おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

兵庫の漫画関連の専門学校 ベスト4選!デジタルのスキルを学べる?

   

兵庫県に住んでいて、漫画家を目指している場合には「東京へ上京しなくては漫画家へなれないのだろうか」と悩んでいるかもしれません。

実際に、兵庫県よりも東京都のほうが、漫画関連の専門学校が多いのは事実です。

しかし、兵庫県にもデジタルのスキルを学ぶ事ができる専門学校はいくつかあります。

デジタルのスキルを学べたら、効率よく漫画を制作する事もできるので、おすすめの専門学校を4つまで紹介しましょう。



スポンサーリンク

総合学園 ヒューマンアカデミー

『総合学園 ヒューマンアカデミー』は、様々なスキルを習得する事ができる上に、学生から社会人まで学びやすい専門学校です。

そのため、経済的にゆとりがなくて、働くべきか悩んでいる方でも学びやすくなっているので、本校について詳しく解説しましょう。

学校の魅力

本校(神戸校)は、夜間・週末(短期)講座を用意していて、社会人やアルバイトをしている学生でも学ぶ事が可能になっています。

授業時間は短くなっていますが、漫画家だけではなくイラストレーター・キャラクターデザイナー・アニメーターなども目指す事ができるので、漫画家としてプロデビューできなかった場合でも、絵に関連する職業先の幅を広げる事が可能です。

授業は『少人数制クラス』を徹底しているので、義務教育のように大人数の生徒たちで授業を受ける必要がありません。

少人数制クラスになっている事から、講師は生徒一人ひとりに丁寧に指導していく事ができるので、短期間でスキルアップする事は十分に可能です。

そして『マンガ合宿』も行なっていて、プロの編集者から様々なアドバイスを貰う事もできるので、他の専門学校では学べない事でも、体験できます。

学科で学べる内容

本校には、夜間・週末(短期)講座の他にも、漫画に関連するものが2つあって、それが『マンガ専攻』や『comicoマスター連載コース』などです。

マンガ専攻では、漫画家や漫画家のアシスタント・原作者・編集者なども目指す事ができる上に、漫画広告デザイナーの職業に就く事も可能です。

comicoマスター連載コースでは、comicoを通して、読者の反応を参考にしながら作品を制作する事もできます。



スポンサーリンク

専門学校 アートカレッジ神戸

『専門学校 アートカレッジ神戸』は、漫画の専門学校というよりは、デザイン関連のスキルを習得できる所ですが、漫画を制作する上で重要な情報を知る事ができます。

そのため、デジタルのスキルで漫画を制作したい方には、興味深い所だと思うので詳しく紹介しましょう。

学校の魅力

デジタルのスキルを学べる専門学校は多くありますが、就職率が低い所もあるので、選ぶ際には注意しなければいけません。

ところが、本校は就職率が高い専門学校になっていて、何と97.1%もの就職率を誇っています。

その内訳は、グラフィックデザイナー25.2%・WEBデザイナー20.3%・アシスタントデザイナー18.8%・DTPオペレーター15.3%・インハウス6.4%・フリーランス4.5%・エンジニア2.5%・アプリデザイナー2.5%・教員0.5%になっています(2012~2017年の情報)。

漫画とは関係のない職業が多くなっていますが、この内訳を見れば分かるかと思いますが、デザイン関連のスキルを習得する事がよく理解できるでしょう。

デザイン関連のスキルを学べたら、アナログでは描く事が難しい作品でも、短時間で完成させる事が可能です。

学科で学べる内容

本校の『グローバルデザインコース』では、分析力・リサーチ力・発想力が身に付くように指導しているので、漫画を制作する際には役立ちます。

実際に、漫画作品を制作するためには、発想力が必要になるので、グローバルデザインコースで学ぶ価値があります。

カリキュラムでは、アナログからデジタルまで、イラストを制作できるように指導もしているので、デジタルの漫画作品を制作する上で貴重な経験を積む事が可能です。

ICT専門学校

『ICT専門学校』では、デジタルのスキルだけではなく『WEB』関連のスキルも習得する事ができます。

実は、WEBを制作できるようになれば、出版社で掲載して貰わなくても、稼ぐ事が十分に可能なので、本校の魅力や稼ぎ方などを紹介しましょう。

学校の魅力

本校では、WEBサイトを制作できるように指導が行われているので、WEBサイトに漫画を掲載する事が可能になります。

実際に、現在の漫画家たちの中には、出版社で作品を載せてもらってデビューする方だけではなく、WEBサイトに漫画を掲載してデビューをする方もいるのです。

『Googleアドセンス』という広告を掲載したら、WEBサイトのアクセスを増やすだけで、報酬も増やす事ができるので、漫画作品を掲載してアクセスを増やして稼ぐ事が可能です。

ただし、Googleアドセンスで稼ぐ際には、WEBサイトのアクセスが1PVにつき約0.2円になります(WEBサイトの種類によって違いがあるので注意)。

WEBサイトの収入だけで20万円を稼ぐためには、100万PVは必要になるので注意して下さい(1PVはWEBサイトが1回アクセスされた事を意味します)。

学科で学べる内容

本校の『WEB開発実践科』では、専用ソフト『Photoshop』や『Illustrator』などの操作法を学べます。

Photoshopは、デジタルで漫画作品を制作する事ができますし、多くのブラシを活用する事もできるのです。

さらに『デッサン』や『デザイン実習』なども学べるので、短期間のうちに画力を高める事もできます。

『HTML&CSS基礎/応用』も指導しているので、デザイン制の高いWEBサイトを作る事ができるので、アクセスの高いWEBサイトを制作する事も可能です。

神戸電子専門学校

『神戸電子専門学校』は、漫画のスキルを学べる上に、様々な力も身に付くように指導を行なっています。

そのため、アイデアが浮かびづらい方でも、漫画作品を制作しやすくなる専門学校なので、詳しく紹介しましょう。

学校の魅力

漫画作品を制作する際には、画力が高いだけでは数多くの作品を完成させる事は難しいです。

ところが、本校では、創造力・技術力・実務力などが身に付くように指導を行なっているのです。

3つの力が身に付いたら、アイデアを生み出せるようになって、そのアイデアを形にする事も容易になります。

多くの事を学べる専門学校なので、就職率は『99.5%』も誇っています(2018年3月時点の情報)。

本校は『業界連携セミナー』も行っていて、体験入学と同時にセミナーを受ける事も可能です。

そのため、入学するべきか悩んでいる場合には、体験入学を受けてみる事をおすすめします。

学科で学べる内容

本校の『デジタルアニメ学科』では、デジタルソフトの操作だけではなく、デッサンを学ぶ事もできるのです。

デジタルのスキルを学ぶ際には、専用ソフトの操作法を重視している所があるので、あまり画力を高められない場合もあります。

しかし、本校では原画技術も習得する事ができる事から、画力を高められます。

そして、漫画というよりはアニメのスキルを習得する事ができるので、漫画家を目指せるだけではなく、アニメーションを制作している企業で就職する事も可能です。

まとめ

兵庫県の専門学校では、漫画のスキルだけではなく、WEBサイトを制作する方法まで指導している所があります。

実際に、WEBサイトに漫画作品を掲載できたら、出版社に認めてもらわなくても稼ぐ事が十分に可能です。

ただし、WEBサイトのアクセスが多くなければ、収入を増やす事は難しいのです。

アクセスを増やすためには、WEBサイトのデザインだけではなく、SEOやカテゴリーなど様々なものを学ぶ必要があるので注意して下さい。

参考URL・参考文献・根拠など

https://ha.athuman.com/lp/manga04/?…
http://art-kobe.ac.jp/
https://liginc.co.jp/web/tool/other…
https://ict.ac.jp/
https://www.kobedenshi.ac.jp/missio…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校