おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

専門学校に行かずに声優の養成所に入るっていうのはあり?

   

声優になるためには、声優の専門学校に行って、それから声優の養成所のオーディションを受けて、そこからプロを目指すというのが、今一番よくあるコースです。

でも、声優の専門学校に行ってから養成所に行くのでは、すごく時間がかかります。

そしてお金もたくさんかかるんです。

だから、できれば専門学校に行かずに、ダイレクトで養成所に行きたいと思うこともありますよね。

でもそれはできるのでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

専門学校に行かなくても養成所には入れる

別に、専門学校に行かないと声優の養成所に入ることができないわけではありません。

実際、専門学校に行かずに声優の養成所に入ったという方もすごくたくさんいます。

そしてそこからプロの声優になっている人もたくさんいるんです。

だから、今では一般的になっている、声優の専門学校に行って、それから養成所に入るというコースは、別にどうしてもそのコースでないといけないというほどのものではないんです。

では、なぜそのコースが一般化しているんでしょうか?

ちゃんと調べていないだけ

それは、多くの場合でちゃんと調べていないだけです。

ちゃんと調べないで考えると、声優になるには、専門学校に行けばよいと思ってしまいますよね。

何かの実技系のことのプロになるのには、それの専門学校で学ぶというのが最も一般的ですから。

そして実際、声優の専門学校はすごくたくさんあります。

だからそこからすぐにプロになれると思うのは仕方ありません。

でも現実はそうではない。

現実では、声優の専門学校を出てもそうそうプロにはなれない。

ではそこからプロの声優になるためにはどうすればよいのか、そこからプロの声優になるためには、声優の養成所に行くしかありません。

だから、専門学校から養成所というルートが多くなり、あたかもそれが当たり前のルートのように思われるのです。

でも、別に専門学校に行かないと養成所の試験を受けることができないとか、そういうわけではありません。

なので、まずは一度養成所の試験を受けてみるというのはありです。

それで落ちてしまったら、そこで初めて専門学校に行くという選択肢を持つというのもありなのです。

というかそれがおすすめです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

専門学校に行ってから養成所に行くメリット

では、専門学校を出てから養成所に行くメリットはないのでしょうか?

それにメリットがないのかというと、そんなことはありません。

どんなことにもメリットはあるもので、それは専門学校を出てから養成所に行くというのでも変わりはありません。

オーデイションに落ちづらくなる

専門学校を出てから養成所に行くことのメリットは、やっぱりオーディションに通りやすくなることです。

声優の養成所にはオーディションがあります。

それに受からないと入ることはできないのですが、全く何も勉強していない状態で受かるかといわれたら厳しいこともあります。

養成所は専門学校とは違い、とにかく生徒をたくさん集めたいとは思っていないからです。

だから試験も形だけの試験ではなく、落とされることも全然あるんです。

そして実際、入ってからも次々と試験があります。

その試験をパスしないと、次のステージに進むことができないんです。

なので、専門学校に行って、声優としての基礎力を上げておくことには意味があります。

基礎力があれば、まずオーディションにも通りやすいですし、入学後の逐一の試験もパスしやすくなりますから。

授業も身に着けやすくなる

また、基礎力があれば、その声優の養成所で学べることも、身につけやすくなります。

養成所でどれだけ学んでも、そこで学んだことを身に着けることができないのであれば、意味がありません。

大切なことは、しっかりと身に着けることになるんです。

でも、全く0の状態から学んでいっても、覚えることが多すぎてなかなか身につかないことはあります。

それに対して基礎力がきちんとあれば、覚えるべきことは割とピンポイントになりますし、なぜそうするのかという背景もわかりやすいです。

だから、より身につけやすくなるんです。

スキルが身についていけば、やっぱり養成所内の試験などもパスしやすくなりますよね。

そういう意味でも、専門学校を出てから養成所に行くというのは効果的になるんです。

専門学校を出てから行くデメリット

では逆に、専門学校を出てから養成所に行くデメリットはどこにあるでしょうか?

一つはやっぱり、冒頭でも触れてきた通りに、時間とお金がかかることです。

専門学校なのですから、卒業までに最低でも2年かかります。

高校卒業後すぐに声優を目指していたならばよいですが、そうではなく、ちょっと回り道してきている人も多いですよね。

その場合、そこからさらに2年取られて、そのあとでさらに養成所で時間を取られるとなると、声優になるころには30歳近くになっているということも出てきます。

もちろん別に、声優に年齢は関係ないはずではあります。

でも、今となっては声優は人気商売。

露出も多いですから、同じくらいの実力なのであれば、若くてルックスが良いほうがもてはやされるのです。

たとえルックスがそこまで良くなくても、若ければ人気が出ることはあります。

男女ともに。

だから、若いうちに声優になるというのは、地味に大切なことではあります。

となればやっぱり、専門学校に行っている時間はもったいないですね。

養成所は意外と高いこともある

専門学校に通うのには、大体2年で200万円から250万円くらいかかります。

では養成所はどうでしょうか?

養成所の学費はピンキリです。

でも、だいたいの場合で、20万円くらいから100万円くらいになります。

だから、そこまで高いわけではありません。

しかし、専門学校を出た後にまたそれだけのお金を払うと考えると、経済的な負担は大きいです。

これだけの負担であれば、自分でも稼ぐことはできるかもしれませんが、これにさらに専門学校の学費もかかるとなるとちょっと厳しいですよね。

お金の問題はやっぱり大きいんです。

養成所から進めないことはどっちにしてもある

養成所に入ったところで、そこでプロになれるとは限りません。

それは、専門学校を出てから養成所にいっても、いきなりダイレクトで専門学校に行っても同じことです。

では、もし養成所に入ったあげく、プロになれなかった時にはどうしたらよいのでしょうか?

その時にはいくつかのパターンがあります。

一つはそのままあきらめるというパターン。

特に専門学校から養成所に行っているという場合には、そのままあきらめてしまうことも多いです。

そこまで時間とお金をかけているわけですから、それは仕方ないといえば仕方ないことです。

ではダイレクトで養成所に行っている場合はどうでしょうか?

ダイレクトの場合には、まだかけた時間もお金もそこまでではありません。

だから、まだあきらめずに、違う道を探す方が多いです。

たとえば違う養成所を受けてみたり、あるいはそこから専門学校に行ったり。

道が広げやすいのが専門学校に行かずに養成所に行くパターン

このように、専門学校に行かずに養成所に行くというパターンでは、ダメだった時の保険がききやすいです。

プロになれることは保証されていないわけですから、できれば保険を掛けつつ進みたいものです。

だから専門学校に行かずに養成所にいくのもおすすめできます。

まとめ

専門学校に行かずに養成所に行くという道を選んで声優になっている人もいますし、それにはメリットもたくさんあります。

でも別に専門学校に行ってから養成所に行くという道にもメリットはあるわけですから、どっちのメリットが自分には魅力的に見えるのか、よく考えてみてください。

そして、より魅力的に見える方を選んでいけば、後悔のない選択がしていけます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校