おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

個性だけで勝負したい!自分の個性を伸ばすためのイラスト通信講座の選び方

   

プロのイラストレーターとして仕事の依頼を受ける時、クライアントの希望に沿ったイラストを描くために幅広いイラストの描き方をマスターしておく必要があります。

しかし、プロを目指す方の中には、イラストレーターとして個性だけで勝負したいという方がいます。

ここでは、個性を伸ばすためのイラスト通信講座の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

個性を伸ばすためのイラスト通信講座の選び方

基礎から応用を丁寧に学べる講座を選ぶ

個性を伸ばすために自分が好きなイラストだけを描いていたいという方がいるかもしれません。

しかし、ユニークで個性的なイラストを描くプロの方は、デッサンなどの基礎をしっかり学んでいるので、いざ写実的な絵を描こうとした時にきちんと描ける方が多いのです。

基礎を身につける方法は人によっては美術学校に通うことであったり、独学で学ぶこともありますが。

イラストの土台となる基礎的な技術が身についていないと、イメージを自由自在に形にできないので、基礎から応用を丁寧に学べるイラスト通信講座を選ぶことが大切です。

科目ごとに課題提出がある講座を選ぶ

イラスト通信講座はテキストに沿って自宅でマイペースに学べるところが大きな魅力ですが、レッスンを積み重ねていく中で自分一人の判断では、どのくらいイラストのスキルが身についたのか分からない場合があります。

しかし、科目ごとに課題提出があるイラスト通信講座なら、身につけたスキルで実際に作品を描いて提出するので、実践をもとに現在の実力がどの程度が判断しやすくなります。

また、何が得意な分野で何が苦手な分野か理解できるようになるのでレッスンに力が入ります。

発想力を鍛える科目が含まれている講座を選ぶ

人の心を掴むイラストを描くためには、イラストを描くための技術を身につけることが大切ですが、発想力を鍛えることも大切です。

ユニークなイラストや人目を引くダイナミックなイラストなど、もともとの発想がなければイラストそのものを描くことができません。

発想力を磨く科目が含まれているイラスト通信講座なら、楽しみながらレッスンすることで誰にも真似できない豊かな発想が生まれやすくなります。

プロの講師からアドバイスが貰える講座を選ぶ

イラストを描く時、技術と発想の両方の力を培うことが大切ですが、プロの視点からアドバイスが貰えるとより個性を伸ばしやすくなります。

イラスト通信講座の中にはプロの講師による添削指導がついた講座や、自由参加のスクーリングを通して直接プロの講師からアドバイスを貰える機会が得られる講座もあるので、個性的なイラストを描くイラストレーターを目指す方におすすめです。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

個性を伸ばすための内面を磨く方法について

美術展で多くの作品を見て感動する

美術館やギャラリーでは、幅広い分野の作品を取り扱う展覧会が定期的に開催されています。

ジャンルを問わず様々な作品を見ることで大きな感動に包まれることもあるでしょう。

多彩な作品を見る中で、自分のイラストの作風のヒントになる作品と出会うこともあるので、良い作品を積極的に見るように心がけましょう。

本屋で惹かれる写真集を眺める

写真の世界からイラストのヒントとなるものを得ることができる場合があります。

写真展が開かれていなくても、大手の書店に行けば世界中の写真家の写真集を眺めることができます。

独自の世界観を持つ作品に触れることでイマジネーションが豊かになります。

憧れのイラストレーターの方のイベントに参加する

憧れのイラストレーターの方がいる場合には、その方が開催するイベントに参加すると良いでしょう。

ライブペイントだったり展覧会など、憧れのイラストレーターの方のエネルギーを作品を通して感じることは個性を磨く上で役立つでしょう。

また、展覧会はイラストレーター本人が会場内にいることもあるので、コミュニケーションをとる良いきっかけとなります。

気になる映画をたくさん鑑賞する

映画を見ることで美しい映像と共にストーリーを楽しむことができます。

気になる映画作品を数多く見る中で、ドラマを感じさせるイラストが描けるようになる可能性があります。

DVDなどを手軽にレンタルできるので、幅広い作品に触れてみると良いでしょう。

イラスト通信講座が内面を磨くのに役立つ理由

個性的なイラストを描くには、技術と感性の両方が揃っていることが大切です。

イラストの学校に通うことでも必要な事柄を学ぶことができますが、近くに学校がない場合には授業を受けるために時間をかけて通学するなど余計な時間がかかることもあります。

その点、イラスト通信講座は、自分の都合でスケジュールを組み立ててレッスンを進めることができるので時間のゆとりがあります。

また、どうしても行きたいイラストのイベントがある時に、学校の授業がある場合には思うようにイベントに参加できないこともあります。

しかし、イラスト通信講座なら個性的なイラストを描くための技術と感性を磨きながら、必要な時には感性を磨くための行動を優先することができるので、充実した気持ちでイラストを学ぶことができます。

個性だけで勝負したイラストで食べていく方法

プロの発掘を目的としたコンテストに作品を応募する

個性だけで勝負したイラストで生計を立てるには、時代の波と自分のイラストが噛み合う必要があります。

また、どこかで見たことがあるようなイラストだったり、現在人気の作品と似たようなスタイルのイラストを描いても、流行はすぐに過ぎ去ってしまうので大きく注目されることがない場合があります。

イラストは流行にマッチしているかどうかがすべてではありませんが、時代にマッチした作品で一躍有名になれば仕事の依頼も増えるので、幅広い分野で面白い仕事をする機会を得ることができます。

そのためには、プロの発掘を目的としたコンテストに応募して大きく注目されることが大切です。

イラストコンテストは、ネットで調べたりコンテストの情報雑誌などに目を通すことで見つけることができます。

自分の作品を積極的に人に見せるようにする

自分の作品を積極的に人に見せるようにすると、自分の作風を気に入った方から仕事の依頼が舞い込む可能性があります。

一般の方から依頼されるイラストのお仕事は、始めは小さな仕事かもしれませんが、作品を目にした方から声がかかるなど、少しずつ活動の場が広がることがあります。

出版社やデザイン会社に売り込みをする

出版社やデザイン会社の中には、本の挿絵が描けるイラストレーターや広告に起用するためのイラストが描けるイラストレーターを探していることがあります。

その時期に必要とされる作風と自分の作風がマッチすれば、大きなイラストの仕事が舞い込む可能性があります。

どこにチャンスが転がっているか分からないので、積極的に作品を持ち込むと良いでしょう。

手掛けた仕事で大きな反響があれば別の仕事の依頼を受けることもあるので、本格的にプロとして活躍していくことも可能です。

まとめ

個性だけで勝負するイラストレーターになりたい方は、基本となるイラストを描くための技術をしっかり身につけることが大切です。

せっかくユニークなアイディアが浮かんだとしても、技術が身についていなければ形にすることができません。

イラスト通信講座は時間を上手に使いながらイラストのスキルが学べるので、感性を磨くための行動を大切にしながらプロのイラストレーターを目指すことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ