おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優関連の専門学校のメリットやデメリット!おすすめの高校も紹介!

   

声優を目指す場合には、多くの方たちが専門学校へ入学しようとしますが、実は高校の時から声優のスキルを習得できる所もあるのです。

しかし、専門学校と高校のどちらが有利なのか分からない方もいるでしょう。

そこで、専門学校のメリットやデメリットを説明しながら、おすすめの高校を3校まで紹介するので、参考にしてみて下さい。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

専門学校のメリットやデメリット

声優に関連する専門学校のメリットやデメリットを把握しておけば、専門学校と高校のどちらのほうを選んだら良いのか決めやすくなります。

それでは、専門学校のメリットやデメリットとは、どのようなものか解説しましょう。

メリット

声優に関連する高校は、基礎的な学力である国語や数学まで学ぶ必要があるので、発声練習やオーディション対策を講じる時間が足りなくなってしまう可能性があります。

それに引き換え、声優の専門学校は、発声練習やオーデシィション対策だけに時間を使う事ができるので、集中的にスキルアップする事ができるのです。

そのため、国語や数学などを勉強する必要がないので、集中的に声優のレッスンだけを受けたい方は、高校よりも専門学校で声優のスキルを習得する方法がおすすめです。

デメリット

高校は、様々な授業を受ける必要があるので、声優に関連する授業に時間をあまり使う事はできませんが、専門学生よりも3年も早く声優としてのスキルを習得する事ができるのです。

発声練習やオーディション対策などの時間が少ないとは言え、3年も早く始められるのは、大きなメリットです。

それを考えたら、専門学校から学ぼうとするのは、多くのライバルたちに遅れを取ってしまうというデメリットがあるので、注意する必要があるでしょう。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院には『声優タレント科』があって、声優のスキルを習得できる上に、オーディション対策を講じる事もできます。

そこで、早めのうちにスキルを学んでみたい方たちのために、どのような授業内容やオーディション対策が行われているのか紹介しましょう。

レッスンの内容

本校の授業では『腹式呼吸』の練習が行われていて、声帯にあまり負担をかけないで、イメージ通りの発声が行えるように指導がされています。

腹式呼吸をあまり行なっていない状態で、声帯に大きな負担をかけて、強引に発声練習をしていたら、イメージ通りの発生ができなくなってしまうので注意しなければいけません。

そのため、本校で腹式呼吸を行うメリットは大きいのですが、このスキルは簡単に習得できる訳ではないので、何回も練習する事が重要です。

オーディション対策

オーディション対策では、入室する方法から課題発表まで行われています。

実際に、声優になるためのオーディションでも、礼儀作法がしっかりと行えなかったら、不合格になる可能性が高いので注意しなければいけません。

そのため、本校のオーディション対策を受けておく価値があります。

さらにオーディション対策では、質疑応答まで行われるので、本番ではあまり緊張しない状態で行う事ができるのです。

個人差があるので、多少は緊張する可能性もあり得ますが、何も行なっていない状態よりは、万全の体制で臨めるメリットは大きいです。

外画の吹き替え

声優を目指している方たちの中には、アニメやゲームのキャラクターの声を吹き込む仕事ばかりをイメージしてしまうでしょう。

確かに、アニメやゲームのキャラクターに声を吹き込むプロの声優は多くいますが、その他にも外画に声を吹き込む声優も多いのです。

最近では、芸能人が声優の仕事をしている場合もありますが、依然としてプロの声優が外画の声を吹き込んでいるケースは多くあります。

外画にも声を吹き込む練習をしておけば、プロになってから様々な仕事を引き受けられるので、安定した収入を得る事も可能です。

ヒューマンキャンパス高等学校

ヒューマンキャンパス高等学校は、短期間でスキルアップできるような取り組みを行なっている上に、学びやすい環境を整えているので、詳しく解説しましょう。

プロの講師が指導

短期間でスキルアップできるようになっているのは、本校ではプロの講師が指導を行なっているからです。

実際に、プロでもない講師が指導している場合には、短い学習期間ではしっかりとしたスキルを習得するのは難しいです。

もしも、限られた学習期間でスキルアップできなかったら、高校を卒業した後に、新たに専門学校へ入学する必要も出てくるので注意しなければいけません。

そして、授業内容は、表現演習・アテレコ・ナレーションなどの指導が行われているので、様々なスキルを習得する事もできます。

太いパイプ

日本の専門学校であれば、太いパイプを持つ所は多いのですが、高校では業界と太いパイプを持っている所は多くありません。

ところが、本校は高校なのに太いパイプを持っていて、青二プロダクション・アクロス エンタテインメント・EARLY WING・AIR AGENCYなどが協力してくれるので、学びやすい環境を整えているのです。

ただし、油断をしていたら、スキルを習得しない状態で卒業してしまう可能性もあるので、自分自身が努力をする事も重要になります。

声優ワークショップ

本校では『声優ワークショップ』も行われていて、プロの声優が参加しています。

専門学校では、プロの声優が指導している所はいくつかありますが、高校でプロの声優と会える所は多くないのが実情です。

そのため、早めのうちからプロの声優に会ってみたい場合には、ヒューマンキャンパス高等学校へ入学してみる事をおすすめします。

実際に、プロの声優に会う事ができたら、業界で活躍するためには何が必要なのか聞く事も可能です。

東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校

東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校では、声優としてのスキルを習得できるだけではなく、基礎的な学力を身に付ける事もできます。

そのような学校では、どのような授業が行われているのか説明するので、確認してみて下さい。

W教育

本校の高等課程では、基礎学力(国語・数学・英語・社会)を受ける事ができるので、声優になれない場合でも一般企業で就職する事が可能です。

高等課程では『大学入学資格付与指定校』でもあるので、途中から進路を変える事もできます。

実際に、プロの声優を目指しているライバル達は多くいるので、万が一の事を考えて基礎的な学力を身に付けておく事は魅力的なポイントです。

覚える事は多いので、大変ではありますが、将来の事が不安な方は、本校へ入学するメリットは大きいでしょう。

実践的なスキルを習得

声優としてのスキルを習得しても、業界で即戦力として活躍できなければ、仕事をもらえなくなってしまいます。

本校では、驚くべき事に現場で仕事を体験できる環境を整えているので、即戦力として活躍する事も十分に可能です。

業界で働いた経験は、自信にもつながるので、デビュー活動を有利に進める事もできます。

ただし、基礎的な学力も身に付ける必要があるので、自分から率先的にトレーニングを積まなければ、実践的なスキルを習得できない可能性もあるので注意して下さい。

まとめ

声優になるためには、高校から学ぶべきか、専門学校で学ぶべきか悩んでしまう方は多いでしょう。

実際に、高校と専門学校はそれぞれ一長一短あるので、自分に合うほうを選ぶ事が重要です。

例えば、覚える事が多くても早めのうちに声優としてのスキルを学びたい場合には、声優関連の高校へ入学するほうがおすすめです。

それに引き換え、集中的にトレーニングを積みたい場合には専門学校へ入学したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校