おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優の専門学校に行って声優になれる確率はどれくらい?

   

声優の専門学校に行ったからといって、必ずしも声優になれるわけではありません。

というかむしろ、声優にはなれないことの方が多いくらいです。

でもだからといって、絶対になれないわけではない。

では実際のところ、声優の専門学校に行った人のうち、どのくらいの人が声優になることができるんでしょうか?

ここではその確率についてみていきます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

声優になれる確率は3パーセントくらい

だいたい声優になれる確率は、声優になれる人全体で3パーセントくらいだといわれています。

そしてそれは、そのままイコールで、声優専門学校を出て声優になれる可能性がそれくらいだと考えていいです。

ただ勘違いしてはいけないのは、声優専門学校をでてから、そのまま声優になれる可能性が3パーセントというわけではありません。

これはあくまでも、声優になれる確率です。

つまり、いつなれるとは言っていないのです。

専門学校から養成所に行く人が多い

もちろん中には、声優の専門学校からそのまま声優となるパターンもあります。

でもこれはかなりレアケースです。

多くの場合には、一度声優専門学校を出たのちに、声優の養成所に進みます。

そしてそこから声優になる人が出てきます。

つまりこの3パーセントという確率は、そういう人を含めた数字になるんです。

それでも3パーセントしかない

声優専門学校から一旦養成所へ行ったとしても、それでもトータルで3パーセントくらいの人しか声優にはなれないということになるんです。

これは、明らかに厳しいですよね。

3パーセントということは、1000人いたら30人しか声優になることができないということですから。

しかもこれは、別にただ声優になることができる確率を出しているだけです。

つまり、別に声優として売れる確率を出しているわけではないんです。

声優として売れる確率は、ここからさらに狭くなっていきます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

声優として食べていけるのは声優全体の3パーセントくらい

声優として食べていける確率は、今現在声優として食べていけている人の数を考えるとわかります。

だいたいその数は全体の3パーセントくらいになるんです。

これがわかれば後は簡単です。

つまり、声優の専門学校を出て声優になり、さらに売れる可能性は、3パーセントのうちの3パーセントくらいしかないということです。

つまり、10000人の人がその年に声優専門学校を出たとします。

10000人のうちの300人が、声優になることができます。

そしてそのうちの3パーセントが売れるわけなんですから、300人の3パーセントで、9人が売れるということになるんです。

10000人のうちのたったの9人しか売れることができない。

それが声優の世界なんです。

しかもこれも、ただ食べていける人の数や確率を出しただけです。

声優として売れるためには、もっと確率は少なくなるんです。

売れるのは何十万に一人の世界

売れるとなると、そこからさらに1パーセントとかそれくらいの数になってきてしまいます。

声優として売れるというのは、もはや何十万人に一人の世界の話となってしまうんです。

もちろん食べていくことができればある程度満足できる人も多いでしょう。

でも、今自分が憧れているような声優さんになれる可能性は極めて低いです。

そして、もし仮にその売れている声優さんのようなポジションに一瞬だけでもつくことができたとしても、その人気を持続させるというのは、そこからさらに数パーセントという話になります。

実際、声優好きの方やアニメ好きの方ならばわかるでしょうが、十年前くらいにはやったアニメと今放送しているアニメでは、ほぼほぼすべての声優さんが違います。

まれに残っている人もいますが、それは本当に数パーセントの世界です。

そしてその数パーセントとして残っている人が、本当に売れている声優さんだとなるのです。

それは男女ともに、本当にほとんどいません。

10年前は本当に飛ぶ鳥を落とす勢いで人気だったとしても、10年後にはほとんどの人がいないのが声優業界なんです。

もちろん中には、声優からステップアップしてタレントになったり、ミュージシャンになったり、他の舞台に活躍をうつしている人もいますが。

かなりの覚悟をもって飛び込む必要がある

つまり声優専門学校に行きたいのであれば、かなり覚悟が必要だということになります。

そもそも声優になれる確率も高くはないし、そこから売れるようになる確率もかなり低い。

だからもし声優になれたとしても、その先に待っているのは、自分が思い描いているような世界ではない可能性があるんです。

それでもかまわないから声優さんになりたいのか。

一度それをよく考えてから決めていかないと、声優専門学校に行った後に必ず後悔します。

自分にどれくらいの覚悟があるのか、一度よく考えてみてください。

入ってからの進路変更はまず厳しい

声優専門学校は、かなり特殊な学校になります。

授業の内容も、まず一般生活では活かすことはできないことを学んでいくんです。

だから、声優の専門学校に行くのであれば、はいってから進路変更をすることはできないと思っていった方が良いです。

実際声優専門学校を出てからの就職先は、かなり厳しい状態です。

ほとんど選択肢はないといっても良い。

つまり一度声優専門学校に入ったら、そのまま声優にあこがれ続けるしかないということです。

それはとてもつらいですよね。

なのでそうならないように、覚悟を決めていくんです。

最低限覚悟が決まっていれば、それでも心折れずに頑張っていけますから。

最悪の場合のことを考えて行動することも大切

ただもちろん、覚悟を決めて無鉄砲に飛び込めばそれですべて解決かというと、そんなことはありません。

当然夢見ながらもそれがかなう気配のない生活はつらいです。

それは、年を重ねれば重ねるほどにつらくなっていきます。

専門学校を出たての20歳くらいのころであれば、とくになにもおもわないでしょう。

でも、24歳になり25歳になり、29歳になり30歳になりとなっていくうちに、どんどん絶望していきます。

どんなに意志が強くてもそうなるんです。

だからこうなってもなるべく頑張る覚悟をしていくことも大事ですが、それと同時に最悪の場合のことを考えておくのも大切です。

たとえばもし30歳まで声優になることが出来なかったら、あるいは声優の仕事で食べていくことが出来なかったらどうするのか。

それを考えておくんです。

逃げ道が確保されているのが一番

一番いいのはやっぱり、最悪の場合は家業を継いだりできる人でしょう。

実家自営業でもいいですし、お寺だというのも良いですね。

もちろん家族に経営者がいてなんとかなりそうとか、友達のコネでそれからでもなんとか就職できそうとか、そういうことでもいいです。

とにかく最悪の場合のことを考えておくことをおすすめします。

絶望してからも人生は続くわけですから、やり切ったときにきちんと切り替えられるようにしておくことは絶対に悪いことではありません。

時には保険をかけるなといわれることもあるかもしれません。

でもほとんどの人が生命保険を掛けたり健康保険に入ったりしているのに、人生に保険をかけないのは意味が分かりませんよね。

だから、これはしておくべきなんです。

まとめ

声優の専門学校をでて声優になれる確率は、だいたい3パーセントくらいだと考えられます。

そしてさらにそこから食べていけるのはそのうちの3パーセントくらいと、かなり厳しいです。

でも、その数パーセントに自分がなれる可能性もあるわけですから、あきらめる必要はありません。

その数パーセントになれるようにする努力をする覚悟と、最悪の場合の保険を考えつつ頑張っていくと良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校