おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

子ども用のイラスト通信講座は楽しいことがいっぱいです

   

イラストの通信講座というと大人用の本格的な物、プロのイラストレーターを目指すようなものを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、子ども用のイラストの通信講座もいろいろとあります。

もっと素敵なイラストを描けるようになりたいという気持ちを叶えるカリキュラムがいろいろと組まれています。

子どもの世界や可能性を広げてくれるきっかけになるかもしれません。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

子どものペースに合わせて学ぶことが出来ます

子どもは気分のむらが出やすいものです。

通信講座ならば子どののペースに合わせてイラストを学ぶことが出来ます。

もちろん、毎日決まった量をコツコツと続けるのもいいですが、気分が乗った時や雨の日の休日にまとめてやることもできます。

イラストを勉強しなければならないというプレッシャーが重いとイラストを描く楽しさを見失ってしまいがちです。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

サブ的な習い事にぴったりです

ピアノや水泳、塾などの習い事は先生の場所まで自ら移動しなければなりません。

毎週決まった時間に行く必要もあります。

習い事をいくつもやりたいと思っていてもスケジュールの調整が難しいこともあります。

しかし、イラストの通信講座は好きな時に家で行うことが出来ます。

もちろん、イラスト一筋でもいいですが、サブの習い事、忙しかったり大変だったりする子どもの日常の息抜きとしてもとてもおすすめです。

学んだテクニックは直ぐに使えます

イラストは紙とペンがあればすぐにできます。

イラストの通信講座で学んだことはすぐに使うことが出来るのも子どもが楽しんでできる魅力の1つです。

お友達同士の手紙のやり取りや年賀状、メッセージカードに上手なイラストを描くことが出来るようになれば子どもの自信に繋がります。

イラストを通して子どもが学校や友達付き合いをもっと楽しむことができるようになるかもしれません。

そして、もっと素敵なイラストを描きたいと熱心に勉強をするようになるかもしれません。

集中力がつくようになる

イラストの通信講座で学んだからと言って将来イラストレーターや画家、マンガ家になれる保証はありません。

むしろ、イラストの通信講座を利用しても、将来、イラストと全く関係の無い進路を選択する子どもが大半です。

しかし、イラストを描くという作業はとても集中力が求められる作業です。

イラストの通信講座で身につけた集中力は直接絵を描くという作業以外のことでも子どもにメリットを与えてくれます。

勉強や仕事、他の習い事でも集中力を発揮し、良い結果を招くことになるかもしれません。

親子のコミュニケーションが増えることも

イラストの通信講座を通して、子どもと親のコミュニケーションが増えるかもしれません。

子どもが描くイラストが上達すれば褒めるきっかけになります。

また、子どもがどんなイラストを描くのかを見ることによって、子どもが好きなこと、憧れていることなどが分かって来ることもあります。

子どもが大きくなるにつれて語彙は増えてもコミュニケーションは難しくなったという親は少なくありません。

イラストを通して子どもとの会話のきっかけをつかみましょう。

子どもの描いたイラストを褒めるのはもちろんのこと、時には子どもと一緒にイラストを描いてみるのもおすすめです。

子どもが興味を持っている分野を選ばせましょう

子ども向けのイラストの通信講座はいろいろあります。

マンガを描くことに特化したもの、静物画、風景画が学べるもの、キャラクターを学べるものなどさまざまです。

大切なのは親が子どもにどんなイラストを描いて欲しいかではなく、子どもがどんなイラストを描けるようになりたいと思っているかです。

どの通信講座でも子ども用のものならば最初はイラストの基礎から教えてくれます。

また、子どもが本格的にイラストを学びたいと思ったのならば、子どもが成長するにしたがってより実践的な講座を自然と望んでくるようになります。

まずは子どもが望むイラストの通信講座を習わせてあげましょう。

親がこんなイラストを描けるようになりなさいと押し付けても続きません。

イラストの通信講座は読み書き計算の塾とは違い、あくまで趣味の範疇です。

楽しくできなければ意味がありません。

イラストの通信講座にかかる費用は大切

子どもの望むイラストの通信講座といっても無視できないのは受講料です。

費用が高いと子どもに続けさせてあげるのが難しくなります。

たいていのイラストの通信講座はリーズナブルであることが多いですが、よく検討をしましょう。

また、飽きっぽい子どもの場合、最初は熱心に取り組んでいてもしだいにやらなくなってしまうこともあります。

その点を考慮して、入会金や高いものや1年あるいは半年のまとめ払いが必要なところは避けた方がいいでしょう。

すぐに辞められるシステムのイラストの通信講座ならば気軽にスタートできます。

子ども用のイラスト通信講座のカリキュラムについて

子ども用のイラストの通信講座は子どもが飽きずに無理なく、そして確実に実力がつくようなカリキュラムが用意されています。

通信講座によって内容はもちろんことなりますが、以下のようなカリキュラムが組まれていることが多いです。

イラストをなぞる

すでに完成されているイラストをなぞります。

イラストが苦手な子どもでも、イラストが全くの初心者の子どもであってもお手本とそっくりなイラストをすぐに完成させることが出来ます。

なぞり描きを行うことで、形の捉え方や、ものの描き方が身について行きます。

そして、自信や楽しさにもつながっていきます。

イラストの描き方を学ぶ

ものの輪郭から描く、バランスを意識するなどイラストを描くために必要な知識を学ぶことが出来ます。

マスに線や曲線を入れていくことでイラストが完成するゲーム感覚なものもあるので、楽しく学びながら基礎的な力をつけることが出来ます。

塗り絵

イラストを描くのではなく、色を塗っていくというだけの作業もあります。

色も配色の知識が学べます。

また、ムラなく、あるいは立体的に見せる塗り方なども学ぶことが出来ます。

まだ上手なイラストを描くことが出来なくても、塗り絵をすることで自信をつけたり、楽しんだりすることが出来ます。

必要なものが一式揃ってくることも

子どものイラストの通信講座によっては受講すると初回で画用紙や画材などが送られてくることがあります。

レターセットやメモ帳など習ったことをさっそく実践できるようなグッズがついているばあいもあります。

豊富な色のペンや色鉛筆、大人っぽい画用紙やレターセットなどに子どもは悦び、モチベーションが高くなるかもしれません。

まずは資料請求から始めましょう

子どものイラストの通信講座は子供向けの雑誌や漫画などに広告が出ていることが多いです。

子どもやってみたいと言い出したのならば、詳細をしるためにまずは資料請求をしてみましょう。

実際のテキストの見本などが送られてくるかもしれません。

サイトなども見て、自分の子どもに向いているかどうかを検討してみましょう。

まとめ

イラストの通信講座は大人のもの、プロのイラストレーターを目指す人のためのものとは限りません。

子ども向けのイラストの通信講座も多くあります。

子ども向けのイラストの通信講座は飽きずに楽しむ学ぶ工夫がたくさんあります。

イラストを上手に描けるようになるだけでなく、子どもの自信に繋がったり、集中力を養ったりするきっかけになるかもしれません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ