄してしまうと回収されないどころか、不法投棄として罰則を下される場合もあります。

液晶テレビはゴミとして捨てられない、ということをよく覚えておいて、引っ越しや処分の際にうっかり粗大ゴミに出してしまわないように注意しましょう。

無料の回収業者には注意しよう

液晶テレビの回収業者の中には、無料で回収します!

と謳っている業者も存在します。

しかし、こういった無料回収業者を利用する思わぬトラブルに巻き込まれて、リサイクル料金を支払って処分するより費用がかかってしまう場合があるのです。

本来、一般家庭の家電を引き取る業者は「一般廃棄物処理業の許可」を持っていなければなりません。

しかし、無料回収業者はこの許可を持たずに回収業務を行っていることが多く、回収された家電を不法投棄するといった問題が多発しています。

また、無料と謳って人を集めておきながら、実際は手数料や処理料金などといって高額な費用を請求するケースも後を絶ちません。

街中で「無料回収いたします」といった放送を流しながら走っているトラックには、液晶テレビの回収を依頼せず、正しい許可を持って回収を行っている業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

液晶テレビを捨てる時にお金がかかると聞くと、損した気分になる人もいるでしょう。

しかし一人ひとりがゴミを捨てる際のリサイクル意識を高めていくことで、資源の無駄が無くなり日本の廃棄物環境が良くなるのです。

今回紹介した処分方法を参考にして、地球にやさしく自分のお財布にも優しい一番適した液晶テレビの処分方法を選べるようにしておきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ