おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

専門学校『デジタルハリウッド』を紹介!デザインを勉強したい方は必見?

   

日本ではブラック企業やブラックバイトが多くなっていて、好きでもない仕事で身体を酷使されるケースが増えてきました。

しかし「自分の好きな事を仕事にできる事は難しいだろう」と諦めている方は多いでしょう。

実際に、デザインの仕事をしたくても、何もしないで諦めてしまう方は多くいます。

そのような方におすすめしたいのが『デジタルハリウッド』という専門学校です。

この専門学校は、未経験者でもプロのデザイナーになれるように指導してくれるので、デザイン業界で働く事も夢ではありません。

そこで、デザイナーになりたい方のために、本校の魅力について紹介するので、確認してみて下さい。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デジタルハリウッドの注目点

本校では、多くの生徒たちがデザイン業界で活躍できるようになります。

それを可能にしているポイントが3つあって、それがコネクション・反転学習・個別指導です。

そこでプロのデザイナーになりたい方のために、この3つのポイントについて紹介するので、見ていきましょう。

強力なコネクション

日本では『コネ』と言えば、あまり良いイメージを抱いていない方は多いでしょう。

しかし専門学校は多くの企業と連携する事によって、数年間に渡って育て上げた生徒に活躍できるチャンスを与える事ができます。

実際に本校でも、デザイン業界の多くの企業と連携していて、そのような企業と『実践的産学協同』を行なっているのです。

そのため、早い段階からデザイン業界で必要な経験を積み重ねる事ができるので、デザイナーになりたい方は本校で学んでみる事をおすすめします。

反転学習

多くの専門学校では、授業で学んだ事を帰宅してから自宅で復習させています。

所が、本校では自宅で動画によって学習して、それから教室で学んだ事を議論したり課題に取り組んだりしているのです。

なぜ、このような事を行うのか疑問に思う方は多いかもしれませんが、基礎的な知識は動画でも習得する事は容易ですが、それを応用する事は意外に難しいものです。

つまり基礎的な学習は自宅で学んだほうが、専門学校で学ぶ時間を有効に使う事ができます。

個別指導

日本は人口が減少していても、クラスの少人数制は遅々として進んでいません。

そのため、1クラスで1人の講師が30~40人の生徒を見なくてはいけないのです。

そのため、授業内容に追いつけなくて、勉強できる生徒もいれば、勉強できない生徒も出てきます。

そこで、本校では『個別指導』を行なっていて、多くの生徒たちが授業内容についていけるのです。

そのため、高校まで勉強が出来なくてデザイナーになる自信を持てない方でも、本校で学んでみる価値があります。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザインを勉強できる学科

本校では、デザインに関係する学科が3つあって、それが、専科Webデザイナー専攻・専科ネット動画クリエイター専攻・専科グラフィックデザイナー専攻です。

学科が3つもあるので、どれを選んだら良いのか悩んでしまうと思うので、どのような違いがあるのか紹介します。

専科Webデザイナー専攻

専科Webデザイナー専攻では、オリジナルの映像教材を利用しながら、プロから直接指導でWebのデザインを作成する技術を習得していきます。

このオリジナル教材は学校だけではない所でも利用できるので、好きな時間で勉強する事ができます。

そのため、学校の授業では分かりづらかった所でも、自宅で復習する事も可能です。

さらに講師は現役のクリエイターなので、生徒たちが習得しなくてはいけないスキルをしっかりと教えてくれます。

専科ネット動画クリエイター専攻

Webは進化を続けていて、データ量が多いHPやブログが増えてきました。

そのようなHPやブログを快適に見れる方が増えてきましたが、それを可能にしているのは、各プロバイダーが低価格で高速通信を提供するようになったからです。

そのため、現在のHPでは動画を利用している所が多くなってきたので、専科ネット動画クリエイター専攻では動画を利用したマーケティングを指導しています。

そのため、動画を利用して消費者に販売を促進する事ができるので、この学科で学べば多くの企業で就職活動する事ができるのです。

専科グラフィックデザイナー専攻

多くの方たちがデザイナーと言えば、広告や雑誌に掲載するデザインについて仕事をしているイメージを抱いているでしょう。

専科グラフィックデザイナー専攻では、タイポグラフィ・色彩設計・レイアウト・イラストレーションなどを勉強できるので、デザイン事務所や出版業界で働く事も夢ではありません。

実際に、この学科では入学してから3ヶ月でグラフィック作品の課題を提出して、卒業制作でもデザインの作品を製作していく事になるので、デザイン業界で必要なスキルを身につけていく事ができます。

スクール説明会を開催

本校の特徴や学科が理解できても、どのような雰囲気の専門学校なのか知りたい方もいるでしょう。

実は、本校ではスクール説明会を行っているので、入学する前から校内の施設や授業を直に見る事ができます。

そこでスクール説明会の内容を詳しく紹介するので確認してみて下さい。

施設見学

本校のスクール説明会では校内にある設備を確認する事ができるので、他の専門学校と比べる事ができます。

実際に日本の専門学校は多くの所で校内を見学できるようになっているのです。

そのため、どちらの学校が優れているパソコンや教室を備えているのか確認する事ができるのです。

実際に本校は、東京だけではなく全国各地に21校もあります(2018年2月時点)。

そのため、東京に離れている方でも自宅から通える校舎もあるので、地方に住んでいる方でも試しに施設を見学してみる価値はあります。

授業を体験

本校では授業内容を見るのではなく、実際に体験する事ができます。

そのため、どのような授業が行われているのか、確認するだけではなく、講師の指導内容まで把握する事ができるのです。

実際に優秀な講師でも、教え方が雑な場合には、スキルを習得する事は容易ではありません。

そのため、本校の授業に参加してみて、この専門学校に入学してみるのか確認する方法は有効です。

本校で目指せる職業

本校でデザインを学べば『Webデザイナー』や『グラフィックデザイナー』を学ぶ事ができますが、この2つの職業について詳しく知らない方も多いでしょう。

そこで、この2つの職業の特徴や実態を詳しく紹介するので、確認してみて下さい。

Webデザイナー

私たちがインターネットを利用する際には、多くのHPで画像や文章が掲載されています。

その配置や画像選定などはWebデザイナーの仕事になります。

そのデザインを行うためには、IllustratorやPhotoshopなどイラストを作成するソフトや画像を編集するソフトを駆使しなければいけません。

さらにHTML5やCSS3など簡易的なコードを利用して、ある程度の動きのあるHPをデザインする事もあるのです。

本校の専科Webデザイナー専攻では、そのようなソフトの操作方法を詳しく勉強する事ができるので、Webデザイナーを目指す事ができます。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、誌面に配置する図版や文字などを考える職業になります。

さらに写真レイアウトや加工技術も必要になっていきますが、このような技術は専科グラフィックデザイナー専攻で学ぶ事ができるので、グラフィックデザイナーを目指す事ができるのです。

さらに本校では、デザイン概論について勉強するので、デザインするために必要な想像力や発想力も身につける事ができるので、グラフィックデザイナーとして活躍できる能力も身につける事ができるのです。

まとめ

本校では、デザインに関係する学科が多くあるので、デザインに必要な知識やスキルを学ぶ事ができます。

日本ではデザイナーを必要とする企業は数多くあるので、本校のようにデザインについて指導してくれる専門学校で勉強すれば、デザイン業界で働く事も可能です。

そのため、デザインの知識や経験が全くない方でも、デザイナーになる事を諦めないで、本校で学んでみるのも悪くありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ