おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

学んだことの集大成!漫画専門学校の卒業制作の重要性とは?

   

プロの漫画家を目指す多くの方が漫画専門学校で学んでいますが、漫画専門学校の卒業が間近になると卒業制作展が開催されます。

漫画専門学校は科目ごとに課題提出をすることで、それぞれの授業で学んだことを自分のものにできたか確認しますが、卒業制作はこれまで学んだことの集大成となる作品を提出する必要があるので重要な作品となります。

ここでは、漫画専門学校の卒業制作の重要性についてご紹介したいと思います。



スポンサーリンク

漫画専門学校の卒業制作の重要性とは

漫画専門学校では、プロの漫画家になるために必要なスキルを一通り学びます。

初めて漫画の描き方を学ぶ方でも基礎から丁寧に指導してもらえるので、安心してスキルアップが目指せます。

漫画専門学校の卒業制作は自分の個性を生かして自由に作品を作ることができますが、ここでは、卒業制作の重要性について見ていくことにしましょう。

漫画専門学校でスキルアップした度合いが確認できる

漫画専門学校では、キャラ構成・プロット・コマ割・ペン入れなど、漫画を描くために必要なスキルを段階に応じて身につけていくことができます。

数年間学ぶことでひとつの漫画作品を完成させるスキルが身につきますが、卒業制作は自分がどのくらいスキルアップしたか客観的に確認する良いチャンスとなります。

入学したばかりの初期の段階で描いた作品と大きな差があることが予想されますが、卒業制作の作品を通して自分の成長を噛み締めることができるでしょう。

多くの方に自分の漫画作品を見てもらえるチャンス

卒業制作は科目ごとに提出する課題作品のように学校に提出するものですが、課題作品との大きな違いは卒業制作展という場を通して多くの方に自分の作品が見てもらえる点です。

漫画家になると自分が描いた作品を多くの方が読むことになりますが、卒業制作展ならプロになる前に自分の作品を多くの人に読んでもらえるので自分の実力を磨く上での参考になります。

ひとつの作品を完成させる集中力が身につく

漫画専門学校に通い始めたばかりの時は漫画を描く基礎を学んでいる段階であるため、ひとつの作品を描き上げるスキルが身についていません。

しかし、卒業に近づく頃には一通りのスキルを身につけている段階なので、自分の個性を生かした漫画作品を完成させることができます。

卒業制作展のための作品を描くという目標を持つことで、ひとつの作品を完成させる集中力が培われるでしょう。



スポンサーリンク

卒業制作展のメリットとは

漫画専門学校の卒業制作展は、身についたスキルを使って漫画作品を描くので自分の実力を客観視できるというメリットがあります。

中には、卒業制作展の生徒作品の中から高い評価を得た作品は賞を受賞することもあるので、自分の実力を試す良い機会となります。

卒業制作展のメリットについて見ていくことにしましょう。

卒業制作展で受賞した場合に業界から注目される

卒業制作展に出品した漫画作品が高く評価されて賞を受賞した場合、作品だけではなく本人も多くの人から注目されることがあります。

知名度が高い漫画専門学校の卒業制作展は業界関係者も注目していることがあるので、漫画家デビューを目指している方にとって大きなチャンスとなる可能性があります。

完成度の高い作品は、多くの方を魅了するのでファンを獲得することがあるかもしれません。

作品を目にした方の率直な感想が聞ける

卒業制作展には漫画専門学校の関係者以外にも、在校生や卒業生と繋がりのある多くの方が集まるので自分の作品に対する反応をダイレクトに知ることができます。

自分一人で作品を描いている時には気づかないことも、違う視点を持つ多くの方が作品を目にすることで自分にとって新たな気づきが生まれる可能性があります。

作品に興味を持った方の率直な感想が聞けるので、次回の作品作りへのモチベーションが高まるでしょう。

卒業制作で良い作品作りをするための方法

卒業制作の作品は漫画専門学校で学んだことの集大成と言えるものとなる可能性があります。

重要な意味を持つ作品となるので、良い作品を作るためにもいくつか把握しておくべきことがあります。

どのような点に気をつければ卒業制作で良い作品が作れるのでしょうか。

日々の漫画の授業を丁寧に受ける

漫画専門学校は漫画の描き方の基礎から応用までを身につけるために、プロの講師が真剣に指導してくれます。

講師ならではのアドバイスが聞けるので、日々の漫画の授業を丁寧に受けておくことをおすすめしま。

また、授業で学んだところは積極的に漫画の作品作りに生かすようにすれば、卒業間近になる頃には高いレベルのスキルが身につくでしょう。

自分の作品の個性を磨いておく

漫画家として良い作品を作るためにも、自分の良さを見つけて日頃から作品の個性を磨いておくことをおすすめします。

いきなり大作を描くことは難しくても、コツコツと作品を描き続けることでイメージを形にしやすくなります。

早めに卒業制作にとりかかる

卒業制作展は卒業間近に開催されるので、それまでに作品の完成を目指す必要があります。

しかし、漫画新人賞のコンテストへの応募など、様々な事柄と並行して卒業制作に取り組むことがあるかもしれないので、できるだけ早めに作品制作にとりかかることをおすすめします。

焦って作品制作をすると良い作品にならない可能性が高いので、じっくりとテーマを決めるところから始めて時間にゆとりを持つようにしましょう。

より良い卒業制作の作品を作るためのコツ

卒業制作は漫画専門学校に通っている方にとって重要なものだと分かったとしても、どうやって素晴らしい作品を描けば良いのか分からない場合があります。

特に描きたい作品のテーマがまったく浮ばないという方は、スタート地点から迷ってしまうこともあるでしょう。

作品にじっくり向き合うことは大切なことですが、なかなか作品作りに取り掛かれない場合にはやり方を変えることが大切です。

ここでは、より良い卒業制作の作品を作るためのコツをご紹介しましょう。

テーマが決まらない時は講師に相談する

卒業制作のための作品のテーマがなかなか決まらない時には、思い切って講師に相談してみると良いでしょう。

自分の個性や良さを知っている講師なら、良いアドバイスがもらえます。

講師を通して自分では気づかない自分の良さを知ることができれば、自然とテーマが浮ぶ可能性があります。

開放教室で友人と一緒に制作に励む

漫画専門学校には開放教室と言って、放課後に自由に漫画制作をするための教室があります。

自宅で自分一人で卒業制作の作品に取り組むのも良いですが、気分転換に友人と一緒に作品を制作することで良い刺激となるでしょう。

作品の制作に挫折しそうになった時でも、友人同士で励まし合うことができれば、完成に向けて集中できます。

自分の得意分野を把握しておく

漫画専門学校在学中は漫画にまつわる様々な授業がありますが、それを通して自分の得意分野を把握しておくことをおすすめします。

得意分野を伸ばすことも個性を磨くことに役立つので、自分ならではの漫画作品の完成を目指せるでしょう。

まとめ

漫画専門学校の卒業制作展に出品する際には、在学中に身につけたスキルを生かして完成度の高い作品作りを目指すことをおすすめします。

出品した作品は多くの人が目にするだけではなく、コンテスト形式の卒業制作展なら受賞をきっかけに大きく活躍できるチャンスとなる可能性があります。

真剣に作品と向き合うことでベストな作品の完成を目指せます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 全件, 漫画の専門学校