おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

多くの液晶モニタの中から自分に最適な液晶モニタを選ぶには

   

I-O DATA モニター ディスプレイ 20.7型 EX-LD2071TB  (ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)

液晶モニタにはさまざまなモデルがありますが、購入する場合にはまずはどのような場面で使用するのかを想定した選び方をするようにしましょう。

初めて液晶モニタを選ぶ場合は、簡単にすぐに決めることができないかもしれませんが、インターネットの口コミなどを駆使して、自分のスタイルに合った液晶モニタを選ぶようにしてみましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶モニタの欠点を克服した選び方

液晶モニタのメリットとは

液晶モニタの最大のメリットは、画面サイズ自体をとても薄く作ることができることでしょう。

一般的なモニタに比べると、半分以下のサイズまで薄くさせることができます。

さらに消費電力がとても少ないことも大きなメリットだと言えます。

こうしたメリットを考慮した上で液晶モニタを選べば、購入時の失敗を防ぐことができるようになるでしょう。

液晶モニタの欠点も理解しておく

こうした万能な液晶モニタですが、欠点もあります。

最大の欠点とされているのが、応答速度が遅くなってしまい、とても速い動きのあるシーンについては残像感が残ってしまうことでしょう 。

スポーツ観戦などでは、どうしてもちらつきがあるのが液晶モニタの欠点です。

最近ではこうした欠点を克服しているモデルも多く発売されていますので、購入時にはチェックポイントとしておくべきでしょう。

また、コントラストが低くなってしまい立体的な映像表現については表示に難があることも欠点です。

明るい部屋で見ている場合には感じにくいかもしれませんが、部屋を暗くして見ているとどうしても画面の黒い部分が浮いて見えてしまいます。

暗い映像などは見え辛くなってしまい、ストレスを感じてしまうでしょう。

こうした欠点についても最近の液晶モニタは克服している傾向にありますので、多くの欠点を理解した上でその欠点を克服しているモデルを購入するように心がけ ましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶モニタの種類

フルハイビジョン

フルハイビジョンとは、横1920ピクセルであり、縦1080ピクセルの画素を持つ液晶モニタを示しています。

フルHDと表記されている場合もありますが、ほとんどのメーカーではフルハイビジョンと表記されているでしょう。

一昔前は、標準ハイビジョンまでが主流だったため、さらに上を行くフルハイビジョンはとても高価な液晶モニタでした。

そのため購入するにはなかなか手を出すことはできなかったでしょう。

しかし、フルハイビジョンも標準的なモデルになっていますので、比較的購入しやすい価格になってきています。

4K

4Kはまさに今主流となりつつある種類です。

4Kのメリットはその画素数にあります。

横3840、縦2160の画素で構成されていおり、今までのハイビジョンでは現すことができない細かな部分まで鮮明に表現することができるようになってきました。

しかし、まだまだ高価な部類に入ることや、使い勝手が未熟であること、そしてデータ要領が膨大になってしまいそのデータ量を保管させることができるハードが追いつかないことなどのデメリットもあります。

4Kはとても魅力的な部分も多くありますが、デメリットもあることも知っておきましょう。

液晶モニタの上手な選び方

ビジネスで使用する液晶モニタを選ぶ場合

液晶モニタをビジネスで使用することを前提として選ぶ場合、ビジネスのスタイルにもよりますが比較的安価なモデルでも十分だと言えるでしょう。

液晶モニタの最大の欠点は素早い動きのちらつきです。

そのためこうした素早い動きになる動画を閲覧するようなことがない限りは、とくに高価なモニタにこだわることは必要ないと言えます。

しかし、液晶モニタの表面の加工には注意して選ぶべきでしょう。

液晶モニタには表面が反射してしまうタイプと、マットなギラツキが抑えられたタイプがあります。

仕事で使用する場合には、長時間画面を見ることを想定して表面がマットなタイプを使用するのが一番でしょう。

ゲームで液晶モニタを使用する場合

ゲームで液晶モニタを使用する場合には、できるだけ画面のちらつきを抑えられるタイプを購入するべきでしょう。

画面のちらつきは、目にとても大きな負担を受けてしまいます。

とくに長時間のゲームになった場合には、目だけだけではなく頭痛を伴うこともあります。

また、ゲームだけではなく映画などを見る場合にも画面のちらつきは大きな負担になってしまいます。

少し高価になったとしても、できるだけ性能の良いと液晶モニタを購入するべきです。

おすすめの液晶モニタ3選

iiyamaProLiteXUB2790HS

iiyama モニター ディスプレイ XUB2790HS-B2 (27インチ/フルHD/昇降スタンド/スリムベゼル/HDMIx1/DVI-Dx1/D-subx1)

iiyamaProLiteXUB2790HSは、液晶モニタのベーシックモデルだと言える存在です。

おすすめできる一番の理由は、日本の液晶メーカとしてイイヤヤマは老舗メーカーだと言える部分です。

長期的に使用しても安心感を感じることができるのは、やはり日本のメーカーが一番でしょう。

また、パネルは視野角の広いIPSパネルを採用しており、さらに目に優しい液晶モニタとしての基準もしっかりとクリアーしています。

解像度はフルHDなので、とても細かくそして美しい表示を実現しています。

全体的に大き目の文字表示が可能なので、年配の人にも優しい液晶モニタだと言えます。

応答速度もとても早く、高速なゲームや動画でもストレスなく使用できます。

そして画質調整も細かく行えるため、自分に合った表示を行うことができます。

LGエレクトロニクス27MP38VQ-B

LG 27MP38VQ-B IPS LED HDMI Monitor by LG

LGエレクトロニクス27MP38VQ-Bの魅力は、価格がとてもリーズナブルなことでしょう。

安い価格にも関わらずとても高性能な液晶モニタなので、ざまざまなシーンで活用することができるでしょう。

IPS液晶を採用し、応答速度も高速にも関わらず他の液晶モニタよりも安価なのでこのモデルを購入した方が得だと感じるでしょう。

また、全体的な性能のバランスも良いのでとてもおすすめのモデルです。

EIZOFlexScanEV2780-WT

EIZO FlexScan 27.0インチ ディスプレイ モニター (WQHD/IPSパネル/ノングレア/ホワイト/5年間保証&無輝点保証) EV2780-WT

EIZOFlexScanEV2780-WTは、日本の高級液晶モニターメーカーとして有名です。

パネル品質は、まさに最高だと言われる物を使用しており、視野角の広いIPSパネルにはとても高い評価が付いています。

目に優しい液晶についても、当たり前のように基準はクリアーしています。

解像度については2K解像度に対応しており、フルHD対応機に較べてもワンランク上の綺麗な画質を楽しむことができるようになっています。

小さな文字もストレスなく見ることができますので、とくに仕事として活用するにはぴったりの液晶モニタです。

応答速度についても申し分ない能力を持っています。

スポーツゲームやシューティングゲームなどのスピードあるゲームでも一切ストレスは感じないでしょう。

画質調整も細かな調整ができ、明るさセンサーが内蔵されていますので、部屋の明るさに応じてちょうど良い画質や明るさに自動調整してくれます。

多くの液晶モニタがりますが、とくにレベルの高い物を探しているのであればおすすめです。

まとめ

液晶モニタの価格はまさにピンキリだと言えます。

とても高価なモデルもたくさんありますが、比較的安価な価格で購入できるモデルもたくさんあります。

重要なことは、どのような使用目的であるかです。

仕事で使用するのか、プライベートのゲームなどを想定して使用するのかなど、まずは目的別に分けて選ぶようにしてみましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ