おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

就職できるか不安!デザイン専門学校を通して希望の会社に就職するには?

   

デザイン業界は常に新しいものを取り入れる現場であるため、最新のソフトの使い方などをマスターしておく必要があります。

デザイン専門学校では最新の機材を取り入れた環境の中でデザインについて学べるので、プロを目指している方におすすめですが、万が一就職できない時の不安を抱える方もいるようです。

ここでは、デザイン専門学校を通して希望の会社に就職する方法を見ていきたいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校で身につくスキルとは

デザイン専門学校ではデザインに関する授業を通して、プロに必要なスキルを一通り身につけることができます。

デザインの分野は多岐に渡るので、自分が進むべき方向性に合わせて学科を選ぶことが大切ですが、具体的にどのようなスキルを身につけることができるのでしょうか。

デザイン画を制作するのに必要なデッサン力

デザインの分野は、グラフィックデザイン・ファッションデザイン・ジュエリーデザインなど数多くの種類があります。

これらの分野のプロを目指すには専門的な知識や技術を身につける必要がありますが、どのような職種でもデザイナーになるためにはデザイン画を制作するスキルが必要となります。

作品の大元となるデザイン画は、自分のイメージを形にする最も大切なものですが、デザイン専門学校ではデッサンの授業を通してデザイン画を制作するためのスキルを身につけることができます。

デザインの大元となる発想力

身の回りには、デザイン画をもとに形にした多くの物で溢れています。

ペンひとつにしてもデザイン画がなければ、最終的に立体物にすることができません。

さらに、デザイン画を制作する前の段階で最も大切なのが、どんなデザインにするのか決めるための発想力です。

デザインの元となるイメージは、個性によってまったく違ったものが生まれる可能性が高いものなので、同じアイテムでもデザイナーの発想力の違いで異なる魅力を持ったものになるのです。

デザイン専門学校では、デザインの発想力を磨く授業があるので、プロとして自分の個性を生かした物作りを目指すことができます。

デザインをする時に必要な機材の使い方

デザインの分野にもよりますが、ファッションデザインやジュエリーデザインなど平面のデザイン画をもとに最終的な立体的なものを作り出すためには、必要な機材の使い方をマスターする必要があります。

専門的な現場で使用する機材の使い方をマスターしておけば、いざプロとして仕事をする時にデザイン画を正確に形にすることができるので、クオリティが高い商品を提供することができます。

デザイン業界で使用される機材は時代と共にどんどん新しくなるので、プロとして第一線で活躍するためにも、スキルを常に更新するためにプロになってからも学ぶ姿勢を忘れないことが大切です。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校ではどんな就職活動をするのか

就職活動のやり方は希望する職種によって違いがありますが、一般的な職種と違いデザイン系の職種は履歴書の内容だけではなくポートフォリオと言って、制作した作品をファイルしたものをもとにデザインのスキルを見られます。

一般的な就職活動とは異なるからこそ、どのような就職活動をするのか事前に把握しておくことをおすすめします。

デザイン専門学校に集まる求人情報に応募する

デザイン専門学校には数多くの求人情報が集まるので、自分が働きたいと思う条件を備えたデザイン会社を見つけることができます。

いくつかの求人情報を絞り込んで応募することになりますが、競争率が激しく人気が高いデザイン会社は書類選考に通過しなければ面接を受けることができません。

デザイン専門学校在学中に資格を取得したり、コンテストに受賞するなどして書類選考に通過するためのアピールポイントを身につけておくことが大切です。

気になるデザイン会社に求人について問い合わせる

どうしても働きたいと憧れるデザイン会社があったとしても、タイミング悪くまったく求人していないこともあります。

そんな時は、気になるデザイン会社に電話やメールなどを通して求人について問い合わせると良いでしょう。

これから求人情報を出そうとしている場合に面接が有利になる可能性があるので、積極的に行動することで道が開かれることがあります。

デザイン専門学校の繋がりから会社を紹介してもらう

デザイン専門学校には第一線で活躍中のプロの講師が在籍していることもあり、デザイン業界を身近に感じながらプロを目指すことができます。

デザイン専門学校の繋がりの中で、デザイン会社を紹介してもらえるチャンスを得ることがあるかもしれませんが、課題提出で高い評価を得て成績を上位にキープしておくなど、生徒として高いスキルを身につけておくことが大切です。

デザイン専門学校を通して就職する方法

デザイン専門学校を通して就職する最もシンプルな方法は、毎回の授業にきちんと参加してプロに必要なスキルをしっかり身につけた上で求人に応募することです。

正社員として就職すれば、安定的な収入を得ながら好きな分野で活動することができるので充実した毎日を過ごせます。

希望するデザイン会社に就職するためには、具体的にどのような方法を実践すれば良いのでしょうか。

就職活動の仕方について講師に相談する

デザイン専門学校にはプロのデザイナーとして活躍している講師が在籍しているので、将来の進路について迷った時に相談すると良いでしょう。

どのような方向性に進んで良いか迷っている場合には、自分のデザインにおける強みについてアドバイスをもらうことで、どのようなデザイン会社を絞り込んで就職活動すれば良いが明確になります。

校内の就職指導を通して採用されるための準備をする

デザイン専門学校の中には定期的に就職指導を行っているところがあるので、履歴書の書き方や面接の受け答え方や立ち振る舞いなど、採用されるための準備をしておくことが大切です。

デザイン業界は自由なイメージがありますが、会社によってはデザインの高いスキルを身につけているだけではなく、社会人としての常識やマナーの有無を重視されるところもあるので、採用されるためにもあらゆる角度から自分を磨いておく必要があります。

企業説明会に参加して就職先を絞り込み応募する

デザイン専門学校では定期的に企業説明会を実施しているので、希望する企業の詳しい情報を集めることができます。

憧れやイメージだけではなく、会社についての詳しい情報を比較検討することで、自分に最適な就職先を絞り込むことができます。

希望する会社を絞り込んだら、履歴書やポートフォリオを準備しておいて決められた日時に面接を受けにいきます。

採用が決まればデザイナーとしてのキャリアを積み重ねていくことができます。

デザイン専門学校卒業後に就職できない時の対策法

デザイン専門学校在学中に就職活動を通して希望の会社の内定をもらうことで、卒業後の進路を定めることができます。

しかし、希望する会社に就職できなかった場合には、卒業後の進路に迷いが生じる可能性があります。

正社員として就職を希望すると人気が高いデザイン会社はどうしても競争率が激しくなることが予測されますが、準社員やアルバイトの求人に応募して現場でキャリアを積むというのも方法のひとつです。

正社員として希望する会社に入社できなかった場合には、準社会やアルバイトの募集はないか問い合わせてみることで採用のチャンスを得る可能性があります。

まとめ

デザイン専門学校ではプロに必要なスキルが学べるだけではなく、在学中にプロのデザイナーとして活躍中の講師とコミュニケーションをとることで業界を身近に感じることができるなど様々なメリットがあります。

希望するデザイン会社に無事に就職するためには、授業を通して高いスキルを身につけておくだけではなく、あらゆる方向から採用されるための準備を整えておく必要があります。

デザイン専門学校の中には就職サポートが整っているところがあるので、サポートが厚い専門学校に入学することもデザイナーになるためのひとつのステップとなります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ