おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

埼玉の専門学校ベスト4選!デジタルのイラストの制作方法を習得

   

埼玉には、イラストの専門学校がいくつもありますが、アナログよりもデジタルのイラストの制作方法を指導している所ばかりです。

昔とは違って、現代ではデジタルのイラストの需要は多くなっているので、プロとして活躍したい場合には、デジタルのイラストの制作方法を覚えておくメリットは大きいです。

そこで、プロデビューを目指している方たちのために、埼玉の専門学校を4校まで紹介するので、参考にしてみて下さい。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アルスコンピュータ専門学校

学校運営に自信を持っている専門学校は、講師と生徒の間に溝が出来てしまう場合はあります。

それに引き換え『アルスコンピュータ専門学校』は、柔軟な学校経営をしていて、生徒たちにとって信頼できる専門学校になっているので、その魅力に迫ってみましょう。

専門学校の魅力

本校では、研修を行っていて、教員の能力がアップできるような取り組みを行っています。

学校経営や講師の能力に自信を持っている場合には、生徒たちの成績がアップできなくても、それは生徒たちの努力不足という事で片付けてしまう場合があります。

そのような事になれば、講師と生徒の間で溝が出来てしまいますが、教員の能力をアップできるような取り組みを行っている所であれば、多くの生徒たちの才能が伸びていく事は可能です。

さらに、多くの企業と連携を組んでいる専門学校にもなっていて、企業と連携する事によって編成した『カリキュラム』や『実践的な演習&実習』などを行っているのです。

このように、柔軟な学校経営を行っている所なので、常に進化し続けていて、新しい時代に対応する事も可能になっています。

学科の特徴

本校の『ビジュアル デザインコース』では、わずか1年間で、デジタルの専用ソフトの操作法を徹底的に学んでいきます。

学べる専用ソフトの種類は、Photoshop・Illustrator・Maya 3dsMaxなどです。

数多くの専用ソフトの操作法を学べる事から、イラストレーターだけではなく、グラフィックデザイナー・WEBデザイナー・グラフィックデザイナーなど多くの職業に就く事も可能です。

そのため、途中でイラストレーターになれなかったとしても、イラストやデザイン関連の仕事に就く事ができます。

少しでもデビュー活動&就職活動の選択肢の幅を広げたい場合には、本校はおすすめの専門学校です。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

埼玉コンピュータ&医療事務専門学校

『埼玉コンピュータ&医療事務専門学校』は、多くのスキルを習得できる上に、様々な資格を取得する事もできます。

資格を取得できたら、就職活動を有利に進める事が可能になるので、本校について詳しく紹介します。

専門学校の魅力

本校では、色彩検定・Adobe認定アソシエイト・DTPエキスパート認定試験など多くの資格を取得するためのカリキュラムを用意しています。

就職活動をする際には、資格に関係のある所では、資格を取得した事について評価をしてくれて、採用される可能性が高くなります。

さらに『設備』を充実していて、WINDOWS実習実やMac実習室などが完備されているのです。

これらの実習室では、多くのパソコンが完備されている上に、専用ソフトもインストールされているので、デジタル関連の作品を制作しやすい環境を整えています。

勉強ばかりをしていたら、ストレスがたまってしまう事もありますが『テラス』も用意されているので、気分転換を図る事も可能です。

学科の特徴

本校のデザイン科では、色彩検定・Adobe認定アソシエイト・DTPエキスパート認定試験などの取得を目指せるだけではなく『グラフィックデザインコース』や『WEBデザインコース』なども用意されています。

グライフィックデザインコースでは、DTPデザイナーを目指す事ができるので、自分のイラスト作品を本に掲載して作成する事が可能です。

WEBデザインコースでは、WEBサイトを作成する事ができて、自分の作品をインターネット上でアピールする事ができます。

浦和美術専門学校・高等専修学校

『浦和美術専門学校・高等専修学校』は、高等専修課程や専門課程などを用意していて、イラストレーターになれなかった場合であっても、就職活動を有利に進める事ができます。

そのため、万が一の事を考えておきたい方には興味深い所だと思うので、2つの課程やカリキュラムについて解説しましょう。

専門学校の魅力

高等専修課程とは、中学校を卒業した方が入学する事ができて、高校に近い学習システムを指します。

本校の高等専修課程では『CGクラス(美術コース)』が用意されていて、IllustratorやPhotoshopなどを学ぶ事ができます。

1日も早くイラストレーターになりたい場合には、一般の高校へ入学しないで、本校で学べば、10代でプロデビューする事も夢ではありません。

実際に、高校を卒業した後に専門学校へ入学しようとしたら、時間をかけてしまう上に、多くの学費をかけてしまう事になってしまいます。

そのため、1日も早くイラストレーターになりたい方だけではなく、経済的にゆとりがあまりない方にも本校はおすすめの専門学校です。

学科の特徴

本校のCGクラスでは、専用ソフトの操作法を教えるだけではなく『ポートフォリオ制作』まで指導しています。

ポートフォリオとは作品集の事で、就職活動をする際に、自分の実力をアピールする事が可能です。

高等課程では、CGクラスの他に『絵画クラス』もあります。

絵画クラスでは、美大の受験に合格するために必要なデッサン力や着彩力を指導しているのです。

イラストレーターにとっても、デッサン力や着彩力は必要なので、絵画クラスで学んで見る価値があります。

『専門課程』の『デザイン科』では、デザイン専門士の資格を取得できる上に、色彩に関連する知識を学ぶ事ができるのです。

総合学園ヒューマンアカデミー

『総合学園ヒューマンアカデミー(大宮校)』は、高校を卒業したばかりの方だけではなく、社会人でも学びやすくなっているので、その理由を解説しましょう。

専門学校の魅力

社会人の場合には、高校を卒業したばかりの方とは違って、会社へ勤務をしているので、平日の昼間に専門学校へ通学する事は難しいです。

そこで、本校では平日(夜間)や土曜・日曜などに授業を受けられるようになっていて、社会人でも通学する事ができます。

さらに、生徒たちの目標に合わせて、様々な講座を組みわせてくれるので、短期間で目的を達成する事も可能です。

他の専門学校では、生徒の都合や目的を考えないで、事前に用意されたカリキュラムをもとにして指導している所ばかりです。

イラストを制作する上で、何か目的を持っている場合には、本校で学んでみるのも悪くはないでしょう。

学科の特徴

デジタルのイラスト制作を重視している学校の場合には、ソフトの操作法ばかりを覚えて、画力をあまりアップできない可能性があります。

ところが、本校の『イラスト・キャラクターデザイン講座』では『デッサン』を重視しているので、デッサン力をアップする事が可能です。

多くの方たちは、デッサンが退屈に感じてしまって、デッサン力をアップさせる事ができない場合があります。

しかし、本校ではデッサン力をあげるコツを教えてくれるので、退屈に感じないで、デッサンに集中する事が可能です(個人差があるので注意)。

さらに、キャラクター(人体)の描き方について学ぶ事もできるのです。

まとめ

デジタルのイラストは、専用ソフトを操作する事により、簡単に色を塗り替える事ができますし、画像データを送信する事も容易です。

そのため、プロのイラストレーターを目指している場合には、デジタルのイラストの制作方法を指導している専門学校で学んでみる価値があります。

ただし、専門学校の学習期間は短くなっているので、授業に集中して取り組まなければ、スキルアップしないうちに卒業する可能性があるので注意して下さい。

参考URL・参考文献・根拠など

http://www.arsnet.ac.jp/school/cour…
https://www.saitama-cmCC.ac.jp/2019…
http://urabi.ed.jp/specialiized_cou…
https://fromportal.com/kakei/househ…
https://human-yakan.com/lp/night_il…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ