おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

冬に液晶テレビを劣化させるものは? 寒い時期に注意したい4つのポイント

   

液晶テレビは、季節に関係なく、多くの人が日常的に使用する電気製品のひとつです。

しかし、冬に液晶テレビを使う場合は、他の季節とは異なるデメリットがあります。

それを放っておくと、劣化を早めてしまうこともあるので、なんとか対策をしなければなりません。

ここでは、冬に液晶テレビを使うときの注意点について、詳しく説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

結露

結露は、窓やその周辺にできるものであり、冬は特に多く発生します。

というのも、結露は温度差によって発生するものだからです。

冬になると、外の気温は低下しますが、室内は暖房で暖めているため、どうしても温度差が大きくなります。

そして、外と室内の境界にあたる窓とその周辺は、結露で水がたまりやすくなってしまうのです。

したがって、窓の近くに液晶テレビを設置していた場合は、注意しなければなりません。

冬のように温度差が激しい時期だと、液晶テレビにも結露が発生してしまいます。

液晶テレビは湿気に弱いので、濡れてしまうような環境で使うのは避けるべきです。

湿気によるダメージを防ぐためには、結露の発生を抑える工夫をしていきましょう。

窓から離す

液晶テレビの設置場所は、使う環境などでそれぞれ異なるものですが、結露の発生を避けるのであれば、窓の近くには置かないようにしましょう。

温度差の激しい場所から離しておけば、結露で濡れてしまうことはありません。

また、窓の近くだと、逆光になって画面が見づらくなることも多いので、液晶テレビを快適に使うためにも、できるだけ離して設置することをおすすめします。

換気する

結露を防ぐには、部屋の換気を行うようにしましょう。

室内が暖かくなりすぎると、外との温度差がより激しくなるため、結露が発生しやすくなってしまいます。

そのため、外の空気を入れ、少しでも温度差を小さくすることが、有効な対策になるのです。

また、水蒸気を外に逃がすためにも、換気が重要になります。

外の気温が低いと、部屋の中に洗濯ものを干すことも多くなりますが、部屋に濡れたものがあると水蒸気が出てしまうため、やはり結露が発生してしまうのです。

しかし、窓を開けて換気をすれば、部屋の中の水蒸気を減らし、結露を防ぐことができます。

洗濯もの以外では、石油ファンヒーターなどの暖房器具も水蒸気の原因になるので、部屋を暖めるときは注意してください。

エアコンや床暖房などを使えば、水蒸気は出ないので、結露の発生を抑えることができます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

静電気

冬に多くの人が悩むものといえば、静電気があります。

空気が乾燥する冬は、いろいろな場所で静電気が発生してしまいますが、液晶テレビも例外ではありません。

そして、液晶テレビを長持ちさせるためには、その静電気を防ぐことが重要になります。

静電気は、埃を引き寄せてしまうので、放っておくと、液晶テレビが埃まみれになってしまうのです。

そうなれば、液晶テレビの通気口を塞いでしまったり、内部に埃が入り込んだりするので、故障してしまいます。

長持ちさせるためには、冬でも静電気をためないように、しっかり対策をしていきましょう。

静電気で対策を

液晶テレビの静電気を防ぐためには、手入れをするときに、静電気を発生させるアイテムを使いましょう。

静電気を出すモップやブラシで埃を払うようにすると、液晶テレビの静電気を除去しながら、汚れを取り除くことができるのです。

適当なもので掃除をしても、液晶テレビが静電気を帯びたままだと、払ったそばから埃が付着してしまうこが多いので、確実に汚れをとるなら、ぜひ試してみてください。

また、モップやブラシが静電気を出していれば、そこに埃を集めることができるため、普通に払ったり拭いたりするより、効率のよい掃除をすることができます。

ティッシュなどで拭くと、払ったときに埃が散ってしまいますが、モップやブラシに静電気があることで、より多くの埃をまとめて処理できるのです。

静電気を防ぎつつ、埃もしっかり除去して、常によい環境で使っていれば、液晶テレビの寿命を縮めることはありません。

柔軟剤で拭く

洗濯に使う柔軟剤には、衣類に静電気がたまるのを防ぐ効果があります。

そのため、液晶テレビの静電気対策でも、高い効果を発揮してくれるのです。

バケツや洗面器に水を汲み、そこに5~6滴の柔軟剤を入れたら、布巾などを浸してください。

それを固く絞って液晶テレビを拭けば、静電気の発生を防ぐことができます。

また、液晶テレビだけでなく、その周りのテレビ台なども拭いておけば、よりベストです。

それなら、周辺の静電気も除去できるため、常に埃が少ない環境をつくることができます。

加湿器の蒸気

冬は乾燥するので、加湿器を使うことはよくあります。

部屋の湿度が低すぎると、喉を痛めてしまうことも多いので、冬の加湿は大切です。

また、部屋の湿度を上げておけば、静電気の発生を抑えることにもなるので、液晶テレビの負担を減らすためにも、普段から注意しておきましょう。

ただし、加湿器を使うときは、必ず守らなければならないポイントがあります。

それは、加湿器から出る蒸気が、液晶テレビにかからないようにすることです。

加湿器を使うとき、液晶テレビがすぐ近くにあったりすると、蒸気による湿気で、余計なダメージを与えてしまうことがあります。

それでは、液晶テレビを長持ちさせるどころか、劣化を早めることになってしまうので、加湿器を使うときは、必ず位置をチェックしてください。

加湿器と液晶テレビを出来るだけ離して設置しておけば、故障するリスクは回避できます。

他の加湿方法にも注目

部屋の加湿をするのであれば、必ずしも加湿器を使う必要はありません。

例えば、濡れたタオルをかけたり、浴室のドアを少し開けたりする方法でも、加湿することができるのです。

加湿器の蒸気が気になるようなときは、そうした方法も検討してみてください。

ただし、部屋に洗濯ものなどをかけた場合は、先述したように水蒸気が発生することもあるので、換気を忘れずに行いましょう。

鍋料理の湿気

寒い冬に温まるためには、鍋料理が最適です。

しかし、多くの人が楽しんでいる鍋料理も、液晶テレビには、悪い影響を与えてしまうことがあります。

ここで問題になるのは、液晶テレビの前で調理をすることです。

その場合、調理の際に出る蒸気が、液晶テレビにかかってしまいます。

普通の料理なら、ほとんどキッチンで作ることになるため、液晶テレビをキッチンに近づけたりしない限り、蒸気による影響はありません。

しかし、鍋料理の場合、こたつにカセットコンロを置き、そこで調理を始めることも多くなります。

そして、コタツがある場所には、大抵テレビがあるものです。

すると、近い距離で多くの蒸気に晒されることになり、液晶テレビを劣化させてしまう可能性が高くなります。

といっても、こたつで鍋を囲むのは、冬の楽しみのひとつなので、液晶テレビのために我慢するわけにもいきません。

そんなときは、できるだけ液晶テレビから距離をとりましょう。

あまり近くで調理すれば、どうしても湿気の影響が大きくなってしまうので、なるべく離れて、少しでもテレビにかかる負担を少なくしてください。

まとめ

液晶テレビを長く使っていくためには、なるべく無駄な負担をかけないように、いつも注意しておかなければなりませんが、冬になったら、冬ならではの注意点が出てくるものです。

ここで紹介した注意点は、いずれも冬にありがちなことなので、普段から気をつけておきましょう。

大切に使っていれば、液晶テレビを長持ちさせることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ