おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

初心者がペンタブレットの操作に慣れるには、ペンタブレットによる操作を実感することだった?

   

ペンタブレットの操作に慣れるには、紙に描く感覚と異なることを実感するのが大切となります。

そのため、ペンタブレットを初めて操作する場合は、イラストの完成度に拘らないのがおすすめになります。

なぜなら、自由にイラストを描くことでマウスでの操作との違いを認識しやすくなるからです。

そして、ペンタブレットの設定の調整によって自分にとって描きやすい状態に調整することで、より早く慣れることが可能となります。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブレットとは

デジタル機器となるペンタブレットは、パソコンにケーブルで繋げてイラストや文章を制作できます。

ペンタブレットはマウスより自由な絵を描きやすい影響により、ペンタブレットでイラストを描く人が増えている傾向にあります。

また、ペンタブレットのメーカーによっては、お絵かきソフトが付属されていることがあります。

他にも、タッチパネルが付属したペンタブレットもあるので、自分に合ったペンタブレットを購入する際は付属内容で選ぶのがおすすめになります。

マウスよりイラストの自由度が高い理由

ペンタブレットの操作に慣れると、マウスでの操作よりイラスト制作の作業効率を高めることができます。

なぜなら、ペンタブレットはペンで紙に描くようにして操作できるので、マウスと違って線を綺麗に引きやすいからです。

特に、マウスだと曲線を描くのが難しいので、紙にイラストを描くのが得意な人であればペンタブレットを使用するのがおすすめです。

それは、ペンタブレットの操作に慣れることで設定を調整することで、マウスでは実現できないイラストを実現できるからです。

そのため、鉛筆や筆で描くような線を表現したいのであれば、マウスよりペンタブレットが適しています。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブレットの筆圧レベル

ペンタブレットの中には、筆圧レベルが表記されています。

ペンの読み取り性能となる筆圧レベルは、数多が高いほど線の強弱をつけやすくなります。

そのため、ペンタブレットによるイラストの完成度を高める場合は、筆圧レベルが高いペンを使うのが基本になります。

けれども、ペンタブレットを初めて使う人が筆圧レベルの高いペンを使っても筆圧レベルを実感しにくいです。

なので、初心者であればイラストの完成度やペンの筆圧レベルに拘るより、操作に慣れる方が重要になります。

よって、筆圧レベルの違いを実感できるようになるのは、ペンタブレットの操作に慣れてイラストを描けるようになってからがほとんどです。

ペンタブレットのペンの特徴

ペンタブレットのタブレットは、ペンの読み取り可能範囲に描いたイラストや文章が、モニターに表示されます。

ちなみに、読み取り可能はペンが反応する範囲となるので、ペンタブレットが大きいほど読み取り可能範囲が広くなります。

また、メーカーによっても読み取り可能範囲が異なりますが、メーカー毎にペンの操作を変える必要はありません。

ペンタブレットを操作する際は、紙に描くのと異なり手元を見ながら描かないので、初心者だとペンタブレットの操作に手こずりやすいです。

なので、ペンタブレットの操作に慣れるならば、ペンタブレットの練習を繰り返してイラストを描くのがおすすめになります。

なぜなら、イラストの完成度を重視しても操作がぎこちない状態なので、完成度の高いイラストを制作できないからです。

ペンタブレットにおいてペンでの操作に慣れることは、紙に描くのと感覚が違うのを実感しつつ、イラストの完成度を高めることに繋がります。

ちなみに、ペンタブレットに付属されていることがあるお絵かきソフトは、ペンタブレットの操作より簡単にできます。

そのため、初心者だとペイントソフトの用語を覚える方が困難なことが多いです。

ペンタブレットのペンの使い方

ペンタブレットはペンで描くことで、モニターに表示される形になりますが、ペンの持ち方は鉛筆やボールペンと同じ持ち方になります。

そのため、自分の書きやすい持ち方で持てるので、紙にイラストを描くのが得意な人であれば操作に慣れるのが早いです。

本物のペン感覚で操作できるペンタブレットは、筆圧感知によってマウスより表現が豊かなイラストを描けます。

さらに、ペンタブレットの設定を調整することで、ペンにかける力加減によって線の太さや塗りの濃淡を変えれます。

よって、ペンタブレットは色のかすれや滲みを表現することも可能となります。

また、ペンタブレットのペンには消しゴム機能が搭載されているペンもあります。

消しゴム機能は、ペンと同じように筆圧感知に対応している上に、設定によって線の太さを変えることができます。

けれども、消しゴム機能が搭載されていないペンタブレットもあるので、初心者ならば消しゴム機能が搭載されたペンを選ぶのがおすすめです。

そして、上級者でも消しゴム機能が搭載されている方が作業効率を高めることに結びつきます。

ペンタブレットの配置について

ペンタブレットを配置する際は、モニターの正面に配置しないとペンの動きとモニター上のポインタの動きが対応しにくくなります。

その上、ペンタブレットをキーボードとモニターの間に置くと、キーボードが邪魔になるので操作しにくくなります。

なので、ペンタブレットの操作に早く慣れるには、キーボードをペンタブレットとモニターの間に配置するのが大切です。

ちなみに、ペンタブレットを操作する際によく使うコマンドとなるキャンバスの拡大や縮小は、キーボードにショートカットとして登録するのがおすすめです。

なぜなら、ペンタブレットをメインに操作する場合は、キーボードをあまりいじらないからです。

また、キーボードのショートカットを使用することで、ペンタブレットの操作がしやすくなる上に作業効率を高めることも可能となります。

ペンタブレットの設定の調整

ペンタブレットの設定を調整することで、ペン先の感触や筆圧レベルを細かく変えれます。

そのため、設定を調整すること自分の描きたいイラストを描きやすくなる他にも、書き心地を変えることも可能です。

けれども、初心者がペンタブレットの設定を調整する際は、線の太さを太く設定するのがポイントとなります。

なぜなら、線を細く設定するとモニターに表示されるポインタの表示が小さくなって見づらくなるからです。

その上、ペンタブレットを操作する前に設定を調整しても違いを実感しにくいので、設定の調整は操作に慣れてから行うのがおすすめとなります。

ちなみに、ペンタブレットにはペンとタブレットの両方にボタンが付いているので、ショートカットを登録できます。

とはいえ、ショートカットをボタンに登録すると誤作動しやすくなるので、誤作動を防ぐならボタンを無効に設定するのが無難となります。

ペンタブレットの操作に早く慣れるには?

ペンタブレットの操作に慣れる際は、パソコンを操作する時にマウスでなくペンタブレットでの操作をメインにするのが秘訣になります。

そのため、ネットを見る時もペンタブレットで操作することで、操作に慣れやすくなるだけでなくマウスとの違いを実感しやすくなります。

そして、ペンタブレットでイラストを描く際は、完成度の高さを重視しないのがポイントになります。

なので、文字を書いたり三角や丸といった図形を描くことから始めるのが、上達するためのコツに繋がります。

なぜなら、イラストの完成度に拘らずに自由に描くことで、ペンタブレットの特徴を理解しやすくなるからです。

また、ペンタブレットはデジタルとなるので、紙に直接描くのとは描く感覚が異なります。

よって、ペンタブレットの操作に慣れるには、紙に描く感覚との違いを実感することが大切です。

ペンタブレットで自由にイラストを描く際に、設定を調整して描きやすい状態を探すことも上達する秘訣になります。

つまり、ペンタブレットの操作に早く慣れるならば、ペンタブレットでの操作を行う回数を増やすことが重視となります。

まとめ

ペンタブレットを操作する際は、紙に描くのと違って手元を見ながらでなく手元を見ずに行うのが基本になります。

なぜなら、紙はイラストが手元の紙に描かれますが、ペンタブレットだとイラストがモニターに表示されるからです。

そのため、ペンタブレットの操作に慣れるには、モニターを見ながら描くことを理解する必要があります。

なので、ペンタブレットの設定で線の設定を細かくすると、ポインタが小さくなって見にくくなるので、初心者ならば線の設定を太くするのがおすすめになります。

線の設定を太くすることでポインタが大きく表示される上に、操作に慣れるまでは思い通りのイラストを描きにくいので、操作に慣れやすくなります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)