おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優専門学校のスキルはほかの職種に就く時に役立つ?

   

声優を目指すために声優専門学校に入学した方の中には、在学中に声優以外の職種が気になってくることがあります。

声優専門学校ではプロに必要なスキルが身につきますが、声優独自のスキルは身につくもののほかの職種に役立つスキルは身につくのでしょうか。

ここでは、声優専門学校のスキルはほかの職種に就く時に役立つのかを見ていきたいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

声優専門学校ではどんなスキルが身につくのか

プロの声優に必要なスキルはほかの職種に比べて特殊なので、専門的な事柄をしっかり学ぶことができる声優専門学校がおすすめです。

声優専門学校では、具体的にどんなスキルが身につくのでしょうか。

アフレコのスキル

アフレコは声優に必要なスキルのひとつで、アニメ作品の登場人物の声を担当することで作品を完成させることができます。

登場人物の様子や口の動きに合わせて台詞を入れるアフレコの作業によって、思わず感情移入してしまう魅力的な登場人物となるのです。

登場人物の声が魅力的であるほど、作品を見る多くの方からの注目度も高くなるため声優はやりがいのある職種です。

発声のスキル

声優専門学校では本格的な発声のスキルを身につけることができます。

通常の会話をする時にお腹から声を出すことは少ないかもしれませんが、声優は作品の内容に合わせて時には大きな声を出すこともあるので、正しい発声方法を身につける必要があるのです。

プロの講師についてレッスンを積み重ねることで、正しい発声方法を身につければ声による幅広い表現が可能となります。

演技のスキル

声優専門学校では演技のスキルを学ぶことができますが、俳優でもないのにどうして演技のスキルが必要なのか不思議に思う方がいるかもしれません。

その理由は、声優は声ひとつでアニメ作品の登場人物達の感情を表現する必要があるからです。

俳優は声も含めて全身を使って演技をすることが可能ですが、声優は声しか使うことができません。

声に感情を込める独自のスキルが必要となるため、声優専門学校では演技について学ぶのです。

また、声優と同時に俳優を目指すためのコースもありますが、このようなコースは演技の授業もより密度が濃い内容となっています。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

声優専門学校卒業後に就ける職種とは

声優専門学校卒業後に多くの方は声優の道を目指すことになりますが、選択するコースによっては別の職種を目指すこともあります。

声優専門学校を卒業後、声優以外にどんな職種を目指すことができるのでしょうか。

アナウンサー

声優専門学校の中には声優に必要なスキルだけではなく、アナウンサーに必要なスキルを磨けるところがあります。

正しく原稿を読み上げるスキルなど、アナウンサーは声優と同じ声を使う職種でありながら仕事内容にやや違いがあるので、在学中はアナウンサー独自のスキルをしっかり身につけておく必要があるのです。

司会者

声優専門学校は、声を生かした職種を目指せるカリキュラムとなっています。

司会者は番組の進行を担当して全体をまとめる大切な役割を持っていますが、声にまつわるスキルだけではなく、番組の参加者と円滑にコミュニケーションをとるスキルが必要となります。

コミュニケーション能力を磨く授業内容が含まれていることもあるので、仕事を通して多くの方と接することを楽しむことができます。

俳優

俳優は映画や舞台など幅広い分野で活動できる職種です。

声はもちろんのこと表情や身体の動きによって演技するので、トータル的な演技力を身につける必要があります。

また、俳優は多くの方から注目される職種でもあるので、授業を通して身のこなしなど自分の魅力をアピールするためのスキルを身につけることができます。

声優専門学校で身につけたスキルが役立つ職種とは

声優専門学校で身につけたスキルを使って、声にまつわる幅広い分野で活動することができます。

しかし、声優専門学校に在学中の方の中には、学ぶ途中で一般的な職種に就くために進路変更したくなる方がいるかもしれません。

声優専門学校で身につけたスキルは、ほかの職種に就きたい時に役立つことはあるのでしょうか。

販売員

販売員は幅広い分野の商品の販売を促す大切な役割を持つ職種です。

接客を通して商品の魅力を伝えたり、お客様とのコミュニケーションを通して満足がいくお買物を楽しんでもらう必要があります。

場の空気を読んで臨機応変に対応するスキルや魅力的な立ち振る舞いなどのスキルが必要となりますが、声優専門学校で身につけたコミュニケーションのスキルや表現力のスキルは、販売の仕事に大いに役立ちます。

営業職

営業職は自社の商品やサービスを広く伝える大切な役割を持っています。

多くの人と接する職種であるため高いコミュニケーション能力が必要となりますが、第一印象が商談の成功を大きく左右するため、商品やサービスの知識を完璧に把握するだけではなく、自分の見せ方を熟知しておく必要があります。

声優専門学校で身につけた表現力や身のこなし方などは営業職で大いに生かすことができるでしょう。

テレホンアポインター

声にまつわる職種は声優・アナウンサー・司会者・ラジオのDJなど特殊なものが多いですが、テレホンアポインターは一般的な職種のひとつで声ひとつで仕事をこなします。

声で好感度を高めたり顧客が満足する接客をする必要がありますが、声質だけではなく言葉の選び方や声に込められた人柄などによって業績に違いが出てきます。

テレホンアポインターのお仕事は、声優専門学校で身につけた発声のスキルや表現力、コミュニケーション能力など幅広いスキルを役立てることができます。

声優専門学校卒業後に声優以外の職種を目指す時の方法

声優専門学校で学ぶ様々なスキルは、声優の仕事だけではなく一般的な幅広い仕事に役立てることができます。

声優以外の職種に就きたくなったとしても、在学中に身につけたスキルを生かせる職種があるので学んだことは無駄になりません。

声優専門学校を卒業後に声優以外の職種を目指すにはどうしたら良いのでしょうか。

在学中に一般的な職種に就くための就職活動をする

声優を目指す場合には、在学中にオーディションを受けて合格することでプロダクションに所属します。

しかし、声優以外の一般的な職種を目指す場合には、雑誌やネットなどで求人情報を収集する必要があります。

声優専門学校で学んだスキルが生かせる職種であれば、身につけたスキルを使ってやりがいを持って仕事に取り組めるでしょう。

自分の魅力を伝えるための面接の練習をする

一般的な職種に就くためには履歴書を丁寧に作成する必要がありますが、面接でいかに自分をアピールするかが大切な要素となります。

面接に緊張してしまう方が多いと思いますが、事前に自分の魅力を上手に伝えるための面接の練習を積み重ねておくことによって面接の成功を目指すことができるでしょう。

職種によっては声優専門学校で身につけたスキルが役立ちますが、声優専門学校を卒業しているということも面接の際に注目される可能性があります。

まとめ

声優専門学校を通して身につけるスキルは特殊なものばかりなので、一見すると一般的な職種を目指す時に役に立たないように感じてしまいますが、実は様々な職種に生かすことができます。

コミュニケーション能力や表現力などは、実は様々な職種で役立つスキルなのです。

声優専門学校で学んだことは無駄にならないので、進路変更する場合でも目の前の授業に真剣に取り組むことが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ