おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

少しでも高く売ろう!ペンタブをヤフオクで売る際の4つのコツ

   

ペンタブを高く売りたいのであれば、やはりヤフオクで売るのが一番でしょう。

でも、ヤフオクでペンタブを高く売るのにはコツがあったりします。

それを知らずに売るのとそれらを知ってコツに合わせて売っていくのでは、やはり売れる値段はかわってくるでしょう。

そこでここではそんな、ペンタブをヤフオクで売る際の4つのコツを紹介します。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

早く売ろうとしないこと

ペンタブをヤフオクで少しでも高く売りたいのであれば、まず大切なことは早く売ろうとしないことです。

ヤフオクでは、早く売ろうとすることも出来ます。

たとえば1日くらいで終了するような出品の仕方も出来るからです。

たしかに1日くらいで終了するような出品の仕方をすれば、それだけ早くお金がもらえることになる可能性も高いので、どうしてもお金がない時にはそれもアリでしょう。

しかし、そうすると当然そのオークションに気が付く人自体が少なくなってしまいます。

当然ながらオークションで物を高く売るには、そのオークションの存在に興味を持ってくれる人が多い方が良いです。

だから、ペンタブをヤフオクで少しでも高く売りたいなら、すぐにオークションが終わるようにしてはならないのです。

一ヶ月くらいかけて売ると良し

出来れば一ヶ月くらいかけて売るのが最適だと言えるでしょう。

でも、ヤフオクで出品できる最長の期間は1週間です。

だから、一ヶ月くらいかけて売ろうとしてもなかなかそうできないのではないかと思う方もいるでしょう。

しかし、実はそうすることも可能なのです。

何回も出品すれば良いだけですから。

つまり、1週間の出品を3回繰り返し、4回目で本当に売ろうとすれば、一ヶ月かけて売りに出していることになります。

それだけかけていれば、そのオークションの存在にもたくさんの人が気が付くでしょう。

理想の値段に設定しておく

では、どうしたらそれだけ売れ残るでしょうか?

最初から安い値段で出していたら、1週間で終わってしまう可能性もあります。

とはいえ、定価のような値段で出品していたら、そのオークションに気がついても、特にチェックされることなく素通りされてしまいます。

それでは意味がないのです。

存在に気が付いてもらい、かつチェックされないとならないのです。

だから、値段設定は、自分がこの値段で売れたらいいなと思う、現実的な理想の値段にしておくと良いでしょう。

その値段で万が一売れてしまってもそれならば問題はありません。

結果的に高く売れることになりますから。

そしてその位の値段であれば、チェックもされるでしょうから、すごく良いのです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

欠品をなくす

ペンタブをヤフオクで少しでも高く売るためには、欠品を無くす事も大切です。

たとえば、ペンタブのペンがなかったりしたら、当然ながらそれはあまり高く売れなくなります。

その差は、自腹でペンを買いなおすより大きくなる可能性があります。

それならばペンを揃えてから買った方が良いでしょう。

箱なども出来ればあった方が良いです。

その方が状態がよく見えるので、買われやすくなるのです。

ただ箱の場合はいまさらどうしようもないこともあるでしょうから、最悪それは仕方ありませんが。

でも、箱以外のなんとか出来るものはなんとか揃えて完璧な状態で売りに出しましょう。

購入者の不安を無くすことが大切

欠品があることは、それだけ別で買わないとならないという手間を購入者に与えるだけでなく、購入者に不安を与えてしまいます。

なぜなら、欠品してしまうということはそれを無くしてしまったということになるからです。

では、何故それを無くしてしまったのでしょうか?

それは、大切に扱っていなかったからに違いありません。

或いは、自分なりには大切に扱っていたつもりでも、全然大切に出来ていなかったから無くしてしまったと言えるのでしょう。

いずれにしても結果的に大切にしていないことは明白です。

ということは中古で購入したとしてもすぐに壊れてしまう可能性があるということになります。

中古で買う際にそうした不安が芽生えたら、あまり高いお金は出せなくなるでしょう。

だから、高く売れなくなるのです。

中古でペンタブを高く売りたいなら不安感を無くさないといけません。

最終的には1000円くらいで出品する

ヤフオクでペンタブを高く売りたいのであれば、最終的には1000円くらいで出品するのがおすすめです。

先に説明してきたように、ペンタブは一ヶ月くらいかけて長期で売った方が多くの人の目にとまり高く売れますが、最終的にはしつかりと売ろうとしないとなりません。

そうして売ろうとするときに、1000円くらいで出すのです。

中途半端な値段で出しても、もしかしたらまだ売れないかもしれないと思って、多くの人に油断させてしまいます。

そうなったら、せっかく多くの人に注目されていても、運悪くあまり高く売れない可能性が出てくるのです。

では、気にしていたものが突然1000円からオークションにかけられたらどうでしょうか?

1000円で売りに出されているということは確実にその回のオークションで売れるでしょう。

だから、誰もが落札しようと躍起になるのです。

そのため、ますます注目度があがり、争いを引き起こせるというわけです。

1円ではだめなのか?

そうして安く売りに出すなら、最終的には1円で出した方が良いのではないかと思う方もいるでしょう。

でも、1円で売りに出すのは良くありません。

なぜなら、安すぎるのは逆に目につきづらいからです。

1円スタートで売られているものの中にはペンタブの芯などもあります。

むしろそれが多いでしょう。

そして1円スタートのものはすごく多いです。

そこに混じってしまうと、どうしても目立たなくなります。

しかし1000円であれば、あまり同じ価格で売りに出されているものはありません。

それでいてすごく安いので、どうしても目立つのです。

だからそれがおすすめです。

使用中の写真をあげておく

ヤフオクでペンタブを高く売るためのコツとして最後に紹介するのは、写真の撮り方についてです。

ヤフオクでペンタブを売るのであれば、それを使用中の写真を撮っておくべきです。

なぜなら、そうすれば確実に使用できるものであることが伝わるからです。

何度も言うようですが、ヤフオクで物を売る時には相手の不安を取り除かないとなりません。

買う側には、もしかしたら買っても使用できないかもしれないという不安があるものです。

だから、そんなことはないよと写真で知らせてあげるのが効果的になるのです。

ペンタブと画面が映るようにとる

当然それは、ペンタブと画面を別々にとっても意味がありません。

ペンタブをもって線を引いて、その線が画面にしっかりと映っていることが分かるようにするためには、ペンタブと画面の両方を映さないとならないのです。

だから、多少アングルには工夫が必要になることはあるでしょう。

でも、その写真を撮ると撮らないでは、買い手に与える印象が大きく違ってくるのは確実です。

ですから是非そういう写真もアップしていってください。

まとめ

ペンタブをヤフオクで売る時には、是非これらのことを意識して売っていって下さい。

割と長期的な計画にはなるでしょうが、どうせ売れるならそれくらいの長期的な計画をしてでも、高く売れた方が良いに決まっています。

そもそもの低下が安いものならまだしも、ある程度高いペンタブを売ろうとしている人も多いでしょうから。

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)