おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

夢を諦めたくない!社会人の方におすすめの夜間アニメ専門学校の選び方

   

アニメが好きでアニメ業界で働きたいという夢を持っている方がいます。

しかし、すでに社会人として仕事をしている方の中には、今から必要なことを学ぶのは遅すぎるのではないかと悩んでいる方もいるようです。

そんな時は、社会人の方でも無理なく通える夜間アニメ専門学校で学んでみると良いでしょう。

ここでは、社会人の方におすすめの夜間アニメ専門学校の魅力や学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

夜間アニメ専門学校の魅力をご紹介します

社会人の方でも働きながらアニメについて学べる

一般的なアニメ専門学校は時間割に沿って昼間に学校に通う必要があるので、働いている社会人の方は思うように授業に参加できません。

しかし、夜間アニメ専門学校なら、昼間は働いていて学校に通えない方でも仕事が終わった後で学校に通うことができるので必要なスキルを身につけることができます。

社会人の方の中には、専門学校に通うために仕事を辞めてしまうと生活できなくなってしまう方もいるので、夜間アニメ専門学校なら思い切った決断をすることなく働きながら安心して学校に通えます。

プロの現場を知り尽くした講師からスキルを学べる

夜間アニメ専門学校の中にはプロの現場を知り尽くした講師が在籍しているところがあります。

学生としてただアニメについて学ぶのではなく、経験を積んだプロを通して実践的なスキルが学べるのでプロの現場で働き始めることに対する不安を軽減できます。

アニメ業界は華やかな印象がありますがアニメ制作現場は緻密な作業の連続なので、コツコツと作品に向き合うための高度な技術を身につける必要があります。

現場を知っている講師から学べば業界で役立つスキルをしっかり身につけることができます。

アニメ業界のプロに必要な実践的なスキルが学べる

夜間アニメ専門学校ではアニメ業界でプロとして仕事をするために必要な、基礎と応用を身につけていきます。

在学中にプロに必要な画力を身につけることで、いざプロの現場に入って仕事をする時に安定的に仕事をこなすことができます。

原画や動画の基本的なスキルを身につけた上で、人を惹きつけるストーリー作りのコツなどアニメにまつわる幅広い分野について学んでいきます。

働きながら夢に向かって歩めるので毎日が充実する

夜間アニメ専門学校では多くの社会人の方が必要なスキルを学んでいます。

現在は別の仕事をしていたとしても、必要なスキルを学んだ後にアニメ業界への転職の道が開けるので夢に向かって充実した毎日を過ごすことができます。

また、同じ目標を持つたくさんの仲間達との出会いもあるので、夢を叶えるためにお互いを励ましあうことができます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

社会人の方におすすめの夜間アニメ専門学校の選び方

体験授業がある専門学校を選ぶ

体験授業がある夜間アニメ専門学校を選ぶことで、実際に学校で学ぶ時のイメージが掴みやすくなります。

体験授業では、パソコンを使って実技的な授業を受けたり、社会人の方が働きながら学ぶための相談会が開かれたりするなどバラエティに富んだ内容となっているので、入学前に授業内容や学び方への不安を取り除くことができます。

体験授業ではこれからアニメについて学び始めるたくさんの方とコミュニケーションがとれるので、ワクワクしながら参加できるでしょう。

夜間と週末のコースがある専門学校を選ぶ

夜間アニメ専門学校は主に夜間クラスが設けられていますが、中には週末コースなどもあるので幅広い職種の方が専門学校に通いやすいのです。

すべての方が朝9時~夕方5時まで働いているわけではなく、サービス業などはシフト制で働くので夜間も仕事をしている場合があります。

そんな時、週末など休日を利用して学べるコースがあれば、仕事と専門学校の両立がしやすくなります。

就職活動に有利なスキルが学べる専門学校を選ぶ

アニメ業界は学歴ではなくどれくらい即戦力があるかを見られるので、履歴書の内容以上に作品をファイルしたポートフォリオの内容が重視されます。

ポートフォリオにはできるだけ完成度が高い作品をファイルしておくことをおすすめしますが、夜間アニメ専門学校ではプロに必要な画力をしっかり学ぶことができるので、完成度の高い作品作りを目指すことができます。

プロの現場で学べる専門学校を選ぶ

夜間アニメ専門学校に通う際に、教室で学生として学ぶことも大切ですがそれと同時に実践的なスキルを磨くことも大切です。

専門学校の中には実際にプロの現場で学べるところがあるので、プロとして働くことについてイメージしやすくなります。

イメージと現実には違いがあるので、実際にプロの現場でスキルを磨くことで現実的な視点から夢に向かって歩んでいくことができます。

報奨金を得られるコースがある専門学校を選ぶ

夜間アニメ専門学校の中には、学校でアニメの基礎や応用など必要な技術を学んだ後にインターンシップを通してプロの現場で制作に携われるところがあります。

プロの現場に身を置くことで、現在の自分に必要なスキルは何か具体的に把握できるので、プロとして働く前にスキルアップが目指せます。

中にはインターンシップで報奨金を得られるアニメ専門学校もあるので、やりがいを持って学ぶことができます。

アニメ業界にはどんな職種があるのか

アニメーター

アニメ業界にはアニメの制作に携わるアニメーターの職種があります。

高度な技術が必要となるので、アニメーターを目指す方はアニメ専門学校でプロの講師からアニメの原画の制作にまつわる知識や技術を基礎から応用までしっかり学ぶと良いでしょう。

アニメーション作家

アニメーションは多くの人を惹きつける物語があってはじめて成り立ちます。

魅力的なストーリーの作り方などの基本はもちろんのこと、個性を最大限に発揮する職種なので、自分ならではの世界観を持っていることも大切です。

アニメ作品の色彩設定

アニメ作品には膨大な数の色が使われています。

色彩設定の仕事は、アニメ作品に使用する色を指定したり、実際に着色したりする仕事で重要なポジションのひとつなのです。

アニメ業界に就職するまでの流れを紹介します

①アニメ専門学校で実践的なスキルを学ぶ

アニメ業界で働くためには、いきなり面接を受けて現場で仕事を覚えようとしても難しい場合があります。

現場では即戦力が求められるので、内定のためには夜間アニメ専門学校で基礎や実践的なスキルをしっかり身につける必要があります。

②在学中にアニメ作品のポートフォリオを制作する

夜間アニメ専門学校では在学中に身につけたスキルを通してアニメ作品のポートフォリオを製作します。

アニメ業界に初めて進む方は仕事に関する実績がないので、ポートフォリオの内容が内定のための重要な鍵となります。

③求人情報をもとに働きたいプロダクションを選ぶ

夜間アニメ専門学校にはアニメ業界の求人情報が集まってくるので、それらの情報に一通り目を通して自分が最も働きたいと思えるプロダクションを絞り込む必要があります。

④ポートフォリオ持参で面接を受けにいく

働きたいプロダクションが決まったら、決められた日時に面接を受けに行きましょう。

その際には履歴書と作成しておいたポートフォリオを忘れないように持参します。

まとめ

社会人の方の中には、本当はアニメ業界に進みたかったけれど何らかの理由で別の仕事に就いている方がいるかもしれません。

夢に近づくためには迷っているだけではなく、具体的な行動を起こして悔いを残さないようにすることが大切です。

夜間アニメ専門学校は社会人の方に最適なコースが揃っているので、働きながら夢に向かって進んでいくことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ