おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

専門学校『代々木アニメーション学院』でスキルアップ!

   

夢活!なりたい!アニメの仕事〈1〉アニメーター

日本のアニメ業界は、仕事をする時間が長くても、好きな事を仕事にしたい方は数多くいます。

そのため、アニメ業界で働くためには、独学でスキルアップしないで、専門学校でアニメを学んだほうが効率的にスキルアップが可能です。

そして、数多くある専門学校の中には『代々木アニメーション学院』のように、様々な学科を用意していて、アニメ業界に必要とされる人材を育成している所があるのです。

そのため、アニメ業界で就職する際には、有利になる専門学校なので、どのような特徴がある所なのか紹介します。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

代々木アニメーション学院の特徴

アニメの専門学校でスキルアップしたくても、学費が気になる方や、どのような学校なのか不安を抱いてしまう方がいるでしょう。

そこで、本校が用意している『奨学制度』や『総合コンクール』などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

奨学制度

本校の奨学制度には様々な種類があって、代アニ教育ローン・国の教育ローン・代アニ奨学支援制度・新聞奨学制度などが用意されています。

代アニ教育ローンは簡単な手続きでローンが組めるもので、国の教育ローンでは返済額が少なく済む国の奨学金制度になります。

そして代アニ奨学支援制度は本校が独自に用意した奨学金制度(面接審査があるので注意)で、新聞奨励制度は新聞配達のアルバイトをしながら通学して奨学金を受け取れる制度です。

このように、様々な奨学制度が用意されているので、経済的に苦しい方でも通学しやすくなっているのです。

総合コンクール

本校では効率的にアニメを学ぶ事はできますが、専門学校の学習期間は短いので、真剣に取り組む必要があるのです。

しかし仲の良いクラスとメートと一緒に学んでいたら、集中して取り組む事が難しいのが実情です。

しかし本校では『総合コンクール』が行われていて、生徒たちが切磋琢磨し合って、優秀な生徒には賞状が送られます。

実際に生徒と切磋琢磨し合えば、短期間でスキルアップする事も難しい事ではないので、あまりアニメ制作に集中できない方は、本校で学んでみる事をおすすめします。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメに関係する5つの学科

日本にはアニメに関係する学科を用意している専門学校はありますが、多い所でも、アニメに関係する学科は3つぐらいなのが多いです。

ところが、本校はアニメに関係する学科が5つもあって、あなたが学びたい授業だけを選びやすくなっています。

そこで、どのようなアニメの学科があるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

アニメーター科

アニメーター科では、現在のアニメ業界で通用できる人材を育成できるように、デジタルのアニメを制作できるような授業を行なっています。

ただしデジタルのアニメを制作できても、画力が低ければ意味がありません。

そこで、アニメーター科ではデッサン専用の講師が、生徒たちにデッサン力が身につくように指導してくれるのです。

そのため、キャラクターを制作する事が苦手な方や、背景を描く事が苦手な方でも、この学科で学べば描けるようになります。

アニメ背景美術科

アニメを制作する方たちの中には、キャラクターを描く事が上手でも、背景を描く事が苦手な方がいます。

そのような方におすすめしたい学科が、アニメ背景美術科です。

この学科では、アナログ・デジタル両方の技術を教えながら『透視図法』も指導していきます。

この透視図法とは、奥行きのある背景を描くために必要な技術なので、背景をしっかり描きたい方には、必要不可欠なスキルです。

そして、アニメ背景美術科でも、デッサンを学ぶ事ができるので、画力を高める事もできます。

アニメ監督・演出科

多くの方はアニメと言えば、一人で作品を完成させるようなイメージを抱いてるかもしれません。

ところが、日本で不朽の名作を世に送り出してきたジブリでは、数多くのスタッフが協力して、作品を完成させてきました。

そのため、アニメを作成するためには、数多くの方たちをまとめる人材が必要になります。

アニメ監督・演出科では、そのような人材を育成しているので、アニメ業界で多くの方たちをまとめて、作品を制作したい方は学んでみる価値があります。

アニメ音響科

多くの方はアニメを見るときにキャラクターや背景に注目しがちですが、意外にも音楽がアニメに与える影響は大きいです。

実際に数多くの名作を作り出してきたジブリの作品にも、人の心を動かす音楽が大きな影響を与えています。

今でも多くの方たちから支持されている『となりのトトロ』は、古き良き昭和の情景を描いていますが、そのシーンではのどかな田舎の風景とマッチする音楽が巧みに演出しています。

アニメ音響科では、そのような素晴らしいアニメ音楽を作れる人材を育成していて、パソコンを使用して楽曲作りをする授業を行なっているのです。

マンガ科

アニメ業界で働きたい方たちの間でも、高い人気を集めているマンガ家になれるような授業を行なっているのが、マンガ科です。

この学科では、マンガ家として必要な技術を身に付けられるように、つけペンやトーンなどを利用して、アナログのイラスト制作を学ぶ事ができます。

さらにストーリーの基礎も学ぶ事ができるので、画力が高くても、ストーリーが思い浮かばない方は、マンガ家で学んでみる価値はあります。

そしてデジタルのアニメ制作も学ぶ事ができるので、マンガ科を目指したい方には、マンガ科がおすすめです。

本校の体験入学

本校の学科を説明してきましたが、学校の雰囲気が合わなければ、アニメ制作に集中できなくなります。

そこで本校は『体験入学』を行なっていて、本校まで来る事が難しい方には『無料送迎バスツアー』まで行なっているので、本校を詳しく知りたい方のために紹介します。

無料送迎バスツアー

本校は代々木という名前をしていますが、東京校だけではなく、大阪校・名古屋校・福岡校・広島校・札幌校・仙台校・金沢校などがあります。

ただし、無料送迎バスツアーを行なっている時期は限られているので、あなたが学びにいきたい学校へ行ける時期は限られているので注意して下さい。

そのような注意点はありますが、バスの中では飲食は自由になっていますし、体験入学が終わった後の帰りでもバスを利用する事ができます。

実習内容を確認

本校の体験入学では、校内の雰囲気や設備を確認できるだけではなく、各学科の実習内容まで確認する事ができるのです。

そのため、本校を入学してから「自分がイメージしていたものと違った」と思うような事がありません。

実際に専門学校の学習期間は限られているので、自分がイメージしていたものと違う学科で学んでしまえば、後悔する事になってしまいます。

そのため、あなたの好みに合う学科を選べるように体験入学を受けてみる事をおすすめします。

就職・デビューをサポート

アニメに関係する専門学校で、技術を身に付けても、就職活動に失敗したら、アニメ業界で働く事はできません。

そこで、本校では『責任指導制度』を設けていて、1クラスに1名の担任講師が付いて、生徒の進路をサポートしたり就職相談に対応してくれたりするのです。

実際に就職活動は孤独を感じやすいものですが、本校では講師がしっかりと対応してくれるので、厳しい就職活動を乗り切る事は十分に可能です。

まとめ

本校では5つも学科が用意されている上に、アニメ業界で働くために必要な授業が行われています。

多くの方は、このような環境を当然と思ってしまうかもしれませんが、全ての専門学校がそのような所とは限らないのです。

実際に私は、専門学校へ通っていた事がありましたが、マルチメディア科を専攻していたのに、プログラムも学ばされた事がありました。

このような授業を行っていたのは、様々な能力を身につけたほうが良いという学校の方針があったのです。

しかし、当時の私は体験入学を受けていなかったので、そのような事を知らないで、入学した後に後悔しました。

そのため、アニメ業界で働きたい方は、数多くの学科が用意されている本校で、体験入学を受けてみる事をおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ