おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優になるのにお金は必要?声優専門学校の学費はどれくらい?

   

声優の専門学校に行くのには、専門学校なのですから当然学費がかかります。

その学費が高いとなると、やっぱり声優になるのに足踏みしたくなることもありますよね。

では実際に、声優専門学校の学費はどのくらいになるのでしょうか?

ここではそんな、声優専門学校の学費や、声優になるためのお金についてみていきたいと思います。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優専門学校は大体年間100万円くらいかかる

もちろん中にはもっと安いところもありますし、もっと高いところもありますが、だいたい平均すると、声優専門学校の学費は年間で100万円程度になります。

これは、特別他の専門学校と比べて高いということもないですし、際立って安いということもありません。

だいたい専門学校の平均的な学費くらいだと思っておけば間違いはありません。

2年間通うのでだいたい200万ちょっとくらいに

専門学校は基本的には2年間通うところになります。

そして声優の専門学校でも、多くのところは2年間通うことになります。

だから、かかる学費はトータルで200万円ちょっとくらい。

これを自分で用意するとなると、やっぱり大変ですね。

奨学金を借りるとしても、それはいずれ返済しないとなりません。

でも、声優の場合は特に、それを返済できるめども立ちづらいですから。

大学に進み、一般企業に就職するというのであれば、特に問題はありません。

5月か6月くらいからは毎月定期的にお金がしっかりもらえます。

しかし声優の場合は、専門学校を卒業してからもすぐに声優として収入が得られるようにはならないんです。

どうしても収入が安定するにはかなりの時間がかかります。

結果、奨学金の返済でひぃひぃ言うことになる可能性は高いです。

だから、年間で100万円くらい、2年間で200万円ちょっとというその金額を、しっかりと払えるような状態にしてから通うことをおすすめします。

頑張れば2年くらいで用意できる金額

200万円ちょっとというと、途方もない金額に思えますが、実家暮らしで余計な出費がないのであれば、頑張ればそれは用意できるくらいの金額になります。

たとえば週に5日間みっちりアルバイトをすれば、月給にして16万円以上くらいは稼げるものなのです。

それに対して出費が特になければ、2年間くらいあれば、200万円は作れます。

卒業するときに22歳であれば、特に年齢的にハンデを負うこともありません。

だから、まずはそうして作ってから通うようにすることがベストです。

そのほうがより集中して声優の勉強ができることは間違いないですし、リスクもなくなりますから。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優になるためにかかるお金はこれだけではない

ただ声優になるために必要なお金は、実は声優専門学校のお金だけではありません。

声優になるためには、実は声優の養成所に行かないとならないことが多いんです。

声優の専門学校を出た後には、そのまま声優になることができると思っている方もいるかもしれません。

でもそんなことはないんです。

声優の専門学校を出た後には、多くの場合で声優の養成所に進むことになります。

声優の養成所というのは、声優事務所などが運営しているスクールのようなものです。

そこでいい成績を収めれば、晴れて声優事務所に所属することができるようになるんです。

もちろんいきなり声優になることができればそれが理想ですが、こうして声優の養成所に所属できるだけでも悪くはありません。

声優になれる可能性は増すわけですから。

でも、そういうところがあるならばはじめからそこに入ればよいのではないかと思う方もいるかもしれません。

確かに声優の専門学校に行かずにはじめからそこに入ることができればその方が早いですし、学費もグンと抑えられます。

ただそれはなかなか難しいんです。

なぜなら、声優の養成所に入るのにもオーディションがあるから。

そのオーディションをパスしないと、声優になることはできないんです。

つまりそのオーデイションをパスするために、専門学校にいくというわけです。

養成所はだいたい10万円から100万円くらい

養成所の学費は、すごくばらつきがあります。

安いところであれば10万円くらいから通うことができますが、高いところでは専門学校と同じように100万円くらいとってくることもあります。

当然ながら、養成所の選択肢は多い方が良いです。

ということは、専門学校の学費に加えて、養成所の選択肢をたくさんもてるようなお金が必要になることになります。

つまり、合計300万円くらいは持っていたいとなるのです。

たださすがに、300万円ためるとなると、心が折れてくることもありますし、必ず養成所に入れる、あるいは入るとは限りません。

奇跡的に、専門学校卒業後にいきなり声優になれることだってあるかもしれません。

だから、ここは無理にためておく必要はありません。

ただこのくらいの学費がかかるということは覚えておくとよいでしょう。

声優になるためには見た目を磨くことも大切

声優になるためには、専門学校や養成所に行って努力をすればそれでいいと思っている方もいるかもしれません。

でも、そんなことはありません。

今の声優はいうなればもはや普通の芸能人です。

では芸能人に求められるのはなんでしょうか?

それは見た目の良さです。

もちろん見た目の良さと一口に言っても、それにはいろいろな種類があります。

単純に見た目がかっこいいかわいいというのもそうですが、面白い見た目というのもそれはそれで一つの個性。

だから、とにかくかっこよくしたりかわいくしたりすればよいわけではありません。

ただ、すべてに共通して言えるのは、清潔感です。

見た目がボロボロで清潔感がないと、やっぱり声優としてのルックス不足だと思われてしまいます。

芸能人だって、一見すると不細工に見える人でも、実は清潔感があったりします。

では清潔感を磨くためにはどうすればよいか。

それにはやはり、お金をかけるしかないんです。

スキンケアやファッションにお金をかける

当然お金をかけるポイントは、スキンケアやファッション。

そして髪形などになります。

これらの点は、お金をかけないようにしようと思えばいくらでもできます。

たとえば洗顔なんで水だけでもいいですし、ファッションなんていつも同じでもいいです。

髪の毛も自分で切ったり伸ばしっぱなしにすればいい。

でも、それではやっぱり見た目の清潔感は出ません。

だから、そこにはお金をかけるべきです。

すごく高いものを使用する必要はないですが、最低限のものは用意しないとなりません。

後は交通費など

あと声優になるためにかかってくるのは交通費などです。

たとえばオーディションを受けるのにオーディション会場に行くのにお金がかかりますし、もちろん学校に行くのにもお金がかかります。

これは、実は地味に痛い出費になります。

毎日かかるものですから。

なのでせめて少しでもこれらが削減できるように、家に近い専門学校にいくことをおすすめします。

そうすれば少なくとも学校までの交通費は削減できますから。

まとめ

声優になるためには、こうした費用がかかります。

専門学校はもちろんのこと、養成所にもそれなりのお金がかかることがありますし、見た目などにも気を使わないとなりません。

だから、決して安くはないんです。

一番いいのは、家に経済的な余裕がある人が声優を目指すということですね。

それであれば、お金の負担を考えることがなくて済みますから。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校