おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

好きなブラントのファッションデザイナーを目指すためのデザイン専門学校の選び方

   

好きなブランドのファッションを身に纏うだけでハッピーな気分になります。

お洒落好きな方の中には、将来好きなブランドのファッションデザイナーになる夢を持っている方がいるかもしれません。

ファッションデザイン専門学校はプロを目指すために必要なことを学ぶのに最適な環境ですが、どの学校を選べば良いか迷ってしまうことがあります。

ここでは、ファッションデザイナーを目指すためのデザイン専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

好きなブランドのファッションデザイナーになる方法

好きなブランドのファッションアイテムのデザインを自分自身で手掛けることができれば、アイテムを商品化することで自分だけではなく多くの人を幸せな気分にすることができます。

ファッションデザイナーは憧れの的の職種ですが、どのような方法で目指せば良いのでしょうか。

ブランドの販売員として働きながらデザインを勉強する

好きなブランドのデザイナーを目指すには、ブランドのコンセプトやテイストを理解する必要があります。

好きなブランドのショップで働きながらデザインを勉強することで、商品知識を入れた上でファッションデザイナーを目指すことができます。

ファッションデザインについて学べる夜間クラスがあるデザイン専門学校なら、働きながらデザイナーを目指すことができます。

ブランドのデザイナーのアシスタントとして働く

実践的なスキルを磨きながら好きなブランドのデザイナーを目指すなら、デザイナーのアシスタントとして働きながら必要なスキルを身につけるという方法もあります。

運よくアシスタントを募集している場合もあれば、そのような求人がないこともあるので、自ら担当者に連絡をしてアシスタントとして働きたいという意志を伝えるなど、本気でデザイナーを目指したいという気持ちを行動に移すことで道が開かれる可能性があります。

専門学校の求人を通してデザイナーとして就職する

ファッションデザイン専門学校にはたくさんの求人情報が集まるので、憧れのデザイン業界への就職も夢ではありません。

人気が高いブランドのファッションデザイナーを目指す場合、競争率が高いのでプロに必要なスキルを身につけておくのはもちろんのこと、オリジナリティのあるデザインを生み出す才能が必要となります。

好きなブランドのデザイナーになる夢を叶えるために、在学中に自分ならではの個性を磨いておくことが大切です。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ファッションを学ぶためのデザイン専門学校の選び方

ファッションデザイナーを目指すためにデザイン専門学校を探している時には、ファッションデザイン科がある学校を選ぶ必要があります。

ファッション画をもとに生地を立体的に仕上げるためのパターンの作り方など、幅広い内容を学ぶにはどのような専門学校を選べば良いのでしょうか。

専門的内容を深く学べるコースが豊富な学校を選ぶ

ファッションデザイン専門学校とひとことで言っても、コースによってカリキュラム内容に違いがあります。

舞台で使用されるドレスを製作するスキルが身につくコース、売れるファッションアイテムを制作するスキルが身につくコース、独自のファッションセンスを磨くためのコースなど、自分が必要とするスキルが身につくコースを選択することが大切です。

専門的な内容を深く学べるコースが豊富にあるデザイン専門学校を選ぶことで、憧れの職種を目指すことができます。

個別指導付きで才能を伸ばせる学校を選ぶ

デザイン専門学校の中には、個別指導を通して個々の才能を伸ばすためのサポートを実施しているところがあります。

自分の強みと弱みを把握した上で、プロのファッション業界で最大限に実力を発揮するための指導を受けることができるので、好きなブランドのファッションデザイナーとして活動しながら個性を生かした作品作りができます。

ポートフォリオ制作の内容が充実した学校を選ぶ

ファッションデザイナーとして就職を目指している場合には、デザイン専門学校でスキルを磨きながら自分の作品をファイルしたポートフォリオを制作する必要があります。

ただ作品をまとめただけのポートフォリオではなく、自分のブランドを立ち上げた上で作品を作るというコンセプトで完成度の高いポートフォリオ制作をサポートしている専門学校もあります。

学生は過去の仕事の実績がないからこそ、ポートフォリオの完成度が結果を大きく左右するので、サポートが充実した専門学校を選ぶことで就職活動の際に有利になります。

就職活動としてどんな準備をしたら良いか

一般的な企業への就職活動は、履歴書の内容や面接の際の印象が結果を左右します。

しかし、ファッション業界への就職は、本人が身につけているスキルとセンス、即戦力などをトータルで見た上で採用を決定します。

ファッションデザイナーを目指すには、どのように就職活動をしたら良いのでしょうか。

ファッション企業のインターンシップの経験をする

好きなブランドでファッションデザイナーになりたいというはっきりした目標がある場合、ファッション企業のインターンシップを経験するのがおすすめです。

ファッションデザイン専門学校の中には、企業へのインターンシップ制度が設けられているところがあるので実際にプロの現場で経験を積むことで就職活動の際に有利に働きます。

個性的でクオリティの高いポートフォリオを制作する

ファッション業界への就職は履歴書の内容も大切ですが、それ以上に作品をファイルしたポートフォリオの内容が結果を大きく左右します。

完成度が高いものを制作しておく必要がありますが、ポートフォリオを通していかに個性をアピールするかが重要なポイントとなるので、個性を存分に生かした作品を制作するようにしましょう。

上質な求人情報をもとに就職活動をする

ファッションデザイン専門学校には多くの求人情報が集まりますが、数よりも質を重視することが大切です。

卒業生の多くが人気の企業で活躍している専門学校であれば、上質な求人情報をもとに憧れの企業でデザイナーとして活動する道が開かれます。

質の高い求人情報をもとに真剣に就職活動することで、好きなブランドのデザイナーになるという夢の実現を目指すことができます。

海外のブランドが好きな時はどうしたら良いか

好きなブランドが国内のものではなく海外のものである場合、ファッションデザインのスキルだけではなく語学のスキルが必要となります。

両方のスキルを同時に身につけるのは努力が必要となることが予測されますが、どのようにしてデザイナーを目指せば良いのでしょうか。

デザインと語学のスキルを磨いた上で海外で就職する

海外でデザイナーとして活動するためには、周囲のスタッフと円滑にコミュニケーションをとりながら専門的な用語を難なく使いこなせる語学スキルが必要となります。

デザイン専門学校で必要なスキルを磨きながら、空き時間を使って語学スクールに通うのも方法のひとつです。

夢を叶えるためなら、すべてのプロセスを楽しむことができるでしょう。

海外留学支援制度があるデザイン専門学校を選ぶ

ファッションデザイン専門学校の中には、海外留学支援制度が設けられている学校があります。

デザイン専門学校を通してファッションのスキルを身につけた後で、ファッションと語学のスキルのどちらも認められた場合には海外留学のサポートを受けることができます。

貴重な体験を通して、海外で活躍するファッションデザイナーに必要なものすべてを身につけることができるでしょう。

まとめ

好きなブランドのファッションアイテムのデザインを自分で手掛けることになれば、仕事を通して刺激的な毎日を過ごすことができます。

ファッションデザイン専門学校では、プロのデザイナーに必要なスキルだけではなく即戦力を身につけたり、海外で活動したりするために必要なチャンスが提供されます。

専門学校の選び方によって結果が違ってくるので、自分の夢を目指すために最適な学校を選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ