おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

専門学校や養成所に行くこと以外に声優になる道ってあるの?

   

声優になるには、基本的には専門学校や養成所に通わないとならないと思っている方もまずまずの数いるのではないでしょうか?

確かに専門学校に行ったり養成所にいったりするのが王道のルートではあります。

しかし、そういうところに行かなくても、声優になる方法はあるんです。

そこでここでは、声優の専門学校や養成所に行かずに声優になる道についてみていきます。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

オーディションからプロになる

声優の専門学校や養成所に行かずにプロの声優になるための方法として一番定番なのは、オーディションをうけてプロになるという方法です。

声優のオーディションは、まれに行われています。

たとえば、何かのキャラクターのオーディションだったり、あるいは事務所が主催しているオーディションだったり。

後者であれば、それに合格すればそれでプロになることができます。

前者の場合には、それに合格してもそれだけでプロになれるとは限りません。

少なくともお金をもらって仕事をしているわけですから、プロといえばプロですが、やっぱりプロの声優のイメージは事務所に所属をして、いろいろなキャラクターを演じるというものですよね。

そうなるためには、その仕事が評価されたりして、どこかの事務所に所属しないといけません。

でも、そのキャラクター役を勝ち取ることできるくらいですから、そうなれる可能性も高いです。

だから、そうしてどんどんオーディションをうけていくというのも効果的です。

可能性は決して高くはない

前者であっても、後者であっても、オーディションを受けてプロになることができる確率は、決して高くはありません。

なぜなら、そもそもチャンス自体が多くはないんです。

そうしたオーディションは、そんなに頻繁にやっているものではありません。

正確には、ある程度頻繁にやってはいるのですが、そのうちの大半は公募がされていないんです。

だから、どこかの声優事務所にだけ募集をかけるというオーディションがほとんどになります。

なので、チャンスはあまりないと思っていた方が良いです。

逆にそういうオーディションなどの情報は、専門学校には入ることがあります。

だから、少なくとも専門学校に行けば、そういうところからプロになることができる可能性は高くなります。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

直接アピールするという方法もある

かなり特殊な例にはなりますが、声優になるために直接自分をアピールして声優になったという人もいます。

たとえば、声優事務所には大体の場合でメールフォームがあります。

そこに自分の声のサンプルや、声優になりたいという熱い気持ちや履歴書などを張り付けてメールを送るんです。

もちろん、全然無視される可能性もあります。

むしろほとんどの場合がそのパターンになります。

でも、返事がもらえて、一度お会いしてくれることになる可能性だって0ではありません。

実際にそれでプロになり、しかも超の着く人気に声優になっている人もいるんですから。

なので、そこから応募をしてみるというのもおすすめできます。

当然ながらある程度のスキルは必要

ただそれでプロになるためには、ある程度のスキルが必要であることは間違いありません。

スキルがないようだと、たとえそこで多くした声のサンプルを聞いてくれたとしても、そこから先につながらない可能性は高いです。

それでは意味がないですよね。

そもそも聞いてもらえる可能性すら高くないのに、聞いてもらったうえで反応してもらわないといけないんです。

そうするためにはやっぱり、ある程度のスキルは必要になります。

ではどうすればスキルを磨くことができるのか。

もちろん独学でもスキルは磨けますが、スキルを磨くのに手っ取り早いのは、やっぱり専門学校や声優養成所に行くことになるんです。

だから、そういうところで学ぶというのは、やっぱり声優になるための近道ではあるんです。

うまくいけば独学のほうが近道になることは多いですが、それはあくまでも、うまくいけばの話になります。

スカウトでプロになることもある

まだまだ、専門学校や養成所に行かずにプロの声優になる方法はあります。

それが、スカウトでなるという方法。

スカウトでプロになることは、まずほとんどありません。

特に今の、声優の供給がすごく過多になっている時代では、そうなることはほとんどないと思っていたほうが良いです。

でも、完全にその可能性が0なわけではないんです。

ではスカウトでプロになるというのは、どういうところでスカウトされるんでしょうか?

舞台や仕事でスカウトされる

一番多いのはやはり舞台になるでしょう。

舞台であれば、演技の技術があることもわかりますし、声質もはっきりわかります。

ついでに言えばルックスもわかるので、すごく評価されやすくなるんです。

最近の声優事情を考えると、ルックスというのはすごく大切になりますから。

あるいは、仕事からスカウトされるということもあります。

最近では、クラウドソーシングはもはやすごく一般化してきました。

だから、別にゴリゴリのプロでなくとも、クラウドソーシングで声優の仕事を請け負うことはできます。

いうなればフリーランスの声優です。

そんな風にしてフリーランスでずっと声優をしていると、いつかその仕事を聞いたところから、スカウトされるという可能性もあります。

舞台と比べると可能性は高くはないですが、それを仕事の経歴としてアピールすることもできますから、いずれにしても仕事を受けてみるのは悪いことではないですね。

もちろん仕事なので、相応のクオリティは求められますが。

コネクションでプロになるというパターンも

あともう一つ、養成所や専門学校に行かずにプロの声優になるというパターンがあります。

それが、コネクションを活かすという方法です。

コネクションというのは、例えば家族が声優だったり、あるいは別の仕事をしている中で声優関係の人とコネクションができて、そこから声優を目指すというパターンの二つがあります。

前者のパターンの場合には、そもそもの境遇が必要になります。

だから、努力でどうにかできることではありません。

でも後者であれば、努力でどうにかできることもあります。

たとえば、アイドルのオーディションを受けたりすればいいんです。

あるいは俳優さんになったり。

そうすることによって、そこでコネクションを作ることができます。

道を増やせるということ

たとえばただただ声優を目指すだけよりも、そうして幅を広くして目指していけば、どこかに引っかかる可能性はでてきますよね。

声優のオーディションには受からないけど、アイドルのオーディションには受かるという可能性もあります。

声優だけでうけていてもいつまでもオーディションに受からないし、次第に心が折れてきてしまうことはあるものです。

でも、間口を広げれば受かる可能性は当然増える。

ただそれからしばらくは活動しないといけないので、どういうところからコネクションを作るにしても大変であることは間違いないですが、道を増やせるのは間違いなく良いことです。

だから、そうするのもおすすめできます。

まとめ

専門学校に行かずに、あるいは養成所に行かずに声優になることを目指すというのは、間違いなく王道ではありません。

でも、こうしてプロの声優になることもできるんです。

だから、専門学校にいくことを目指しながら、あるいは行きながら、こうした道でプロになることを模索するというのはありです。

そのほうがよりプロになれる可能性も高くなりますし。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校