おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

安定的な選択がしたい! 就職することを前提とした声優専門学校の選び方

   

声優専門学校への入学を考えている方の中には、アニメや映画などの声優をすることで華々しい活動を夢見る方以外にナレーターや司会業などの声を使う職種に就きたい方がいるかもしれません。

声を生かした仕事をしながら、安定的な収入を得るためにはどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、就職することを前提とした声優専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

声を使う仕事の種類と仕事内容

声優専門学校で学びたい方の多くは、アニメ作品の声優や映画の吹き替えの仕事に就くことを目指しています。

しかし、声を生かす仕事はいくつもの種類があるので、声優に限らず卒業後に目指せる仕事の選択網は以外にも広いのです。

アニメや映画の声を担当する声優

アニメや映画の声を担当する声優は、声優専門学校に通う多くの方が目指す憧れの職業です。

専門学校の授業の中でレッスンを積み重ねて確かなスキルを身につけておけば、オーデションに合格することで声優の仕事のチャンスを掴む大きな一歩を踏み出すことができます。

今や日本のアニメ作品は世界中から注目されているため、人気アニメの主人公の声を担当することで、自分自身の活動が世界規模で展開するなどの大きな夢を持つことができます。

テレビ番組やCMのナレーター

テレビ番組の内容によって、ナレーターに求められるものに違いがあります。

子供向け番組のナレーターや大人向け番組のナレーターなど、番組の雰囲気に合わせて最適な声やスキルを持っている人物に仕事依頼が来るので、自分の声質やスキルに合わせて仕事の実績を積み重ねていくことで着実により大きな目標に向かって進んでいくことができます。

また、CMのナレーターは短時間のナレーションの仕事だとしても、テレビを介して注目度が高いので新たな仕事の依頼に繋がりやすいところが魅力です。

イベントの司会業

全国各地で数多くのイベントが開催されるため、司会業は安定的に仕事を続けていける職種のひとつです。

人気の司会者ともなると仕事依頼が後を絶たないこともあるため、安定的な収入を目指すことができるでしょう。

声を生かしながら多くの人と接する必要があるので、コミュニケーション能力を高めることも大切です。

地元でも活動が可能な職種なので、地元での活動を考えている方にもおすすめです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

一般的な就職活動と声の仕事の就職活動の違いとは

声を生かす仕事に就くためには、一般的な就職活動とはやや違った活動を行います。

通常なら履歴書を作成し、決められた日時に会社を訪れて面接を行いますが、声を生かした仕事をするためには、どのような方法で就職活動をしたら良いのか、また、両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

面接形式とオーデション形式の違いがある

一般的な就職活動は履歴書をもとに書類専攻を経て面接に臨みます。

人気の企業ともなると集団面接を実施することが多いので、担当者の質問にどれだけ的確に答えることができるかなど、企業側にとって有益な存在であることをアピールする必要があります。

それに対して、声優のプロダクション主催のオーデションは身につけたスキルを披露したり、どれだけ自分の個性をアピールできるかが重要なポイントとなるので、就職活動のプロセスに大きな違いがあります。

選抜される時の基準に違いがある

一般的な企業は、面接を通して会社側から見て有益な人物を選ぼうとします。

履歴書に記載されている学歴や資格、面接の受け答えなどでそれを判断しますが、ユニークさが重視されることは稀かもしれません。

その点、声優プロダクションのオーデションは、どれだけスキルがあるかという点も重視されますが、それ以上に本人の個性の豊かさが重視されるので、表現力を磨いておくことが大切なのです。

このように、選抜される時の基準に大きな違いがあります。

収入の形態に違いがある

一般企業は面接に合格すると社員として職務に従事し、給与という形で収入を得ることになります。

しかし、声を生かした職種の多くはひとつの仕事に対して報酬という形のギャラが発生するので、給与とは異なるタイプの収入となります。

収入の形態に違いがありますが、報酬は仕事をすればするほど収入が増えるのでやりがいを持って仕事をすることができます。

就職することを前提とした声優専門学校の選び方

一般的な仕事と声を生かした仕事は就職活動の方法や働き方に大きな違いがあります。

安定的に声の仕事を続けるためにも、声優のスキルが身につくだけではなく就職を視野に入れた専門学校選びをすることが大切ですが何を基準に選べば良いのでしょうか。

業界と強い信頼関係を築いている声優専門学校を選ぶ

声を生かした仕事をする場合、一般企業に就職する時とは違った形で就職活動をすることになります。

どのプロダクションに所属するかによって仕事の質や量や収入に違いが出てくるため、プロダクション選びは慎重になる必要があります。

声優専門学校の中には業界と強い信頼関係を築いているところがあるので、このような学校で学ぶことで安心して活動できる大手プロダクションへの所属を目指すことができます。

就職支援活動に力を入れている声優専門学校を選ぶ

声優専門学校の中には就職活動に力を入れているところがあるので、多くのサポートが受けられる学校を選択することでオーデションに合格するためのノウハウを身につけることができます。

オーデションに合格することで、仕事の実績を積み重ねていくための一歩が踏み出せるので仕事を通して実力を磨いていくことができます。

卒業生の確かな就職実績がある声優専門学校を選ぶ

綺麗な校舎や豪華な設備が整った声優専門学校でも、卒業生の確かな就職実績がない場合、人によっては安心してレッスンを受けられないと思うことがあるかもしれません。

公式サイトを参考にして卒業生の就職実績に目を通した上で学校選びをすれば、卒業後の活躍を目指しやすくなります。

就職を視野に入れるなら東京の声優専門学校がおすすめ

声優専門学校は全国にあるため、人によっては地元にある専門学校に通う方がいるかもしれません。

実家から地元の専門学校に通うことで、生活費の心配をすることなく声優のレッスンに励むことができます。

しかし、声の仕事に就くための就職活動を視野に入れた場合、東京の声優専門学校で学ぶのがおすすめです。

東京には大手の声優プロダクションが多い

東京には大手の声優プロダクションが多くあり、有名なテレビ局も数多くあります。

声優専門学校卒業後に、有名なテレビ番組や大手企業のCMのナレーションを務めたい場合には、東京の声優専門学校を通して就職活動をすることで、大手プロダクションの所属を目指すことができます。

特に大手のプロダクションは仕事の規模も大きいのでキャリアを磨くのに最適です。

オーデションが合格した後の手間がかからない

声を生かした職種を目指すために声優専門学校を選ぶ時には、東京の声優専門学校を選ぶことでプロダクション所属までの流れがスムーズになります。

声優のスキルを身につけるのは地方の専門学校でも可能ですが、大手のプロダクションのオーデションに合格した場合に上京する必要があります。

住むところを探したり、引越しの準備をしながら声優の仕事をスタートさせるのは時間と手間がかかるので、はじめから東京の専門学校に通うことで余計な手間を省くことができます。

まとめ

声優専門学校で学びたい方の中には、声優以外の声を生かした職種に就くことを目標にしている方もいます。

声優は人気職業であるため、プロダクションへの所属を目指すのにも努力が必要となります。

声優専門学校では本格的なレッスンに励むことでプロに必要なスキルが身につきますが、自分が目指す職種に就くためのサポートが万全な学校を選ぶことが大切なのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校