おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

学びやすい専門学校『ヒューマンアカデミー』で声優を目指す!

   

日本国内には、声優を目指せる専門学校は多くありますが、自宅から近い学校がなくて、頭を悩ませている方は多いでしょう。

そのような方におすすめしたいのが『総合学園ヒューマンアカデミー』です。

この専門学校は、校舎の数が多くある上に、学びやすい環境を整えているので、地方に住む方だけではなく社会人でも学びやすいので、詳しく紹介しましょう。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

社会人でも学びやすい環境

本校が学びやすくなっているのは、校舎の数が多くなっているだけではなく『授業の時間帯』や『通信講座』なども大きく関係しているからです。

そこで、声優を目指している方のために、本校が学びやすくなっている理由を紹介しましょう。

校舎の数

ヒューマンアカデミーは、全国に展開している専門学校で、その校舎の数が15もあります(2018年12月22日時点)。

その15校とは、札幌校・仙台校・新潟校・大宮校・柏校・新宿校・横浜校・静岡校・名古屋校・大阪校・神戸校・広島校・北九州校・福岡校・那覇校などです。

残念ながら、四国には校舎がありませんが、ほぼ全ての地方に1校以上はあります。

そのため、多くの方たちが通学しやすい専門学校になっています。

さらに多くの校舎は駅の近くにあるので、地方都市でも公共交通を利用して、学ぶ事も可能です。

授業の時間帯

多くの専門学校は、昼間の時間帯に授業が行われているので、社会人では学びづらい事がネックとなってきました。

ところが、本校では社会人でも学びやすいように『平日の夜間』と『土日の昼間』の時間帯に授業が行われているのです。

そのため、生活費や授業料のお金を貯めてから会社を退職して、本校で学ぶ必要がないのです。

あまり貯金がない状態でも、会社へ通勤しながら、本校で学ぶ事も可能なので、声優になってみたい方は本校で学んでみる事をおすすめします。

声優通信講座

本校は、15校もありますが、四国には校舎がありませんし、仮に同じ地方に校舎があっても簡単に通学できない方もいるはずです。

ところが、本校には『声優通信講座』を用意しているので、自宅でも声優を目指すためのレッスンを行う事ができます。

そのため、校舎が近い方でも、専門学校へ通学する時間を確保できない方は、本校の声優通信講座を試してみるのも悪くはありません。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

総合学園ヒューマンアカデミーの特徴

学びやすい専門学校であっても、プロの声優になれなければ意味がありません。

そこで、本校は多くの方たちがプロデビューできるような取り組みを行なっているので、詳しく解説します。

オーディション

プロの声優になるためには『オーディション』を受ける必要があります。

しかし、専門学生がオーディションを受ける事は簡単ではありません。

実際に、専門学校で通っている間にオーディションを受けに行く必要があるので、会場が遠くにあったら、受けられるオーディションの数は限られています。

そこで、本校では年間350件以上ものオーディションを学内で実施しているのです(校舎によってオーディションの回数が違うので注意)。

そのため、本校へ入学すれば、多くのオーディションを受ける事ができるので、他校の生徒よりも有利にデビュー活動を行えます(他校とは本校よりもオーディションの回数が少ない学校の事です)。

キャリアコンシェルジュ

本校は、入学する前から『キャリアコンシェルジュ』が、どのようにして声優を目指せば良いのかアドバイスしてくれます。

そのため、声優になりたくても、その方法が分からない方は、まずは本校のキャリアコンシェルジュに相談してみると良いでしょう。

キャリアコンシェルジュは、どのような授業を受けるのか、分からない時も相談に応じてくれます。

そのため、本校の授業内容について、詳しく知りたい場合にも、キャリアコンシェルジュと話し合ったほうが良いです。

科目選択制

現在の声優は、声を吹き込むだけではなく、ダンスや演技など幅広い分野で、活躍している方がいます。

マルチで活躍する声優が注目を集めている事もあって、本校では数多くのカリキュラムを用意しているのです。

その種類は、アフレコ・ボーカル・ナレーション・演技・ダンスなどがあって、好きなものを選ぶ事が可能です。

そのため、テレビ番組でも出演できるほど、マルチに活躍できる声優を目指している場合には、本校で学んでみる価値があります。

2つのコース

本校には、2つのコースが用意されていて、それが『夜間・短期コース』と『全日制コース』です。

それぞれ授業が行われている時間帯が違っているので、詳しく紹介しましょう。

夜間・短期コース

夜間・短期コースでは、週1回でも学べるコースになっているので、忙しい方でも学びやすくなっています。

そのため「忙しい自分でも、専門学校へ通えるのだろうか」と不安を感じている方でも、気軽に学べるコースになっているのです。

さらに、平日の夜間と土日の昼間を中心に授業が行われているので、社会人の方におすすめのコースです。

ただし、半年~1年ほどの短期間のカリキュラムになっているので、長く学びたい場合には、注意しなければいけません。

全日制コース

夜間・短期コースとは違って、全日制コースは週5日の通学コースとなっています。

忙しい方には学びづらいコースとなっていますが、1日でも多く学びたい方にはおすすめのコースです。

さらに、学習期間は2年間となっているので、しっかりと声優のスキルを習得したい方には、魅力的なコースになります。

ただし、平日の昼間を中心に授業が行われているので、土日に学びたい方は注意して下さい。

声優を目指す上で注意すべきポイント

本校で学んで、プロの声優になれたとしても、いくつか注意すべきポイントがあります。

その注意点を把握しないで、プロの声優になったら後悔する事になってしまうので、詳しく紹介しましょう。

アニメのギャラ

声優になった場合には、多くの方たちがアニメの仕事を引き受けたいと考えているかもしれません。

しかし、アニメのギャラは少ない仕事が多いので、それだけでは生活を送れない声優が多いので注意する必要があります。

もしも、声優だけで生活をしたい場合には、アニメだけではなく、ゲーム・ラジオ・イベント・パチンコなど様々な分野で活躍していく事が重要です。

この辺りが、マルチで活躍している声優が増えてきた一因になっているので、本校で様々なスキルを習得する事は重要なポイントです。

セリフを読む心得

プロの声優は、台本を何回も読んでいますが、これはセリフを覚えるだけではなく、そのセリフを深く理解するためでもあります。

そのため、声優を目指している方は、日本語を深く理解する事も必要になります。

人によって言いづらいセリフもあるので、その苦手を克服する事も重要なポイントです。

しかし、自分では、どのセリフが読みづらいのか分かりづらいものです。

そのため、多くのセリフを読んで、自分の苦手なセリフを見つけて、言いやすくなるまで練習をするようにしましょう。

そうしなければ、プロとして仕事を多くもらえる事ができなくて、後悔する事になってしまいます。

まとめ

本校は、15校もの校舎があるので、多くの方たちが学びやすい環境になっています。

さらに声優を目指すためのカリキュラムを数多く用意していて、声を吹き込むだけではなく、ダンスや演技なども学ぶ事が可能です。

今まで、自宅の近くに声優を目指せる専門学校がなくて、困っていた方は、本校で学んでみる事をおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校