おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

学費が気になる!学費が安い漫画専門学校で学ぶ方法とは?

   

漫画家を目指すために漫画専門学校で学ぶことを選択する方がいます。

独学で漫画を描き続けることで漫画家を目指すこともできますが、絵の描き方を学んだことがない方の場合、デッサンなどの基礎から始めて段階に応じて漫画を描くスキルを身につけていくことが大切ですが、独学と違って学費が気になる方がいるかもしれません。

ここでは、学費が安い漫画専門学校で学ぶ方法をご紹介したいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

素人は学費が高い漫画専門学校を選んだ方が良いのか

漫画どころか絵を描くことの基本から学ぼうとする方の中には、基礎から応用までをしっかり身につけるために漫画専門学校に通いたいと思う方が多いかもしれません。

初めて漫画について学ぶ方の中には、学費が高い漫画専門学校を選んだ方がスキルが身につきやすいかもしれないと思う方がいるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。

専門学校の設備によって学費に違いがでることがある

専門学校の学費の内訳には入学金や授業料のほかに設備費が含まれていて、学校によっては設備が整っていることで高額な設備費が必要となる分学費が高い場合があります。

漫画はペンや紙などを使用するアナログな手法とパソコンやソフトやペンタブレットを使用して描くデジタルな手法がありますが、アナログで描く漫画家を目指している場合には設備費がかからない専門学校を選ぶことで学費を抑えることが可能です。

学費が高い学校ならより質が高い授業を受けることができるというわけではないので、学費の内訳を見て設備費がどのくらいかかるのか確認すると良いでしょう。

学費が高いだけではスキルが身につくかは分からない

知名度が高く第一線で活躍する漫画家が講師として在籍する漫画専門学校の中には、学費が高いところもあります。

学費が高い漫画専門学校はカリキュラム内容が充実しているところが多いですが、学費が安い漫画専門学校の中にもカリュラム内容が充実しているところがあります。

学費が高い漫画専門学校に入学して卒業すれば自動的にプロの漫画家になれるわけではなく、スキルが身につくか身につかないかは本人の練習量が大きく左右します。

学費の高さはプロデビューの確率の高さと比例するわけではないので、漫画専門学校選びは多方面から学校の特徴を判断することが大切です。

学習期間が長い専門学校は学費が高い傾向がある

学習期間が長いことから学費が高い漫画専門学校があります。

絵をまったく描けない状態からプロの漫画家を目指すには、基礎から応用までをしっかり学ぶ必要があるので、ある程度の学習期間が必要となり学費が高くなる傾向があります。

しかし、絵心がありある程度漫画の基礎的なスキルを持っている方であれば、学習期間が短いながらも専門的な内容のスキルが身につく学費が安い専門学校を選ぶことで、学費を抑えながらプロの漫画家を目指すことができます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

学費が安く必要条件を備えている専門学校がおすすめ

漫画専門学校を選ぶ時には、広告や公式サイトを見た時に感じるイメージだけではなく、必要条件を備えた専門学校を選ぶことが大切です。

学費が安かったとしても、必要な条件を備えた漫画専門学校であればプロの漫画家を目指すことができます。

一体どのような条件を備えた専門学校を選べば良いのでしょうか。

漫画を描く時の土台となる基礎を学べる

まったく絵が描けないところからスタートする方であれば、学費が安くても必要な条件を備えている漫画専門学校を選ぶことが大切です。

デッサンや線画、ペンの使い方など漫画を描く時の土台となる基礎を丁寧に学べる漫画専門学校なら土台をしっかり築いた上で自分ならではの個性を生かした漫画制作を目指すことができます。

基礎が身についていないと素晴らしい作品のインスピレーションを得たとしても、それを形にすることができないので、一見遠回りに見えるデッサンの練習などにもしっかり時間をとると良いでしょう。

高い指導力を持つ実力のある講師が在籍している

独学では客観的な視点がないままに作品制作をすることになるので、完成度の高い作品を作り出すことができない場合があります。

その点、漫画専門学校ではプロの講師からアドバイスをもらいながらスキルや作品に磨きをかけることができるので効率良くプロを目指せます。

有益なアドバイスを得るためにも、高い指導力を備えた実力のある講師が在籍している専門学校を選ぶことをおすすめします。

現役の編集者から作品の指導を受けられる

漫画専門学校の中には、プロの講師からだけではなく現役の出版社の編集者から作品についてアドバイスがもらえるところがあります。

基礎と応用のスキルをしっかり身につけておけば自分の個性を生かした作品作りが可能となり、また、現役で活躍中の編集者から作品のアドバイスをもらうことで漫画新人賞のコンテストを通してプロデビューを目指すことができます。

学費が安く質が高い漫画専門学校の選び方

漫画専門学校に通いたくても学費が気になってイマイチ先に進めないという方であれば、学費が安く質が高い専門学校を選ぶことで安心して漫画について学ぶことができます。

専門学校によって学費に大きな違いがありますが、自分にとって学費が負担になりにくい専門学校をどのように選べば良いのでしょうか。

専門学校の学費ランキングサイトを参考にする

ここまでの費用なら出せるなど、学費に対して予算を組んでいる方であれば専門学校の学費ランキングサイトを参考にすると良いでしょう。

数多くの漫画専門学校があるので、それぞれの学校の公式サイトを見て学費を確認していたのでは、膨大な時間がかかってしまいます。

しかし、学費のランキングサイトを参考にすれば時間をかけずに効率良く専門学校を絞り込むことができます。

学費が安い専門学校の中から条件を備えたものを選ぶ

予算内で無理なく学べる学費が安い漫画専門学校をいくつか見つけたら、その中からプロを目指すために必要な条件を備えた漫画専門学校をさらに絞込みましょう。

アナログの手法を目指す方とデジタルの手法を目指す方では、求めるカリキュラム内容に違いがあるかもしれませんが、自分にとって必要なスキルが学べるかどうかをきちんと確認することが大切です。

学費が安い漫画専門学校を選ぶ時の注意点

学費の安さだけで漫画専門学校を選んでしまうと、プロの漫画家に必要なスキルが身につかない可能性があります。

いくつかの注意点を意識することで、専門学校選びの失敗を避ける対策をとることができます。

専門学校選びの際には、どのような点に注意したら良いのでしょうか。

漫画家を目指すための設備が整っているか確認する

漫画を描く時の手法によって使用する道具に違いがあります。

紙・ペン・墨・スクリーントーンなどを使うアナログの手法を学ぶ場合には大掛かりな機材は必要ありませんが、パソコン・ソフト・ペンタブレットなどを使用するデジタルの手法を学ぶ場合には、最新の機材が揃っている学校なのか確認した上で選ぶことが大切です。

卒業生の卒業後の活動について確認する

漫画専門学校を選ぶ時の大きな目安となるものが卒業生の卒業後の活動内容です。

プロデビューして活躍中の卒業生を多く輩出している学校なら授業のレベルが高いことになるので、必要なスキルを身につけた上で漫画家デビューを目指すことができます。

まとめ

漫画専門学校ではプロに必要なスキルを基礎からしっかり身につけることができますが、学費が気になって入学を決断できない方がいるかもしれません。

高額な漫画専門学校もあれば費用をある程度抑えられる安い学費の専門学校もあるので、学費ランキングサイトや公式サイト上の情報を参考にして、無理なく学べる漫画専門学校を選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校