おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優の養成所より専門学校に向いている人の3つの特徴とは?

   

アニメや洋画のアフレコからキャラソン、ライブや舞台の仕事まで幅広い分野で活躍している声優の大多数は、声優の専門学校あるいは養成所を卒業しています。

卒業後に芸能プロダクションや声優事務所に所属したり、フリーで仕事を獲得しています。

では職業を声優にするためには、専門学校と養成所の選択肢がある場合どっちに進む方がいいのか、タイプや特徴別に見ていきます。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優になるための代表的なルートは主に二通りある

子役やタレントではない一般人が声優になるためには、現在主に2つのルートが用意されています。

一般人から声優になるためには、即配役オーディションを受けたりするのではなく、地道にスキル習得を目指すことが近道です。

2種類のルートには、声優の専門学校と養成所があります。

一見声の勉強をするところという似たようなイメージを抱えているケースも多いかもしれませんが、実はこの二通りは結構受講目的が異なっているのです。

では両者の違う部分について見ていきましょう。

声優の専門学校は学業とスキル習得を両立できる

まず声優の専門学校は一般的に学校という区部になり、美術や自動車の専門学校などと同じで特定分野を学ぶ専門学校に属しています。

そのため学校なので規定の授業数をクリアし通学することで、卒業資格を取ることができます。

一般的に専門学校では2年で卒業できる仕組みなので、大学や高校よりも早く卒業することが可能です。

また、授業にも特徴があります。

声優の専門学校では授業は、声優になるための授業だけではなく、国語、数学といった普通の高校などで見られるような授業も併設されることが多くあります。

そのため声の勉強だけではない、基礎的な学力をつけることができます。

学業と声楽や演技に関するレッスン以外も受講できます。

養成所はプロダクションや事務所とのつながりにメリット

一方声優の養成所は、専門学校とは違い声優になるためのレッスン以外は含まれていません。

専門学校はあくまでも学校という枠組みがありその中で声優を目指すという感じですが、養成所では声優になるための下積み期間や場所ととらえることができます。

というのも養成所は、テレビ局や声優の事務所などによって運営されていることがほとんどです。

そのため養成所経由で事務所に所属するケースが多く、職業声優としてのチャンスに馬頭まれ安くなっています。

ただ学校ではないため養成所に通っていても卒業資格など、一般的な経歴を増やすことはできません。

デビューや所属ができなければ受講した年月が履歴書では空白期間になってしまうことも珍しくないのです。

養成所はデビューに恵まれやすくなっていますが、その分声優以外の職種を狭めることにもなり、本気でボイスアクターの仕事をしたい場合でないと通うのは難しくなっています。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

年代や目的などの生徒のそれぞれの特徴

では専門学校と養成所に通っている生徒には、どんな特徴があるか年代や受講目的から見ていきましょう。

それを知ることで、どちらの方がマッチしてるか判別しやすくなります。

若い学生が多く声優だけではない道も模索できる専門学校

専門学校は比較的若い年代が多いのが特徴的で、高校生の年代から20代前半あたりが主力になっています。

勉強を兼ねているため、社会人よりも学生年代がベースになっています。

一般的に声優の専門学校の入学資格には、高校卒業以上あるいはそれと同等の資格を有することと幅広い定義があり、18歳未満でも入学できるところもあります。

若い学生が多いのには、勉強とレッスンを同時にこなすことができてコストパフォーマンスにも優れているからでしょう。

また万が一途中で声優以外の仕事に興味を持っても、途中で方向転換しやすいのも特徴です。

卒業までおよそ2年という短期間なことと、専門学校卒業資格を取れるので、働くにしても学び直すにしても動きやすくなっています。

実力次第で即戦力になれる養成所

養成所は社会人、大学生など学生の生徒も多く、働きながら、あるいは別に大学などに通いながら受講しにきている人が大半です。

養成所では基本的に入学資格という規定はないため、声優になりたいという希望があれば大人でも子供でも門戸は開かれています。

ただ一部の養成所の入学規定の中には、あらかじめ対象年齢が定められていることもあります。

主に20代前後と規定されていることが多いため、遊びや趣味として開校している養成所でないかぎり、生徒となる声優予備軍の年齢幅は決められています。

通学や受講するためのスケジュールの違い

入学や受講をしてから専門学校や養成所はどんなスケジュールが組まれているのでしょうか。

継続的に通うためにはスケジュール的な向き不向きもあり、きちんと通いたい場合は受講日程に合わせ生活する必要があります。

声優職以外の勉強にも時間をとられる場合がある

専門学校は学校と同様に全日制のため、月曜日から金曜日まで通学することが求められます。

授業時間も一日の三分の一程度は占めてしまうため、通学期間は専門学校の日程に合わせ起床時間や就寝時間を考えることが必須です。

また、いくら声優の学校といえど一般授業が行われる場合もあり、声の学び以外に手間暇を取られてしまうパターンもあります。

あくまでも学生としての心構えやスケジュールが必要とされています。

授業も声優を目指す上でのファーストステップ的なものが多く、声の勉強をゼロから始める人も事前学習なくついていける初心者向けの内容になっています。

レッスン日が少ないため基礎練習や自己レッスンは必須

養成所は基礎練習をした上で通うことができるオーディション制の場所なので、レッスンのスケジュールは少なめになっています。

月に四回から八回程度が目安になっています。

ただスケジュールがゆったりしているかといって学べないということはありません。

メディアや声優事務所運営のため授業内容は声優として深くためになることが多く、実践的たったり応用だったり高いスキルを身につけられるようになっています。

そのため自主レッスンなどで演技の基礎ができていないと、レッスンについていけなかったりレベル差を感じてしまうでしょう。

スケジュールがゆとりがあるからこそ、そのほかの時間をどう有効活用するかが大事になってきます。

専門学校経由で声優になるのに適している人のポイント

声優の専門学校経由で声優デビューするタイプには、3つの特徴があります。

その特徴を判断した上で専門学校または養成所を進路選択に入れるのがいいでしょう。

卒業資格を取って幅広い選択肢を持っておきたい

将来や自分自身ために卒業資格を持っておきたい人におすすめです。

専門学校は養成所と違い資格を取ることができ、就職や進路に有利に働くことが多くなってています。

声優とそのほかの夢を迷っている、才能があるかわからないという場合、専門学校に通っている期間を判断期間に充てるのがいいでしょう。

特に若い年代ほど、様々な選択肢を専門学校で持つことができます。

声優になるための基本練習からじっくり学びたい

声優になるための自己レッスン法がわからなかったり、基礎のやり方を知りたい場合、専門学校は初心者にも優しい内容になっています。

声優の予備軍が多い養成所と違って、スキルはばらばらだったり夢への熱意の差は大きくありますが、その分初歩的な学習から始めやすくなっています。

応用の前に基本を知りたい人に向いています。

直近のデビューではなく将来的に活躍できるスキルを養いたい

すぐのデビューではなく二年後や数年の期間を経て声優になりたい人に適しています。

声優所と違ってオーディションは頻繁に用意されていないため、学びに集中できるメリットがあります。

同期などが先にデビューしたり所属したり先を越されて精神的に焦ることもなく、ゆったりと構えてレッスンできるのが特徴的です。

将来的な活躍を目標にしたい場合、専門学校はベーシックなスキルを着実につける場として有効的です。

まとめ

専門学校は学びに特化していて、対する養成所は実践に特化してます。

だからこそ自身のレベルやスキル、本気度に合わせ選択するのがベストな選び方です。

またどちらも受講や入学しないよりもデビューへの近道になっていることは確実です。

そのため声優志望であるならまず自身のタイプに合わせて、受講を早く始めるのが結果的にデビューを早めるこつになるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校