おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優の専門学校は声だけでなくダンスや歌うことも習う

   

声優の専門学校と聞くとアニメの声優や映画での声当てなど様々な仕事があるように思えますよね。

他にもゲームのキャラクターの声をするという人も多いのが現状です。

それになりたいという気持ちで入るような生徒さんも多くいるでしょう。

ですが声優と言っても今では幅が広いです。

アニメなどが人気だと、歌うこともライブで踊ることも可能性としてあるのです。

今では専門学校でも声だけでなくダンスや歌を教えているところが多いのです。

その事について詳しく見てみたいと思います。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

今の声優は声だけではない

最近ではゲームでのキャラクターが実際にライブをするという事もあります。

特にアイドル系の声優をする人というのは、そのアイドルのライブをゲーム内ではなく実際に現実世界でもするという事が多いのです。

なので声だけではなく、ダンスや歌などをする事も多いのではないかと思います。

声優という仕事でも、実際にダンスや歌も歌うとなるとまるでアイドルみたいな職業になりますよね。

実は声優の多くの人は歌も上手いという人達が多いです。

特にミュージシャンとして活躍をしていたという声優さんもいますよね。

そんな声優ですが、声だけでは最近厳しくなってきているのです。

今の時代はアイドル

声優と言ってもそのアニメやゲームにもよりますが、アイドルの声あてをすることも増えてきています。

特にアイドルというのは今の時代でも売れ続けていますが、声優界にもまさにアイドル的存在の人というのは多いです。

なので声だけではなく、歌って踊るというような事が人気の1つにもなります。

人気な声優さんになると単独のライブをしたり、人気アニメ内のアイドルグループだと様々な地方に行ってライブをしたりするということもあります。

本当にアイドルのような活動をしているという人達で多くいるので、声だけではなく、他のことも求められるのです。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

歌ってダンスをする理由

声質は良いけれど、声優になれないという事もありますよね。

どうしても声優というのは、声で勝負をするところもあります。

ですが最近では声だけではなく、専門学校ではダンスを取り入れるところや歌を取り入れるところも数多くなっています。

その原因の1つにはアニメ内やゲーム内のアイドルということになります。

先ほども言いましたがアイドルというのは歌って踊る、というイメージがありますよね。

よくアニメのキャラクター達がCDを出すというような事もありましたが、今ではライブをするほどまでにもなっています。

そうなると声当てだけではなく、実際に声優本人達が歌って踊るということをしなくてはいけなくなりますよね。

実は今ほとんどのアニメやゲームでのアイドルというのは実際にライブをするという事が多いのです。

なので声だけではなく、歌やダンスなども上手くなくてはいけなくなります。

特にライブと聞くとミュージシャンというイメージが強いですが、あくまでも本業は声優ということを忘れないようにしましょう。

倍率も高い

実は声優にも憧れているけれど、その様なライブなどもしたいという人達が多いです。

最近では女性の声優が多くいますが、男性でも同じような事が言えます。

今でも人気のあるゲームやアニメというのは毎年ライブが開かれていますが、皆がキャラクターと同じように実際に踊って歌っていることも多いのです。

なので本当にアイドルをしているという感覚にもなるのではないかと思います。

その様な仕事をしたいという人も多く、専門学校でも倍率は年により高くなったり低くなったりとすることが多いです。

まさにライブの影響が関わってくるのではないかと思います。

特にその年になって人気となったアニメが実際にライブなどの形を取ると、憧れて入ろうと志願するような人達も多いということです。

アニメやゲームにも流行りというものがありますが、人気があればあるほど、その業界の専門学校も倍率がどんどん高くなるという事になるのです。

歌の練習

声優なのに歌の練習をすることもありますが、実は声を出すトレーニングとしても最適です。

歌というのは人によって声が小さかったり、大きかったりと様々な特徴があると思います。

歌を歌う時というのは基本的に声を出さなくてもマイク越しで伝わったりしますよね。

また、感情の抑揚をつけることで、より表現をすることができるようにもなります。

そんな歌の練習が何故声優に適しているのかというと、何ができていて何ができていないかはっきり分かることができるからです。

例えば声が小さい、感情の抑揚がないなど、声の出し方、張り方、声が通るのかどうかなど分かるようになるのです。

なので歌というのは、その人の声質を簡単に分かるようになる1つの方法なのです。

声優をする時というのは声だけではなく、歌を歌うことも多いですよね。

そのアニメのオープニングやエンディングを声優たちが歌うということもあります。

なので歌の練習を取り入れているという専門学校も数多くあるのです。

カラオケは練習場所

声優になりたい人の多くはカラオケに行くことも多いです。

そこで声出しの練習をしたり、歌ったりして自分の声を確かめるという事をするからです。

家で練習をするとどうしても声を出してしまうので、周りの人達にも迷惑がかかるということが出てくると思います。

特にマンションやアパートに住んでいるという人は、練習できる場所が欲しいと考えてしまいますよね。

その時に最適な場所はどこになるのかというと、カラオケになるという事なのです。

カラオケは声を出すことができる唯一の場所でもあります。

なのでカラオケを練習場所として使うことも多いのではないかと思います。

またカラオケでは録音をすることができたりする場所もあるので、録音をしてチェックをしたりすることもあるのではないかと思います。

ダンスは体力に繋がる

歌を取り入れることがあってもダンスを取り入れるという事はあまりありませんでした。

ですが専門学校によってはダンスなども取り入れるところが多くなったのです。

その影響がアニメやゲームになる訳ですが、ダンスは体力作りにも繋がります。

特にダンスをしながら歌うというのは、アイドルとしても代表的なものになりますが、声優で必要になる時もきます。

例えば声を出すだけであるのであれば簡単と思っていても、体力が無いと出し続けるということが無理になってしまいます。

声を出す場合、疲れない出し方などもあると思いますが、それでも体力はあって損はないですよね。

直ぐに疲れてしまうという事になるのではなく、体力、そして肺活量も鍛えることで声をよりだしやすくなります。

肺活量はとても重要

声優にとって大事なことは肺活量です。

この肺活量というのは専門学校でもトレーニングを必ずすると思います。

どれだけの声を出すことができるのか、ずっと言い続けることができるのかなど様々あると思います。

肺活量があればあるほど、声なども出しやすくなり、通った声が出るようになります。

他にも抑揚をつけた声というのは基本的に疲れたりするのですが、それを疲れにくくするような事もできるのです。

肺活量を鍛えておけば、様々な声も出やすくなるので、入る前から鍛えておいても損はないでしょう。

まとめ

声優と聞くとどうしても「声」の特徴のある人がなれると思い込みですがそうではありません。

今では本当にアイドルのような形を取っているような声優の人達が多いので、専門学校もそれに向けた内容を取り入れるところもあるのです。

なので声優を目指したいという人は、声だけではなくダンスや歌なども上達できるように頑張りましょう。

専門学校でも習うことができますが、入る前にしても損はないです。

参考URL・参考文献・根拠など

東京アニメ・声優専門学校
https://www.anime.ac.jp/
実際に声優学校に通っていた同級生からの話しも多少参考にしています

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校