おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優専門学校ならアミューズメントメディア総合学院? その特徴をチェック!

   

声優の専門学校はいろいろなところがありますよね。

だからどこを選べばいいのかわからなくなってしまうことも多いです。

ただ、中には多くの人からおすすめされるような専門学校もある。

その一つが、AMGことアミューズメントメディア総合学院です。

でもこのアミューズメントメディア総合学院には、どんな特徴があるのでしょうか?



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

卒業生の実績が圧倒的

声優専門学校には、多くの声優さんを輩出している学校も多いです。

ただその中でも、アミューズメントメディア総合学院は、すごく多くの有名声優さんを輩出しています。

大切なのは、やはり有名な声優さんを多く輩出しているという点。

ただ声優さんになるだけならば、できることもあるでしょう。

でも食べていかれないのであれば意味がありません。

食べていかれない声優になっても意味がないのですから、食べていけるようになっている声優さんを多く輩出していないとその実績には意味がないということになります。

その点アミューズメントメディア総合学院は安心なのです。

アミューズメントメディア総合学院の主な卒業生

たとえば卒業生には、天元突破グレンラガンのシモン役でおなじみの柿原徹也さんや、伊藤かな恵さん、羽多野渉さん、加藤英美里さん、門脇舞以さん、米澤円さん、本多真梨子さんなどそうそうたる面々が並びます。

もちろんまだまだたくさんの有名声優さんを輩出しているのがアミューズメントメディア総合学院。

これだけの有名声優さんを輩出できるというのは、どう考えても偶然ではありません。

たとえばたまたま一人二人の有名声優さんを輩出することは、どこの専門学校でもあるものです。

でも、毎年のように有名声優さんを輩出するのは偶然ではできない。

そうなるようなカリキュラムがあり、ノウハウがあるからそうできているんです。

もちろんそのカリキュラム、ノウハウで学んだだけで、確実に自分も有名声優になれるかというと、全くそんなことはありません。

そうなれない可能性だって全然あります。

ただ、有名声優になれる可能性がより高いのは、そういうところで学んでいる人です。

将来有名な声優さんになりたいのであれば、より有名声優になれる可能性が高いところに行く方がよいのは、間違いありません。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

75社のオーディションを受けられる

アミューズメントメディア総合学院には、オーディションの数にも特徴があります。

アミューズメントメディア総合学院では、75社ものオーディションを受けることが出来るのです。

それだけの事務所のオーディションを受ければ、どこかしらが直接採用してくれる可能性も高くなります。

それはすごく大きな特徴でしょう。

直接所属率もすごく高い

声優の専門学校をでても、そのまま声優さんになることはできずに、声優事務所の養成所でトレーニングをしないとならないことも多いのが声優界の現状です。

でもそれには当然、お金がかかります。

声優の専門学校に行くだけですでにお金がかかっているのに、そこにさらにお金がかかるのです。

そうしてそこにさらにお金がかかるとなると、中には夢を諦めないといけない方も出てくるでしょう。

声優専門学校は安くないですから、その次にまたお金を払う余裕がない方もいるのです。

だから、できれば直接所属をしたい。

でも、それは簡単ではない。

だからこそ75社も受けられるというのはすごく大きいのです。

それだけ受ければ、どこかしらに引っかかる可能性はすごく高くなりますよね。

経済的な余裕があまりない人には、その点でメリットがあるアミューズメントメディア総合学院はすごくおすすめできます。

直接所属率は7割越え

実際アミューズメントメディア総合学院では、直接所属率は7割を超えています。

つまりほとんどの人が声優事務所の直接所属を勝ち取ることが出来ているということになるのです。

もちろん、自分がそうではない残りの3割になってしまう可能性だって0ではありません。

しかし、残りの3割のうちの半分以上が、養成所への特待生合格になっている。

つまり学費が免除になったりするんです。

合計すると、90パーセント以上が直接所属か特待生になっているわけですから、経済的な理由で夢を諦めないとならなくなる可能性は極めて低いですよね。

それはアミューズメントメディア総合学院の大きな強みです。

インターンシップがあるのも特徴

アミューズメントメディア総合学院は、声優専門学校としては珍しくインターンシップがあります。

インターンシップで現場の雰囲気を実際に感じ取ることが出来れば、実際のオーディションの時などにも緊張しなくなりますし、そこで目をつけてもらい、すごくスムーズに合格できるようになることもあるのです。

またこういうインターンシップがあるということは、それだけ業界とのつながりが濃いということの証拠になります。

それもまた一つの特徴と言っていいでしょう。

どんなインターンシップがあるのか

でも、そのインターンシップではどのようなことをするのでしょうか?

アミューズメントメディア総合学院のインターンシップは、たとえばラジオパーソナリティに挑戦したり、実際にアニメの現場でアフレコをしてみたり、まさにプロと同じことをさせてもらえるものになります。

だからこそその経験が活きてくるのです。

またこのインターンシップを通じて、やっぱり声優として表舞台でやっていくのは辛いなと気が付くこともあるでしょう。

後々にそれにきがつくよりも、この段階で気が付けた方が将来の選択肢は広がります。

そういう意味でも、こうした本格的なインターンシップがあるのは有利なのです。

夜間・日曜コースもある

アミューズメントメディア総合学院には、夜間や日曜コースもあります。

夜間コースや日曜コースがあるということは、より経済的に優しいということになるので、やはり経済的にそこまで余裕がない人にも、アミューズメントメディア総合学院は優しいです。

そしてこの夜間コースや日曜コースを卒業した人でも、プロになれている方はたくさんいます。

ただし夜間日曜コースには難点も

ただこの夜間・日曜コースには、実は30歳未満という年齢制限があります。

なので、30歳以上の方は、このコースで声優を目指すことはできないのです。

声優を目指したいという方の中には、30歳以上の方もいるでしょう。

特に最近では、30歳以上で未経験の分野にチャレンジすることも珍しい話ではなくなってきましたから、30歳以上で声優を目指しても全然不思議ではありません。

でも、アミューズメントメディア総合学院の夜間日曜コースの場合にはそれはできないのです。

夜間日曜コースは、30歳以上の方こそ通いたいコースなのではないでしょうか?

あまり冒険せずに声優を目指したいという方も多いでしょうから、夜間・日曜コースはピッタリなのです。

でもアミューズメントメディア総合学院では残念ながらそれはできないので、別の専門学校の夜間コースなどに通うしかありません。

あるいは、意を決して昼間のコースに飛び込んでいくしかないのです。

まとめ

アミューズメントメディア総合学院は、声優専門学校の中でも特におすすめできます。

やはり圧倒的に所属率が高いというのはすごく大きいですし、インターンシップがあるというのも大きいです。

確かに夜間コースには難点もありますが、そもそも昼間のコースに通おうと思っていた人にとってはそれもあまり関係はありません。

多くの人におすすめできる専門学校なのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校