おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

幅広い仕事をしたい場合には?イラストとデザインをしたい方におすすめのイラスト通信講座

   

クリエイターを目指している方の中には、プロとして必要な技術を身につけるためにイラスト通信講座で学びたい方がいるかもしれません。

イラストとデザインの仕事は同じクリエイティブな分野でありながら、その仕事内容に大きな違いがあります。

ここでは、イラストとデザインのスキルの違いについて見ていきながら、イラストとデザインの両方の仕事をしていきたい方におすすめのイラスト通信講座をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストとデザインのスキルの違いを教えて!

クリエイターを目指す方の中には、イラストレーターとして活躍したい方もいればデザイナーとして活躍したい方もいることでしょう。

イラストとデザインの仕事内容には大きな違いがあり、イラストは広告や雑誌などに使用する絵を描く仕事で、クライアントのニーズに忠実に沿ったイラストを幅広いタッチで表現する場合もあれば、個性的なイラストが必要とされる場合もあります。

それに対して、デザインは広告や雑誌などの文字やイラストなどをレイアウトする仕事で、文字の選び方やレイアウトのセンスによって全体のイメージが大きく変わるため高いセンスが必要とされる仕事です。

イラストはアナログで描く場合もあればデジタルで描く場合もあるので、絵を描くための基礎はもちろんのこと幅広い技術を身につけておく必要があります。

デザインはほとんどデジタルで作業するので、デザインの基礎やデザインのソフトを使いこなせるスキルが必要となります。

両者には仕事内容に違いがありますが、どちらともプロとして仕事をするための基礎とセンスをしっかり身につけることが大切です。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

クリエイターとして幅広い仕事をするには?

クリエイターの方の中には、イラストのみを制作している方もいればデザインだけに専念している方もいます。

中にはイラストとデザインの両方のスキルを持っている方もいるので、将来的にクリエイターとして幅広い仕事をしたい場合には、イラストとデザインの両方のスキルを学んでおくと良いでしょう。

両方のスキルがあれば、広告デザインに使用するイラストとデザインをどちらも担当することができるので、よりイメージに近い作品を制作するのに役立ちます。

両方を学ぶ方法には、クリエイターとして活動するための幅広い知識や技術が学べるデザインスクールに通うか、イラストとグラフィックデザインのスキルが学べる通信講座をあわせて受講するなどの方法があります。

デザインスクールはカリキュラムに沿って幅広い科目の基礎と応用を通学することで学んでいきますが、イラスト通信講座は基礎的なスキルと深く掘り下げた内容の応用的なスキルを自宅で学ぶことができます。

イラストとデザインのスキルを両方持っていれば、プロとして活動する際に様々な種類の仕事に挑戦できるのでおすすめです。

イラストのスキルが学べるイラスト通信講座の選び方

絵を描くための基本がしっかり学べる講座を選ぶ

イメージ通りのイラストを描くためには、絵を描くための基本をしっかり学ぶことが大切です。

デッサンは身の回りの様々な生き物や物体などを忠実に描くための科目ですが、こうした基礎を身につけておくことで、応用の段階で個性的な描き方ができるようになります。

絵の基本が分かりやすく学べるイラスト通信講座なら、将来幅広いジャンルのイラストの仕事をする際に役立つでしょう。

色彩の知識や色使いが学べる講座を選ぶ

イラストレーターとして仕事をする中で、モノクロイラストの依頼を受ける場合もあればカラーイラストの依頼を受けることもあるでしょう。

色が持っているイメージというものがあり、クライアントが希望するイラストのイメージに合った色使いをする必要があるので、色彩の知識や色使いなどの基本をしっかり身につけておく必要があります。

せっかく素敵なイラストであってもイメージに合わない色使いの場合、修正の可能性があるため手間がかかってしまいます。

しかし、色彩の知識をきちんと身につけておけば、クライアントのイメージに沿ったイラストの完成を目指すことができるでしょう。

幅広いタッチのイラストの描き方が学べる講座を選ぶ

イラストレーターとして仕事をする中、多くのクライアントのニーズに応えるためにもイラスト通信講座を通して幅広いタッチのイラストの描き方を学んでおくと良いでしょう。

様々なタッチで自由自在にイラストを描くことができるようになれば、プロとして多くのクライアントから依頼を受けることができるので、その分プロとしてのキャリアを積むことができます。

また、幅広いタッチのイラストの描き方を学びながら、自分ならではの個性を生かしたイラストを描けるようになっておくことで、イラストレーターの強い個性が必要とされる仕事のチャンスが舞い込む可能性があります。

CGイラストの描き方が学べる講座を選ぶ

インターネットが普及している現代は、イラストが郵送ではなくデータでやり取りされることがほとんどです。

もちろん、依頼内容によってはアナログのイラストが必要とされる場合もあるので、デジタルとアナログの両方のイラストのスキルを身につけておけば、どのようなイラストの依頼にも慌てることなく対応することができるでしょう。

イラスト通信講座の中にはアナログイラストのスキルが学べるものとCGイラストのスキルが学べるものがあります。

より学びたい内容のイラスト通信講座を選ぶことで効率良く必要なスキルを身につけることができるでしょう。

デザインのスキルが学べるイラスト通信講座の選び方

デザインの基本が学べる講座を選ぶ

クライアントの希望を忠実に作品に反映させるためには、高い技術と柔軟な発想力が必要となりますデザインの基本はすべての仕事の土台となる重要なものなので、より時間をかけて丁寧に学べるイラスト通信講座を選ぶことが大切です。

レイアウトのコツやポイントなど、基本的な事柄を丁寧に教えてもらえるイラスト通信講座なら初心者の方でも学びやすいのでおすすめです。

ソフトの使い方を段階に応じて学べる講座を選ぶ

イラストやデザインなどクリエイティブな現場で広く使用されているのがIllustratorです。

イラストとデザインのどちらも作成可能な使いやすいソフトなので、使い方の基本をしっかり学ぶことでイメージに沿った幅広い表現をすることができます。

初級・中級・上級など段階に応じた知識や技術が学べるイラスト通信講座なら、高度なスキルをコツコツと少しずつ身につけていくことができるのでおすすめです。

デザインの応用が学べる講座を選ぶ

イラストや文字、写真や図などを規則的に並べるだけでは広告としての面白みがありません。

しかし、デザインの応用を学ぶことで、自分の個性をさり気なくデザインの中に取り入れることができるでしょう。

デザインの応用が学べるイラスト通信講座を選ぶことで、幅広いニーズに応えながらセンスが溢れるデザイン作りを目指すことができます。

幅広い技術を段階に応じて学べる講座を選ぶ

初心者の方であれば、基礎的な技術から応用的な技術までを段階に応じてじっくり学べるイラスト通信講座がおすすめです。

いきなり高度な技術の取得をするのは誰にとっても難しいものですが、少しずつマイペースに学ぶのであれば、無理なく幅広いデザインの技術を学ぶことができるでしょう。

イラスト通信講座なら自分のペースで学ぶことができるので、苦手な科目が出てきたとしても理解できるまで繰り返し学べるのでおすすめです。

まとめ

イラストとデザインは仕事内容に違いがありますが、それぞれ仕事にまつわる大きな魅力があります。

それぞれの仕事内容を把握した上で、自分にとってどちらが将来の希望に合っているかしっかり考えた上で必要な技術を身につけるようにすることが大切です。

イラスト通信講座を通してイラストとデザインの基本と応用をしっかり学ぶことで自分の中のイメージを形にしやすくなるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ