おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

専門学校は毎日忙しい?無理なく学ぶためのデザイン専門学校の選び方

   

専門学校は進路に合わせて必要なスキルを身につけるための場所です。

中でもデザイン専門学校は、プロのデザイナーに必要なスキルを効率良く学べるので授業を通して忙しい毎日を過ごすことが多いかもしれません。

必要なスキルを磨きながら無理なく専門学校に通うためには、どのような学校選びを心がければ良いのでしょうか。

ここでは、デザイン専門学校在学中に忙しい理由や無理なく学ぶためのデザイン専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校在学中に忙しい理由

学ぶ年数によって時間割りが詰まっていることがある

デザイン専門学校には1年制・2年制・3年制・4年制があるので、自分が学びたい内容だけではなく学びたい期間に合わせて学校選びをすることが大切です。

1~2年制のデザイン専門学校は短期間でプロに必要なスキルを身につけるため、時間割りが詰まっていることがあるので在学中は忙しい可能性があります。

短期間で効率良くデザインの知識や技術を身につけたい場合には学ぶ年数が短いデザイン専門学校がおすすめです。しかし、忙しい専門学校に通うことに対して不安がある場合や、じっくりデザインの勉強に取り組みたい場合には短期間の専門学校は向かないかもしれません。

デザインの授業のほとんどに課題提出がある

幅広いタイプのデザイン専門学校の多くが、授業を通してどのくらいスキルを身につけているか確認するために課題提出があります。

受ける科目によってそれぞれ課題が出るので、複数の課題を抱えた状態になると日々のスケジュールが忙しいと感じるかもしれません。

しかし、プロのデザイナーになれば仕事の納期に合わせて作品を制作する必要があるので、期日までに課題を提出する習慣を身につけておけば、プロになった時に納期までに作品を仕上げることに対して気持ちにゆとりが生まれます。

スキルを身につけると同時に就職活動を行う

デザイン専門学校の中には、短期間でプロのデザイナーに必要なスキルを身につけるためのカリキュラムとなっているところがあります。

専門学校在学中に多くの学生の方が就職活動をしますが、学校で授業を受けた後の課題提出を手掛けながら時期が訪れたら就職活動をする必要があるので、専門学校に通う学生の方は毎日が忙しいと感じるかもしれません。

就職活動の際にはポートフォリオと言って自分の作品を見やすいようにファイルしたものが必要となるので、学生の方は在学中に時間を上手に使って作品制作に集中する必要があるのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

無理なく学ぶためのデザイン専門学校の選び方

ゆとりを持って学べる年数のデザイン専門学校を選ぶ

デザイン専門学校の多くはプロのデザイナーを育成するための場所なので、通う年数が短期の場合に授業内容によって毎日のスケジュールがハードになることが予測されます。

短期の専門学校でも卒業時にはプロに必要なスキルをすべて身につけておく必要があるので、在学中に密度が濃い時間となるのは仕方がないことなのかもしれません。

忙しい専門学校に通うことに不安がある場合には、3年制や4年制などゆとりを持って学べるデザイン専門学校を選ぶと良いでしょう。

自宅でも課題に取り組めるデザイン専門学校を選ぶ

デザイン専門学校によっては、専門的な技術習得のために学校の設備を使って授業を行うところがあります。

課題も学校の設備を使用して制作する必要があるため、自宅での空き時間を使って課題制作に取り組めないこともあります。

授業後に専門学校に残って設備を使い課題制作に取り組むことに対して時間的ゆとりを感じられない場合には、自宅で好きな時に課題に取り組むことができるデザイン専門学校を選ぶと良いでしょう。

時間を気にせず自分のペースで課題制作できる専門学校なら、気持ちにゆとりが生まれるので作品作りに集中できます。

学校の設備を自由に使える専門学校を選ぶ

目指しているデザイナーの職種が高度な技術が必要で、最新の機材を使用しないと授業で習ったことを生かした作品作りができない場合には、学校の設備をいつでも自由に使えるデザイン専門学校がおすすめです。

デザイン専門学校の中には校内の整備を24時間自由に使えるところがあるので、時間に追われることなく課題制作に取り組みたい方におすすめです。

限られた時間内に多くのことをこなさなければならない時は毎日が忙しく感じてしまいますが、自分のスケジュールに合わせて課題に取り組むことができれば気持ちにゆとりが生まれるでしょう。

忙しい専門学校はバイトをしながらでも通えるのか

将来デザイナーを目指している方の中には、デザイン専門学校に通うために実家を離れて一人暮らしをしている方がいるかもしれません。

様々な事情からバイトをしながら専門学校に通う方がいるかもしれませんが、時間割りが詰まっていて課題提出が多い専門学校に通うことを不安に思うかもしれません。

時間的に無理をしながらデザインについて学ぼうとすると、授業に集中できないこともあるので無理なく学べる専門学校を選ぶことをおすすめします。

バイトをしながらデザインを学びたい場合、日曜や夜間コースがあるデザイン専門学校を選ぶことで時間や気持ちにゆとりを持って必要な技術を学ぶことができます。

短期間で必要な事柄が学べるカリキュラムとなっていたとしても、社会人として働いている方に合わせた内容となっているので無理なく授業に参加できます。

バイトをしながらデザイン専門学校に通いたい場合には、働きながらデザインを学ぶことを前提に専門学校選びをすることで日々の中でコツコツと必要なスキルを身につけていくことができるでしょう。

ゆとりを持ってデザインを学びたい方の学校選び注意点

通学時間がかかるデザイン専門学校に注意

朝から夕方まで時間割りが詰まっているデザイン専門学校は、授業内容を理解するだけではなく科目ごとに課題提出があるので十分な時間が必要となります。

あまりにも遠方にあるデザイン専門学校を選んでしまうと通学時間がかかってしまうので、必然的に時間にゆとりがなくなってしまいます。

忙しさに追われたくない場合には、通いやすい場所にあるデザイン専門学校を選ぶことをおすすめします。

課題提出の頻度が高い専門学校に注意

デザイン専門学校は授業と課題提出がセットとなっていることが多いので、あまりにも課題提出の頻度が高い場合には毎日が忙しくなってしまいます。

3週間に1度など平均的なペースで課題提出を実施しているデザイン専門学校を選ぶことで、焦ることなくじっくりと課題制作に取り組むことができます。

上級レベルの内容の専門学校に注意

デザイン専門学校はそれぞれカリキュラム内容や選択できるコースの数に違いがあるので、自分に最適な学校を選ぶことが大切です。

まったく初めてデザインについて学ぶ時にいきなり上級レベルのデザイン専門学校を選んでしまうと、授業内容の濃さから課題提出が多い場合があるので忙しさを感じてしまうことがあります。

ゆとりを持ってじっくりデザインについて学びたい方であれば、初心者でも無理なく学べる授業内容のデザイン専門学校がおすすめです。

まとめ

将来プロのデザイナーを目指すために、デザイン専門学校に通うことを検討している方がいるかもしれません。

デザイン専門学校は授業内容や学習期間に違いがありますが、自分のペースで無理なく通える専門学校を選ぶことで必要なスキルをじっくり身につけていくことができます。

入学する前に学校資料によく目を通してカリキュラム内容を確認した上で、自分にとって最適なデザイン専門学校を選ぶようにすると安心です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ