おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

子供服のデザイナーになるには?子供服のデザインならデザイン専門学校がおすすめ

   

子供服は大人の服とは違った魅力をいくつも備えていることから、子供服のデザイナーになりたい方が多くいます。

市販の子供服の作り方の書籍を購入して服作りにチャレンジする方がいるかもしれませんが、本格的に子供服のデザイナーを目指している場合にはデザイン専門学校で幅広いスキルを身につけることをおすすめします。

ここでは、子供服をデザインするスキルを学ぶためのデザイン専門学校についてご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

子供服デザイナーの仕事の魅力とは

子供服には子供向けのアイテムならではの遊び心をデザインに取り入れることができます。

デザインのプロセスが楽しいことから子供服のデザイナーを目指す方が多いですが、この仕事はどのような魅力を備えているのでしょうか。

服のデザインを通して子供さんの魅力を引き出せる

子供服はデザインに関する自由度が高く、ユニークなアイディアをデザインに取り入れやすいところが大きな魅力です。

動物や天使のモチーフをデザインの一部に使うなど、洋服のデザインを通して子供さんの可愛らしい魅力を引き出すことができる点が子供服デザイナーの大きな魅力です。

ワクワクしながらデザインを手掛けることができるので、やりがいを持って仕事に取り組むことができるでしょう。

自分がデザインした服が広範囲に販売される

子供服のメーカーにデザイナーとして就職して自分のデザインが採用されれば、自分がデザインした子供服が広範囲に販売されることになります。

有名なデパートやモールなどで自分がデザインした子供服が取り扱われることになれば、より多くの方に購入してもらえるチャンスとなります。

子供服の人気が高まればデザイナー自身が注目される可能性も出てくるので、広範囲な活動を視野に入れることができます。

斬新なデザインの服を作ることができる

大人用の服はシーンに合わせて着用するために、デザインに遊び心をプラスする際にあまりにも奇抜なアイディアを取り入れることは難しい場合があります。

その点、子供服は色や柄など斬新なデザインを取り入れやすいところが大きな魅力です。

大人用の服のデザインにはなかなか取り入れることのできないアイディアを自由に取り入れることができるので、楽しみながら仕事に取り組むことができるでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

子供服のデザインが学べるデザイン専門学校の魅力

手作りの子供服を作るだけではなく、本格的に全国規模で店舗展開している子供服のデザイナーを目指すには、専門的なスキルを徹底的に学ぶ必要があります。

洋服に関するスキルを身につけるのに最適な服飾系のデザイン専門学校には、どのような魅力があるのでしょうか。

洋服のデザインの基礎を徹底的に学べる

服飾系のデザイン専門学校では、洋服のデザインの基礎を徹底的に学べます。

子供服のデザイナーになりたい場合、イメージを的確に形にするためにデザイン画を描くスキルが必要となります。

絵がまったく描けない方でも、授業を通してデザイン画を描くためのスキルを磨くことができるのでイメージを形にする力を高めることができます。

服のデザインから完成までに必要なスキルを学べる

子供服のデザイナーはデザイン画を描くスキルだけではなく、デザイン画をもとに洋服のパターンを作るスキルや縫製のスキルが必要となります。

洋服のデザインから完成までに必要なスキルをすべて身につけてこそ、子供服のデザイナーとして活動することができるので、プロを目指すなら服飾系のデザイン専門学校で学ぶのが夢に近づく具体的な方法となります。

専門学校の求人を通して子供服のデザイナーになれる

子供服のデザイナーを目指している方の中には、どのようなプロセスを経てデザイナーになれば良いか分からないという方が多くいます。

服飾系のデザイン専門学校はプロのデザイナーに必要なスキルを学ぶだけではなく、専門学校に集まる求人情報をもとに、子供服のメーカーに就職することを通して子供服のデザイナーになることができます。

方向性を明確にしてプロのデザイナーになるための準備ができるので、効率良く子供服のデザイナーを目指すことができるでしょう。

子供服のデザインが学べるデザイン専門学校の選び方

洋服のデザイナーは自分のイメージを服を通して表現できる素敵な仕事ですが、多くの方に愛されるアイテムを作るためにもトレンドなどを適度に取り入れる柔軟性も必要です。

様々な要素を取り入れたデザインを形にするためには高いスキルが必要となりますが、服飾系のデザイン専門学校を選ぶ際には何を基準に選べば良いのでしょうか。

洋服作りのスキルを一通り学べる学校を選ぶ

デザイン画の描き方だけしか学べないデザイン専門学校では、プロとしての即戦力を身につけることができません。

子供服のデザイナーを目指すためには、デザインのスキル以外にも縫製のスキルなど洋服を作るためのスキルを一通り学んでおく必要があります。

制作の過程を理解しておくことで、実現可能なデザイン画を描くことができます。

大手の子供服メーカーの求人が多く集まる学校を選ぶ

子供服のデザイナーとして幅広い活動を希望している場合には、大手の子供服メーカーの求人が多く集まるデザイン専門学校がおすすめです。

業界との繋がりが強いデザイン専門学校には数多くの優良な求人情報が集まりますが、自分の希望の条件をすべて備えた求人が見つかる可能性が高いので、やりがいを持って子供服のデザイナーの活動をすることができます。

マーケティングに関する知識が学べる学校を選ぶ

オリジナルデザインの子供服を趣味として作りたい場合にはイメージを形にするスキルさえあれば良いのですが、全国規模の店舗で取り扱われる子供服のデザインを手掛けるためには、マーケティングに関する知識を身につけることで多くの方から支持されるアイテム作りを目指すことができます。

マーケティングに関する知識が学べるデザイン専門学校を選ぶことで、広い視野を持った上で子供服を作ることができます。

こんな方法でも子供服デザイナーの活動が広がる

デザイン専門学校で子供服のデザインについて学ぶことで、子供服デザイナーとして作品を制作したり活動の幅を広げることができます。

子供服のデザイナーとして活動しながら安定的にお給料をもらうなら、子供服メーカーにデザイナーとして就職するのがおすすめですが、それ以外にも様々な方法でデザインのスキルを生かすことができます。

ネットショップを利用して自分のブランドを立ち上げる

子供服のメーカーにデザイナーとして就職することで、安定的な収入を得ながらデザインの仕事をすることができます。

しかし、売れる売れないは別としてより自由な発想で子供服を作ってみたい場合には、ネットショップを利用して自分の子供服のブランドを立ち上げるのも良いでしょう。

自分の世界観に共感するファンが集まる可能性があります。

子供服のデザインコンテスト入賞を機に知名度を上げる

デザイナーとして子供服メーカーで働きながら、子供服のデザインコンテストに定期的に応募して入賞を目指すことでデザイナーとしての自分自身の知名度を上げることができます。

作品に込めた個性が注目されることで、デザイナーとしての仕事が舞い込むなど大きなチャンスを掴むきっかけとなる可能性があります。

まとめ

子供服のデザイナーは、楽しさを感じながら仕事に取り組むことができる職種のひとつです。

自分のイメージが洋服という形になるだけでも嬉しくなってしまいますが、店舗で販売されることで自分がデザインした洋服を多くの子供達が着るという喜びがあります。

服飾系のデザイン専門学校は、プロに必要なスキルを身につけた上で就職を通してデザイナーが目指せるのでおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ