おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

壁掛けはアリ?液晶テレビを壁掛けすることのメリットとデメリット

   

液晶テレビを壁掛けする事には、なんとなくおしゃれに見えて憧れがある方も多いでしょう。

しかし、液晶テレビを壁掛けすると言うことは、本当にアリなのでしょうか?

それとも実は意外とナシなのでしょうか?

それを見ていく為にここでは、液晶テレビを壁掛けすることのメリットとデメリットについてみていきたいと思います。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビを壁掛けするとスペースが空く

まず液晶テレビを壁掛けすることのメリットから見ていきたいと思います。

液晶テレビを壁掛けすることのメリットとしてまず挙げられるのは、壁掛けをするとスペースが空くという事になります。

液晶テレビを壁掛けしていくと、その分テレビを置いていたところのスペースが空いていきます。

そのスペースと言うのは、何もテレビの厚みや横幅だけのスペースではありません。

というのも、基本的には液晶テレビを置く際には、液晶テレビだけダイレクトに下に置くという事はないでしょう。

液晶テレビだけダイレクトに下に置くという事がないということは、当然液晶テレビの下にはテレビボードがあるという事になります。

そうしてテレビボードがあるということは、その分だけそれがスペースを埋めてしまうということになります。

テレビボードは、テレビと比べてかなり横幅も広く厚みもあることが多いです。

だからそれが埋めてしまうスペースはかなりのものになるでしょう。

でも、液晶テレビを壁掛けにしていけば、その分のスペースが空いていきます。

そうすればかなりスペースを有効に使えるようになるでしょう。

スペースは空けば空くほど良い

そういうスペースは空けば空くほど良いでしょう。

なぜなら、日本の住宅と言うのは、基本的にはあまり広くはないからです。

それはもちろん、すごく大きな家もあります。

でも、マンション住まいの方も多いですし、その場合そこまで広くはないと言えるのです。

なので、出来るだけスペースはあけておくべきなのです。

出来るだけスペースをあけておけば、いざという時にそのスペースに必要なものもおけますし、圧迫感を感じることなく過ごすことが出来るでしょうから。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

壁掛けすると掃除がしやすくなる

液晶テレビを壁掛けすることのメリットは、もう一つあります。

それは、掃除がしやすくなるということです。

先述の通り、基本的には液晶テレビにはその下にテレビボードがあるでしょう。

そしてそんなテレビボードは、大きいことがおおいです。

大きいということはつまり、重たいという事になります。

なので、そのテレビボードの裏や下というのは、あまり掃除をしないことも多いでしょう。

そうしてテレビボードの裏や下を掃除しないとなると、当然そこにはほこりがたまります。

そしてそれは、ふとした時に舞い上がっていくでしょう。

だから、そこの汚れが部屋全体の汚れになることもあるのです。

それを防ぐためには、テレビボードをいちいちどかして掃除をするか、あるいはテレビボード自体を無くすしかありません。

テレビボードをいちいちどかして掃除をするというはすごく大変ですから、あまり続かないでしょう。

それを使用としていたら、掃除自体をしなくなる可能性もあります。

なので基本的にはテレビボードを無くしていくのが一番でしょう。

テレビボードを無くす為に出来ることと言えば、液晶テレビを壁掛けすることになります。

なので、液晶テレビを壁掛けしていけば、掃除がしやすくなると言えるのです。

テレビの寿命も延びる

そうして液晶テレビを壁掛けしていけば、テレビの寿命も延びやすくなるでしょう。

なぜなら、掃除がしやすくなり、ほこりが舞い散りづらくなるからです。

ほこりが舞い散ると、それはテレビの中にたまってしまうことがあります。

液晶テレビが壊れる時、あるいは映りが悪くなる時、大体の場合で原因はそれになります。

だから、なるべくほこりは飛び散らないようにするべきなのです。

そのためには掃除をしやすくしておく必要があります。

また壁掛けで液晶テレビを高い位置に設定しておくと、そもそもほこりが付きづらくもなるので、そういう意味で寿命が延びるという事も言えるでしょう。

壁掛けのデメリットはリスクの大きさ

液晶テレビを壁掛けすることには、スペースや掃除のしやすさと言う実用的な面でのメリットがありました。

では、液晶テレビを壁掛けすることのデメリットはどこにあるでしょうか?

液晶テレビを壁掛けすることのデメリットは、リスクの大きさにあります。

液晶テレビを壁掛けしていくということは、当然ある程度高い位置に液晶テレビをつけることになるでしょう。

では何かの拍子にその液晶テレビが壁掛けから外れて、そういう高い位置から落ちることになったらどうなるでしょうか?

そうなったら間違いなく液晶テレビは壊れてしまうでしょう。

そしてそれは、液晶テレビを壊すだけではありません。

液晶テレビは、それなりに重たいモノになります。

そんな重たいものが高い位置から落ちてきたら、それの衝撃で、フローリングや畳がめちゃくちゃになる可能性は極めて高いです。

だから被害は甚大になると言えます。

それだけでもリスクが高いと言えます。

壁自体が剥がれる可能性もある

また、液晶テレビを壁掛けしていると、壁自体が剥がれる可能性もあるでしょう。

液晶テレビはそれなりに重たいものですから、それがずっと掛けられているという事は、壁はその重さのダメージをじわじわ受けていることになります。

そうなると、壁がはがれたりしてもおかしくはないことになります。

そうして壁が剥がれた上記のような展開になりますし、そして当然壁もひどく壊れてしまいます。

その修理費用は、総額でかなりのモノになってしまうでしょう。

テレビボードからテレビが落ちるくらいであれば、テレビは耐えることが出来ることもあるでしょう。

フローリングや畳はそれでもかなりダメージを受けるでしょうが、それくらいの被害で済むのであればまだましでしょう。

目線があがり首が疲れることがある

液晶テレビを壁掛けすることのデメリットとして言えることは、もう一つあります。

それが、目線があがるということです。

液晶テレビを壁掛けする際に、低い位置に壁掛けすることはないでしょう。

どうせ壁掛けするのであれば、ある程度は高い位置に壁掛けするはずです。

そうしてある程度高い位置に壁掛けするのであれば、やはり目線はあがります。

今までは基本的には目線を下げてテレビを見ていたはずです。

それが、正面になったり、なんなら上向きになるくらい目線があがることがあるでしょう。

そうなれば当然目や首が疲れてしまう事も出てくるでしょう。

長時間見れなくなることも

そうして目や首が疲れてしまうとなると、その壁掛けのテレビを長時間見るのは辛くなるでしょう。

長時間液晶テレビを見れなくなるというのは、間違いなくデメリットになります。

特にそもそも普段からテレビを見ていて目や首が疲れやすいという方には、液晶テレビを壁掛けすることはあまりおすすめ出来ないでしょう。

まとめ

液晶テレビを壁掛けすることのメリットとデメリットについては、以上の通りになります。

このように、液晶テレビを壁掛けすることには、意外とデメリットもありますし、しかもそれはなかなか大きめのデメリットだと言えるでしょう。

特にリスクの問題は大きいです。

なので憧れだけで壁掛けをせずに、よく考えてから行う事をおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ