おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

初心者からプロまで! 【タイプ別】デジタルのスキルが学べるイラスト通信講座の選び方

   

デジタルのスキルは今やイラストを描くのに欠かせないものとなっています。

イラストデータはアナログのイラスト原稿にはないいくつものメリットがありますが、将来プロのイラストレーターを目指す方や現在アナログでイラストを描いているプロの方など、デジタルのスキルを学ぶならイラスト通信講座がおすすめです。

ここでは、デジタルのスキルが学べるイラスト通信講座の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストをデジタルで描くことのメリットについて

イラストの納品がスムーズになる

イラストは大きく分けるとデジタルとアナログの二種類があります。

それぞれの良さがありますが、デジタルのイラストはメールに添付するなどして手軽に納品できるところが大きな魅力です。

イラスト原稿をクライアントに納品する際に、データでの納品ならアナログイラストの納品のように梱包などの手間が省けるのでクライアントとのやり取りがスムーズになります。

イラストの修正が簡単になる

プロのイラストレーターとして仕事をする際、納品したイラストに対して修正依頼を受けることがあります。

大幅な修正の場合、アナログのイラストは全面的に描きなおしが必要となる場合があるので時間と手間がかかります。

その点、デジタルのイラストなら何度でも修正可能で、拡大や縮小も思いのままなので時間を効率良く使うことができます。

イラストの加工が簡単になる

イラストを納品した後、ポスターやパンフレットまたはWEBサイトなどで使用されることになりますが。

デジタルのイラストはソフトを使えば加工が簡単なので、デザイナーなどとチームを組んで仕事をする時に仕事の流れがスムーズになります。

幅広い仕事に対応しやすくなるので、仕事の実績を積み重ねやすくなります。

イラスト原画を複数枚コピーすることが可能

担当者が1人ではなく複数いる場合、それぞれの担当者にイラスト原稿を見せる必要があります。

アナログのイラストでもコピーすることで原画を確認してもらうことができますが、原画と微妙に色合いが違ってくるなど、原画そのままの状態ではなくなることもあります。

しかし、イラストデータなら原画を複数枚コピーしたとしても、原画そのままの色を忠実に再現できるので便利です。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デジタルのスキルをイラスト通信講座で学ぶメリット

スキルを学ぶ時の学費を抑えることができる

デジタルイラストのスキルを学ぶために美術大学や専門学校に通うとなると、高額な学費が必要となります。

しかし、デジタルのスキルが学べるイラスト通信講座なら、学校に通うことに比べて学費を抑えることができます。

趣味で学ぶようなリーズナブルなイラスト通信講座と比較すると、デジタルのイラスト通信講座の受講料はやや高く感じるかもしれませんが、学校の学費と比べればかなり安く必要なスキルが学べます。

仕事をしながらデジタルのスキルが学べる

すでにプロのイラストレーターとして仕事をしている方は、いくつもの仕事を抱えて納期に追われていることがあります。

忙しい毎日の中でデジタルのスキルを学ぶために学校に通うのは、スケジュール上無理だと思う方が多いかもしれません。

その点、イラスト通信講座なら平日の帰宅後に自宅でレッスンしたり、休日のほんの数時間を利用してレッスンするなど、自分の都合に合わせて学べるので忙しい方におすすめです。

自分のライフスタイルに沿ってレッスンできる

プロのイラストレーターを目指す方の中には、学生の方だけではなく別の仕事をしている方もいます。

仕事をしていると学校の時間割り通りにレッスンに通うのは難しいですが、イラスト通信講座なら仕事が終わって帰宅後にレッスンできるので無理なくデジタルのイラストのスキルが学べます。

また、学生の方であれば授業が終わった後、帰宅後にじっくりとレッスンに取り組めるので学業との両立が可能です。

プロの講師から役立つアドバイスがもらえる

デジタルイラストのスキルが学べるイラスト通信講座の中には、プロの講師の添削指導が付いているものがあります。

課題を提出すると、どの点を注意しながらイラストを描けば良いか的確なアドバイスがもらえるので上達が早くなります。

初心者におすすめのデジタルイラスト通信講座の選び方

デッサンの科目が含まれている講座を選ぶ

デジタルだけではなくイラストを初めて学ぶ方の場合、イラストの基本となるデッサンの科目が含まれているデジタルイラスト通信講座がおすすめです。

レッスンを通してイラストを描くための基本と共にデジタルイラストを描く際に必要なソフトの使い方やペンタブレットの使い方なども併せて学ぶことができるので便利です。

ソフトとペンタブレットの扱い方さえ分かれば、デジタル上で様々な画材で描く時のような幅広い表現が可能となるのでイメージ通りのイラストを描くためのスキルが身につきます。

必要な道具が付いている講座を選ぶ

初めてイラストとデジタルのスキルを学ぶ方の中には、イラストを描くための道具を持っていない方がいます。

そんな時、必要な道具が付いているイラスト通信講座を選べば、テキストが届くと同時にすぐにレッスンを始めることができます。

テキスト内で使用するペンタブレットとソフトがそのまま付いてくるイラスト通信講座があるので、テキストに沿ってレッスンしやすいです。

課題提出と添削指導が付いている講座を選ぶ

デジタルイラストのスキルをしっかり身につけるためには、プロの講師によるアドバイスが受けられるイラスト通信講座がおすすめです。

科目ごとに課題提出と添削指導が付いているものなら、貴重なアドバイスがもらえるだけではなく、レッスンを進めていく中でどのくらい技術が身についているのか確認しやすいのでデジタルイラストのスキルをどんどん磨いていくことができます。

自由参加のスクーリングが付いている講座を選ぶ

デジタルイラスト通信講座の中には、イラスト専門学校が手掛けているものがあり中にはスクーリングが付いているものがあります。

スクーリングは参加自由ですが、自宅でのレッスンと学校に足を運びプロの講師やほかの受講生と接するなどどちらも体験できるので必要なスキルを学びながら視野が広がります。

スクーリングの際にプロの講師から直接指導を受けることが良い刺激となり、デジタルイラストのスキルを学ぶことに対するモチベーションが高まります。

プロにおすすめのデジタルイラスト通信講座の選び方

必要なスキルだけ選んで学べるものを選ぶ

プロのイラストレーターの方はすでにイラストの基礎に関するスキルが身についているので、必要なデジタルのスキルだけを選んで学べるイラスト通信講座がおすすめです。

動画視聴タイプのイラスト通信講座は科目数が豊富で、ソフトの使い方など自由に選んで必要なことだけを集中的に学べるので、仕事に使いたいデジタルイラストのスキルを効率良く学べます。

必要なスキルだけを学ぶことで受講する際の費用が抑えられるのでおすすめです。

スキマ時間を利用して手軽に学べるものを選ぶ

プロとしていくつもの仕事を抱えていると、スケジュールが詰まっていることが多いので時間を効率良く使う必要があります。

デジタルイラストのスキルが学べるイラスト通信講座の中には、動画視聴タイプのものなどスキマ時間を利用してレッスンできるものがあります。

動画視聴タイプの講座なら、通勤などの移動中の時間や仕事の休憩時間を利用してソフトの使い方など必要なスキルを手軽に学ぶことができます。

1回のレッスンに時間がかからないものを選ぶ

動画視聴タイプのイラスト通信講座の中には1回のレッスンが短時間で済むものがあります。

プロの講師が動画の中で実際にソフトを使いながら説明するので、目で見て分かりやすくテキストなど文章だけの説明よりも分かりやすい点が大きな魅力です。

何度でも再生可能なので、スキマ時間に目を通しておいて自宅でソフトを使って実践してみるなど自由な学び方ができるのでおすすめです。

まとめ

イラストをデジタルで描くスキルはプロとして仕事をする際に幅広いシーンで役立ちます。

デジタルイラストのスキルを学ぶために学校に通うのが難しい方でも、イラスト通信講座なら仕事が終わって帰宅後に自分のペースで学ぶことができます。

また、スキマ時間を活用して手軽に学べる講座もあるので、必要なスキルをライフスタイルに合わせて選んで効率良く学ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ