おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優のマネージャーになるのでも声優の専門学校に行った方が良い?

   

声優の専門学校には、声優マネージャーというコースがあるところもあります。

中には、声優さんになりたいわけではなく、声優のマネージャーになりたいという方もいるでしょうから、それは一つの選択としてはありですよね。

でも実際、声優のマネージャーになるのには、専門学校に行った方が良いんでしょうか?

それとも大学などから目指した方が良いのでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

大学を出ていたほうが有利なことが多い

声優のマネージャーは、学歴不問とされていることもありますし、専門卒大卒以上とされることもあります。

だから、少なくとも専門学校か大学は出ていたほうが無難であることは間違いありません。

でも、専門学校と大学であれば、どっちを出ていてもそんなに差はなさそうですよね。

たしかに、受けることができる会社の数としては、そこまで差が出ないことが多いです。

声優のマネージャーを目指す場合には。

しかし、それでも大卒の方が有利になることが多いんです。

求められる能力が意外と高い

声優のマネージャーというのは、意外と求められる能力が高い職業になるんです。

いうなれば普通の会社員と同じようなものですし、それよりもハードであることは間違いありません。

だから、高い能力を持っている人でないと採用しづらいです。

では、専門学校卒の人と大卒の人がいたら、どちらの方が高い能力を持っていそうでしょうか?

専門学校は、特に試験などなく入れることがほとんどです。

特に声優専門学校の場合は大体の場合は誰でも入れます。

では大学の場合はどうでしょうか?

たしかに大学でも、ほとんど誰でも入れるようなところはあります。

しかし、名前だけである程度しっかりとした試験を突破してきたんだなということがわかるような大学もあるものです。

そしてそういうところを出ていれば、少なくともそういう努力できる能力があることや、それによってある程度の結果を出す能力があることがわかります。

だから、採用において多少有利になるんです。

なので、もし声優のマネージャーになりたいと思ったら、一番いいのは声優の専門学校のマネージャーコースに行くのではなく、大学に行くことになります。

それもある程度レベルの高い大学を目指すことをおすすめします。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

専門学校にいくメリットはかかる時間

では、声優の専門学校にいって、そこからマネージャーを目指すというのは難しいことなのでしょうか?

声優の専門学校にいくメリットは特にないんでしょうか?

もちろん声優の専門学校のマネージャーコースからだって声優のマネージャーになることを目指すことはできます。

そして当然それにもメリットはあるんです。

まず一つ目のメリットは、就職までにかかる時間が少なくて済むということ。

声優の専門学校は、多くの場合で2年制です。

専門学校の中には3年制のところや、長い場合には4年制のところもあります。

でも、声優専門学校の場合は多くのところで2年制になっているんです。

それはつまり、2年で卒業ができるということ。

ということはつまり18歳で入れば、20歳のころにはもう声優のマネージャーを目指して就職活動ができるということになるんです。

ハードな仕事だから多少若いほうが有利

声優のマネージャーというのは、ハードな仕事になります。

残業はもちろんありますし、土日などにもイベントがあることが多いです。

ということが土日にも仕事をしないといけなくなります。

そうして日々仕事におわれる可能性がすごく高くなるのが、声優のマネージャーという仕事なんです。

そんな仕事に必要なのは、まず体力です。

体力がないと、どれだけ仕事ができても途中でダウンしてしまう可能性が高くなります。

そして体力は、当然ながらある程度若い方があるものです。

年齢を重ねれば重ねるほど運動する機会は減っていき、それに伴って体力も減っていってしまいます。

だから、なるべく早く就職できるというのは、声優のマネージャーとして仕事をする上では一つの大きなメリットになるんです。

ビジネスマナーなどが身につくのも専門学校のメリット

専門学校から声優のマネージャーを目指すのには、まだメリットがあります。

それが、ビジネスマナー等も身につくということ。

大学では、そこまでは身につかないものです。

だけどそれは、声優のマネージャーとして働くうえでは必要なスキルになります。

人と接することがすごく多いのがマネージャーという仕事。

そこで相手にどういう印象を与えるかというのは、会社にとってすごく大きなポイントになります。

声優さんがする仕事が会社の収入ですから、声優さんにたくさん仕事を与えることが必要になります。

でも、マネージャーの印象が悪いと、その声優さんに仕事が来なくなることもあるんです。

だから印象をよくできるようなビジネスマナーは身についているに越したことはありません。

声優のマネージャーコースでも、当然ながらそんなことはわかっています。

なので、それもしっかりと教えてくれることが多いんです。

結果、そこで大卒の人と差をつけることだってできるんです。

自分で学ぼうとしても難しい

ビジネスマナーは、確かに内容だけなら自分でも学ぶことはできます。

だから大卒でも内容を把握することは簡単にできるでしょう。

でも、大事なのはそれを実践する機会の多さなんです。

大学に行っている間にはそれを実践する機会はまずありません。

だからいざという時に使えなかったりするんです。

しかし専門学校の場合にはどうでしょうか?

授業でそれがあるわけなんですから、定期的にそれを実践する機会が生じるということになります。

結果、しっかりとしたビジネスマナーが身についていくんです。

専門学校から目指すのもなしではない

たしかに声優のマネージャーになるのに一番確実性が高いのは、ある程度名のある大学に行き、そこから目指すというやり方になります。

でもこのように声優の専門学校のマネージャーコースから声優のマネージャーを目指すというやり方にも、メリットがないわけじゃないんです。

つまり、そこから声優のマネージャーを目指すというのも、なしではないということになります。

大学には大学で、確実性が高いというだけではなく、最悪声優のマネージャーになれなかった場合でも、他の仕事に就職しやすいというメリットはあります。

でも、別に声優の専門学校に行くのだってありだというのは覚えておくと良いですね。

かかるお金の問題もある

実際どっちに行くかと考えたら、かかるお金のも問題も出てきます。

声優の専門学校では、2年しか行かないわけですから、総額でかかる学費も200万円ちょっとであることが多いです。

でも、大学の場合には4年も通います。

だから、最低でも400万円くらいはかかってくることが多いんです。

つまりかかるお金は倍違うということ。

お金を特に気にしない環境なのであればこれは気にすることはありませんが、お金を気にしないとならない方も多いのではないでしょうか?

お金を気にするならばやっぱり声優の専門学校になります。

でも、それにはそれのメリットがあるんですから、それでも全然絶望することはないんです。

まとめ

声優の専門学校からマネージャーを目指すということも全然ありではあります。

それならではのメリットもありますから、別に避けた方が良いことではないんです。

でも、より確実性が高く、かつリスクが少ないのは大学からそれを目指すというやり方だということもまた間違いありません。

これらのことや学費の問題などをよく考えて、決断してみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校