おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

出来るだけ費用をかけずに現在の通信状況にタブレット端末を導入するにはどうすれば?体験談

   

携帯用端末の買い替えに悩む人は少なくないと思われます。

最新機種が出たら即買い替え、と言う方は別でしょうがそれ以外だとさてこのままの契約にしておこうか、それともと悩むわけです。

と書いています当人、筆者もただいまこの買い替えに悩む一人でもあります。

特に今回、タブレット端末の導入を考慮していますので、悩むことおびただしい状態です。

同じような悩みを持っている方もいると思われますので、筆者の状況をご参考までに述べていきましょう。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

筆者の現況はこんなところ

まず現在の通信端末は、普通の携帯ガラケーですね。

緊急連絡用のメールと音声通話、主に着信に使用しています。

ネットは家でのパソコンだけですので、外出時にはネット環境は無しと言う事です。

この携帯の契約の2年縛りが、近々更新月を迎えることと携帯本体の使用年数がかなり長くなってきたことが、今回の悩みの種になっています。

携帯のバッテリーの寿命も心配ですし、故障なども心配になる年数使用してきましたので、壊れる前に丁度更新だから何かと考えたわけです。

加えて、そろそろ外出先でもフリーメールチェック位のネット環境が欲しくなったこともあります。

普通なら同じキャリアでスマホに変更、と言うのが面倒の無いやり方でしょうが、いささかひねくれた感覚を持っている筆者なので、タブレット端末と言う選択肢も入れたわけです。

このおかげで、現状かなり悩むことになっているのは事実です。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

何故スマホよりタブレット?

まずは画面のサイズです。

スマホの画面が大きくなってきたのはありがたいのですが、それでもタブレットに比べると見づらいのもまた事実です。

どうせネットに接続するなら、見やすい画面で見たいと思うわけですね。

加えて処理能力でもやはり、タブレット端末に軍配が上がりました。

メール処理でもある程度の打ち込みや、場合によってはメモ帳程度もしくはワードも使用する可能性があります。

その場合やはり、タブレット端末の利用の方が使い勝手がいいはずです。

そして肝心の打ち込みに関しても、出来ればキーボードを使用しての打ち込みをしたいと言う事ですね。

片手操作で打ち込みは自分的にはやりづらいので、しかも画面で打ち込みは出来れば避けたいと言うわがままもあります。

長文メールになればなるほど、キーボードが欲しいと思ってしまうのは、パソコンメインの使用者の性かもしれません。

となると、やはりスマホでは物足りないと言う事になるわけです。

どうせ購入するなら、タブレット端末をと言う事に心が傾いたのです。

可能性があり過ぎてどれを採用すべきか

さてスマホではなくタブレット端末を購入しようと、大体心は決まりました。

しかし、どう言う方法での使用が望ましいのでしょう。

ここでかなり悩んでしまっている筆者です。

出来るだけ費用を安く、と言うのが最大命題ですのでそこも踏まえて試行錯誤です。

現在持っているガラケーの契約更新でネットのみタブレット

これが最初に思いついた方法です。

ガラケーとタブレット端末の併用ですね。

あれこれ調べてみても、このやり方をおすすめとする方が多いようです。

ガラケーでキャリアメールと電話番号はそのまま、出来るだけシンプルな契約にして料金を抑えます。

タブレット端末についてはSIMにするかWi-Fiにするか、これはSIMフリーの本体を購入すればどちらでも可能になります。

このやり方で、と一度は決心しかけたのですがそこで思い出しました。

携帯本体の使用年数がかなり長く、この先次の契約更新まで使えるかどうか不安だと言う事です。

違約金に加え例え、3Gでも新しい携帯購入は結構お財布に痛いですからね。

それさえなければ、この方法が一番電話番号変更やキャリアメールアドレス変更なしで済むので、面倒がないいい方法なのです。

ガラケーの契約更新月を機会にタブレット端末に完全に切り替える

現在音声通話機能付きのタブレットも多く出回るようになりました。

つまり、携帯やスマホでなくても音声通話も可能になったと言う事です。

なので次に思いついたのが、この方法でした。

縛りの違約金を支払わずに済む契約更新月に、携帯の契約を終わらせてタブレットに全て切り替えると言う方法です。

正直筆者の場合、こちらから電話をかけると言う事は滅多にありません。

殆どが電話待ちもしくは、緊急連絡だけの使用です。

キャリアメールも同じで緊急の連絡のみ受けますが、普通のメールはネットでのフリーメールが主体です。

なので、タブレット端末に完全に変更するのも悪くないと思ったのですが、これはこれで面倒がありました。

メールは一斉送信で、フリーメールに変更する旨伝えればそれで済みます。

しかし面倒なのが、電話番号の変更です。

今は絶滅危惧種の、メールアドレス持っていませんと言う人も、実は結構いるのです。

その場合、全部電話して番号変更を知らせる必要が出てきます。

勿論MNPを使用する手もありますが、結構手数料がかかるのが難なのです。

現在使用のガラケーを同じキャリアのプリペイドに変更

ガラケーを電話のみの使用にして、メールはフリーメールに変更すると言う手も考えてみました。

同じキャリア内で着信専用のプリペイド携帯にすれば、基本料金もかかりませんの安く済みそうだと考えたわけです。

がしかし、ここでもガラケー本体の問題が浮上しました。

どこまでこのガラケーが働いてくれるか解らないので、そこがネックになってしまっています。

プリペイド契約自体は、現在持っている携帯本体で契約できるところまでは調べたのですが、そこで躓いてしまいました。

実店舗でも相談して見た

ネットで情報は得られるものの、やはり実店舗で実際のタブレットを見ながら相談してみようと、某量販店にも行ってみました。

こちらの状況や、タブレットの使用目的なども話してスタッフとあれこれ相談して見たのですが、まずスタッフとしておすすめなのがやはり、タブレットに一本化すると言うやり方でした。

格安SIMとの契約で、3GBプランにしておけばお値段的にも通信状況的にもそこそこだろうと、筆者の携帯の使用年数を聞いて、それならと出してくれた答えでした。

タブレット本体のスペックとしては、最低RAM2GでROM16Gの、8インチタブレットがおすすめだと言う事でした。

カメラは大して使用することが無いだろうと言う事で、カメラの画素数は気にしないと言ったところ、かなり安い金額の格安タブレットが購入出来ることも解りました。

スタッフ氏の言う事には、携帯の故障がいつ来るか解らない使用年数なので、とにかく何か起きる前に電話番号をMNPで移すか、新しい番号を手に入れておくと安心だと言う事です。

金額的にもこれが、実は最も安いことも事実ではあるのです。

あれこれ悩んだ結果は

さて色々と悩んだ結果どうしたか、と言いますとこうなりました。

携帯の契約はそのまま据え置きで、本体が壊れないことも祈りつつ使用します。

タブレット端末はとりあえず、SIMフリーの物を購入してSIM契約は据え置きしておきます。

つまり当初は、フリーWi-Fiのみ使ってみようと言う事です。

出入りの場所にフリーWi-Fiが充実していれば、無料でネットが使えると言う事ですね。

これで初期費用がかなり抑えられると言う事になりました。

かなり心配なガラケーの寿命ですが、次の更新までもたなかった場合は残りの支払いと違約金を比較、安い方で対処します。

つまり、使えないけど月々支払っても持っていたほうがお得か、違約金を支払っても手放した方がお得か、その時点で答えを出すと言う事です。

この時点でタブレットのSIM契約を、音声通話付きの物で契約することになりますね。

非常に行き当たりばったりなやり方ですが、ガラケーが次の更新までもってくれることを祈るだけです。

まとめ

あれこれ悩みましたが、要は予算が潤沢にあればここまで悩まずに済んだのも事実です。

しかし初期費用も、その後月々の支払いも出来るだけ抑えたいと言う事で、試行錯誤を繰り返したわけです。

タブレット端末導入で、同じような悩みを抱える方もいることでしょう。

あくまでも筆者の体験と、非常にシンプルな思考によって導き出された方法、幾つかのご紹介でした。

何かのご参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末