おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

忙しいって本当?デザイン専門学校に入学する時に注意すべきこと

   

プロのデザイナーを目指す方の多くがデザイン専門学校で学ぶことを選択します。

デザイン専門学校は授業に出席するだけではなく、科目ごとに課題を提出する必要があるため帰宅後も課題作品の制作に時間を取られることがあるかもしれません。

デザイン専門学校は忙しいことで知られていますが、入学する時にいくつか注意すべきことがあるのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校の学生が忙しい理由

デザイン専門学校に入学すると時間割りがびっしり詰まっていることもあれば、課題提出に追われて毎日忙しく過ごすことが多くなります。

プロのデザイナーに必要なスキルを身につけるためのカリキュラム内容となっているので、忙しいのは仕方がありませんが、あらかじめデザイン専門学校の学生は忙しいことを把握していれば途中で諦めることなく最後まで学び続けることができるでしょう。

デザイン専門学校の学生はどうして毎日忙しいのでしょうか。

短期の専門学校は短期間でスキルのマスターが必要

デザイン専門学校の中には、短期間でプロに必要なスキルが身につく授業内容となっているところがあります。

短期間でプロのスキルをマスターするにはどうしても密度が濃い授業内容となり、1日の時間割が詰まっていることもあるので学生の方は毎日が忙しいと感じることが多いかもしれません。

授業を受けるだけで終わるのではなく、授業を通して確実にスキルを身につけていく必要があるので自分が苦手な科目は復習するなど自発的に学習時間をとることが大切な点も忙しさが増す理由です。

完成度の高い課題作品を目指すために時間が必要となる

デザイン専門学校の成績は、テストに左右される一般的な学校と違って科目ごとに提出する課題作品の評価に左右されます。

科目ごとにまったく違う内容の課題を提出しますが、プロに必要なスキルが身についているか課題作品によって判断されるところがあるのでできるだけ質が高い作品作りを心がける必要があります。

完成度が高い課題作品を作ろうとするとどうしても時間がかかってしまうので、帰宅後も課題作品の制作に追われて忙しい日々を過ごすことになります。

完成した課題のレベルによっては再提出の可能性もある

科目ごとに課題提出があるので1日の授業の数が多いと、複数の課題を持ち帰って自宅で制作する必要があります。

思うように時間が取れず課題提出期限に間に合わせるために適当な作品を提出してしまうと、作品のレベルによっては課題作品の再提出の可能性があります。

同じ課題に何度も取り組むことで時間を取られてしまうので、提出すべき課題制作が溜まっていってしまい時間に追われることがあります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校に入学する時に注意すべきこと

デザイン専門学校は、ただ授業に参加して単位を取ることで卒業と同時に自動的にプロのデザイナーになれるわけではなく、在学中にプロに必要なスキルを身につけたかどうかにすべてがかかっています。

中途半端な気持ちで入学するとハードな毎日についていけない可能性もあるので、入学する時に注意すべきことをあらかじめ把握しておくことをおすすめします。

興味のある分野のコースを選択する

デザイン専門学校には分野ごとにいくつかのコースがあります。

入学の際に将来のビジョンがはっきりしないまま、なんとなくコースを選んでしまうと毎日忙しさに追われて途中で挫折してしまう可能性があります。

しかし、興味がある分野のコースならワクワクした気持ちで授業を受けて、楽しみながら課題作品に取り組むことができます。

たとえ忙しい毎日だったとしても、制作に没頭することができるので毎日を充実した気分で過ごすことができるでしょう。

すべてのデザインの授業にきちんと出席する

密度が濃い授業内容は欠席が続くとクラスについていけない可能性もあるので、必要なスキルが身につかない恐れがあります。

デザイン専門学校とバイトを両立している方がいるかもしれませんが、バイト中心の生活にならないように気をつけながらすべての授業にきちんと出席することをおすすめします。

スケジュール管理に気をつけながら、専門学校での活動を優先させるようにしましょう。

課題提出で実力を出しきるようにする

デザイン専門学校は課題提出によって成績が左右されるので、就職活動の時に備えてレベルが高い作品を提出して高い評価をキープしておくことをおすすめします。

課題提出は授業内容がしっかり身についているか確認するためのものなので、復習の意味も込めて丁寧に取り組むことが大切です。

課題提出で実力を出しきるようにすれば、おのずとプロに必要なスキルに磨きをかけることができます。

授業に無理なくついていけそうな専門学校の見つけ方

デザイン専門学校の多くは授業のスケジュールが詰まっているところが多いので、無理なくついていけそうな専門学校を選ぶことをおすすめします。

入学後の忙しさが不安な方であれば、学校選びの段階で自分のペースに合いそうなところを選ぶようにしましょう。

体験入学に参加した上でデザイン専門学校を選ぶ

公式サイトをチェックしたりデザイン専門学校の資料を取り寄せたりして、目を通しただけでは自分が入学に関して不安に思う点を解消するのが難しい場合があります。

授業の忙しさなどに不安がある場合にはあらかじめ質問事項をまとめて紙に書いておいて、デザイン専門学校の体験入学に参加した際に質問すると良いでしょう。

体験入学では実際に学校に足を運んで授業を受けるので、入学後に授業を受ける時のイメージが掴みやすくなります。

3年制のデザイン専門学校を選ぶようにする

短期のデザイン専門学校を選択すると、授業のスケジュールがどうしても詰まってしまうので毎日が忙しくなります。

バイトと専門学校の両立を考えている場合に、比較的時間にゆとりのある3年制のデザイン専門学校を選ぶと良いでしょう。

授業を受けながらじっくり課題作品に取り組むことができるので、ほど良いペースでプロのデザイナーを目指すことができます。

時間をかけてデザインの基礎が学べる学校を選ぶ

デザインの基礎がしっかり身についていないと、応用の段階になった時に必要なスキルが身につきにくい場合があります。

時間をかけてデザインの基礎が学べるデザイン専門学校なら、デザインの土台となるスキルを身につけた上で応用的授業に入って課題作品を提出することになるので、課題作品の完成度を高く保つことができます。

時間と手間がかかる課題作品の再提出を避けるためにも、1回で完成度の高い作品の提出を目指しましょう。

気持ちにゆとりを持ってデザイン専門学校で学ぶ方法

デザイン専門学校はプロのデザイナーを目指すという強い意志があれば、どんなにハードな毎日であったとしても楽しみながら乗り越えていくことができます。

しかし、入学前に毎日の忙しさに関して不安になる場合には、できるだけ時間を確保するために、通いやすいデザイン専門学校を選ぶことをおすすめします。

また、入学後に課題作品を制作する際にはある程度提出期限にゆとりがあったとしても、前もって制作に取り掛かるようにするなど、スケジュール管理を徹底することが大切です。

まとめ

プロのデザイナーはいくつもの納期を抱えてクオリティの高い作品を納品する必要があるからこそ、デザイン専門学校在学中に忙しい毎日を過ごすことに慣れておくことが大切です。

在学中の課題提出を通して期限内にクオリティの高い作品を提出する習慣が身についていれば、いざプロのデザイナーになって仕事をする時に、気持ちにゆとりを持って取り組むことができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ