おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

夢実現の鍵とは?声優専門学校でオーディション合格を目指せる?

   

声優になるために何から始めたら良いのか分からないという方がいます。

一般的な職種のように求人情報をもとに面接を受けるやり方と違って、声優になるにはオーディションに合格する必要があるのです。

オーディションの合格を目指すには、声優専門学校でプロに必要なスキルを磨くという方法がありますが、ここでは、声優専門学校でオーディション合格を目指せるのか見ていきたいと思います。

私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優のオーディション内容とは

声優はオーディションの連続の職種で、プロダクションに所属するためのオーディションや所属後もアニメ作品の役を勝ち取るためにオーディションを受ける必要があるのです。

オーディションに合格することが声優として活動するための鍵となりますが、オーディションはどのような内容となっているのでしょうか。

書類審査

数多くの人が声優を目指すためにオーディションを受けるので、まずは書類審査を経て候補者が選抜されます。

つまり、書類審査を通過しなければ、自己紹介や身につけたスキルを生かして能力をアピールする機会を得ることができないのです。

書類審査を通過するためには、魅力的な自分の写真を添えて、綺麗で読みやすい字で自分の個性をアピールした書類を作成する必要があります。

原稿をテープに収録して送る

書類審査を通過したら、オーディションを主催する側から送られてきたオーディション用の原稿をもとに声をテープに収録して送ります。

ただ原稿を読みあげるだけなら素人でもできますが、合格するための収録内容にするには人の心に響く表現力が必要となります。

求められる内容を的確に表現できるスキルが身についているかオーディションで判断されます。

スタジオでのオーディション

すべての審査を通過したら、ようやくスタジオでのオーディションが行われます。

クライアントの目の前で自己紹介をした後、オーディション内容に沿って自分を表現していきます。

求められるイメージを的確に声で表現するスキルや、場合によっては演技や歌唱力が見られることもあるかもしれません。

私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

オーディション合格にはどんなスキルが必要なのか

オーディション内容は主催者側によって大きな違いがあるので、どのような人材が必要とされているかあらかじめよく把握しておくことが大切です。

どのような事柄を求められた場合でも柔軟に対応できるようにしておくことで、オーディション合格を目指すことができるでしょう。

原稿を正しく魅力的に読むスキル

オーディション内容は主催者側によって違いがありますが、基本的なものとして原稿を正しく読むスキルが必要となります。

また、声ひとつで多くの人を魅了するスキルも必要なので、原稿をただ読むのではなく自分の声の魅力が引き立つような読み方を研究する必要があります。

クライアントの意図にそぐわない場合には合格できないので、激しく自己主張するのではなく相手から何を求められているか読み取る能力を磨いておくことが大切です。

声ひとつで感情を表現するスキル

声優はアニメなどの作品に命を吹き込む重要な職種で、声ひとつで感情を表現する高いスキルが必要となります。

発声の基本はもちろんのこと、演技などの表現力を磨くことも大切で、オーディションという短い時間の中でこれまで身につけてきたスキルを生かして100%実力を出しきることが合格のための秘訣です。

ルックスと個性を生かして表現するスキル

声優は声を生かした職種ですが、近年では話題作の主人公の声を担当した声優が注目されることが多く、メディアへの露出の機会が増えることがあります。

メディアを通して多くの方から注目されるので、ルックスと個性を生かして自分をうまく表現するスキルが必要となります。

個性に惹かれた方から応援されることが多くなれば、活躍の場も広がることでしょう。

声優専門学校ではどんなスキルが身につくのか

声優専門学校ではプロの声優に必要な基本的スキルと応用的スキルを学んでいきます。

プロの講師から指導を受けることで、これまで声優について学んだことがない方でも効率良く必要なことを身につけることができるのです。

声優専門学校ではどのようなスキルが身につくのでしょうか。

声を使って表現するスキル

声優専門学校では声を使ったありとあらゆるスキルを学んでいきます。

コースによって声優と歌、声優と演技、声優とダンスなど学ぶ内容にやや違いがあるものの、声優に必要なスキルはどのコースでも身につけることができます。

それぞれのコース独自のレッスンを通して、声を使って表現するスキルを身につけることができます。

アニメや映画のアフレコのスキル

声優はアフレコという独自のスキルを身につけることで、スタジオで収録する仕事をこなすことができます。

映像の中の登場人物の口の動きや表情に合わせて声を入れるスキルは、練習を積み重ねることが大切ですが声優専門学校ではカリキュラムに沿った効率が良い学習方法でプロに必要なスキルを磨いていきます。

コースによって演技や歌のスキル

声優専門学校のコースによっては、演技や歌などの高いスキルを身につけることができます。

声優を目指すと同時に俳優や歌手の分野での活動を視野に入れている方であれば、自分の希望に合ったコースを選ぶことをおすすめします。

より専門的な分野のスキルが身につくコースを選択することで、声優の仕事と共に幅広い内容の仕事依頼を受けることができます。

声優専門学校でオーディション合格を目指せるのか

声優専門学校ではプロに必要なスキルを磨きながら、オーディション本番で力を出しきるためのレッスンを積み重ねます。

声優のレッスン初心者の方でもカリキュラムに沿って効率良く学んでいくので、安心してオーディションに臨むことができますが、どのような方法で合格を目指すのでしょうか。

プロと同じ環境でレッスンすることで合格を目指す

スタジオオーディションが実施されることがありますが、声優専門学校ではプロと同じ環境で学ぶための設備が整っています。

専門学校でプロと同じ環境でレッスンを繰り返すことで、オーディション本番でも慌てることなく課題に集中して合格を目指すことができます。

発声・歌・ダンスなどのレッスンで合格を目指す

オーディション内容によっては、原稿を読むだけではなく歌やダンスなどを披露する機会があるかもしれません。

歌やダンスのスキルをまったく身につけていない場合、声優としてのスキルはあっても不合格になってしまうことがあります。

声優専門学校では、声優のスキルと並行して歌やダンスなどのレッスンが実施されるところもあるので落ち着いてオーディションに臨んで合格を目指すことができます。

生徒一人ひとりに対するサポートで合格を目指す

声優は声を使って個性を発揮する仕事なので、声優専門学校では生徒一人ひとりの個性を大切にした指導が行われることがあります。

声の特徴をもとに目指すべき方向性が定まることがありますが、プロの講師のアドバイスをもとに最適な方向性が目指せるので自分を生かすことができます。

生徒一人ひとりに対するサポートによって、オーディション合格を目指すことができるでしょう。

まとめ

声優になるためには数多くのオーディションを受けることになりますが、オーディションに合格するためには日頃からプロに必要なスキルを磨いておくことが大切です。

声優専門学校では整った環境の中でプロに必要なスキルを身につけていくので、効率良くオーディション合格を目指すことができます。

競争率が高い業界だからこそ、在学中に真剣にレッスンを積み重ねてオーディション本番に備えると良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校