おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

悪いこともある?短期のプログラミングスクールのメリットとデメリット

   

短期のプログラミングスクールは、プログラミングスクールの中でも比較的に人気になっています。

それは何かを学ぶ際には、できる短期に詰め込んで学んでいきたいと思う人が多いのもうなづける話です。

でも、短期のプログラミングスクールには、メリットもあればデメリットもあるもの。

そこでここでは、短期のプログラミングスクールのメリットとデメリットを紹介していきます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

メリットはすぐに就職を考えらえること

短期のプログラミングスクールの最大のメリットは、すぐに就職までもっていくことができるという点です。

プログラミングスクールで一生懸命勉強していけば、少なくとも独学で勉強していくよりははるかに効率よく学んでいくことができます。

だから、短期であっても就職支援をしてくれるところはあります。

そういうところを卒業していけば、比較的にすぐにプログラミングの仕事につける可能性が高くなります。

そして、少しでも早くプログラミングの仕事につきたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

やっぱりプログラミングスクールに行く目的の多くは、それを仕事にするためです。

そしてそれを仕事にするのであれば、早くそうしたいと思うのは当然。

だから早く就職していける可能性が出てくるというのは、うれしいポイントになります。

就職してからのほうがスキルは上がる

実際早く就職することには、メリットがあります。

たとえば、勉強しながらお金がもらえるようになるということなどもそうですが、それだけではなく、よりスキルが上がりやすくなるというのが、大きなメリットになるんです。

どんなことでも、プロとして通用するスキルは、プロになってからつくことが多いです。

よほどとびぬけたスキルの持ち主であれば、プロになって即戦力でやっていけることが多いですが、そうそうそんなとびぬけたスキルを持っている人なんていないですよね。

だから、実際にはプロとして通用するスキルは、プロになってから身に着けていくことが多いんです。

ということは、少しでも早くプロになったほうが最終的なレベルは上がりやすくなるということになります。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

料金が安いのもメリット

もう一つ、短期のプログラミングスクールにはメリットがあります。

それが、料金が安いということ。

基本的に、長期のプログラミングスクールと比べると、短期のプログラミングスクールの料金はすごく安いです。

場合によっては、数万円で受講することもできます。

でもこれが長期ともなると、一気に数十万円になってきてしまうことがあるんです。

やっぱり、かかる料金というのは大事です。

ある程度お金に余裕があれば、それは別に気にならないかもしれません。

でも、そこまでお金に余裕があるという方もあまりいないのではないでしょうか?

最近のご時世においては。

だったらやはり料金はすごく大事です。

もし料金が高いところに行こうとしたら、しばらくお金を貯めないといけないことも出てくるでしょう。

そうしたらプログラミングスクールに行くのが遅くなってしまいます。

これから先、就職を考えているのであれば、あまり行くのに時間がかかるのはおすすめできません。

行くのに時間がかかると就職に不利になる

あまり行くのに時間がかかってしまうと、その間に自分はどんどん年を重ねていくことになります。

時間は待ってくれませんから。

なので、就職にはどんどん不利になっていきます。

年齢を重ねれば重ねるほど、就職に不利になるのは当然です。

それは、プログラミングの世界においても同じことです。

特にプログラミングの世界は、激務であることが多いです。

激務をたえていくには、やっぱりすごく体力が必要にあります。

では体力があるのは、若い人と年齢がいっている人のどちらになるでしょうか?

まずどう考えても、若い人の方が体力はあります。

ということはつまり、年齢を重ねていると、それだけ採用されづらくなることがあるんです。

スキルが同じくらいであれば、より体力があって、長く働いてくれそうな方を採りたいと思うのは当然ですから。

短期のデメリットは不十分なスキルで就職すること

では逆に、短期のプログラミングスクールのデメリットはどこにあるでしょうか?

短期のプログラミングスクールのデメリットは、スキルが足りないまま就職することになってしまう可能性があるということです。

たしかに短期では比較的にすぐに就職することができます。

すぐに終わるわけですから、そのまま採用されさえすればすぐに就職していくことができます。

しかし、やはり短期間の勉強では、プロとしてやっていくのに十分なスキルを身に着けることができないことが出てくるんです。

もちろん先述の通り、それでもなんとかくらいついてプロの仕事を経験していけば、いつしかスキルはぐっと高まっていきます。

でも、そうなる前に心が折れてしまうことだって全然あるんです。

お荷物扱いされながらやっていく日々に耐えることはできるでしょうか?

それに耐えることができそうなのであれば、別にスキルが不十分な状態で就職を目指していくのも良いでしょう。

でも、多くの人の場合、それに耐えることはできないのではないでしょうか?

だから、自分のメンタルのレベルをよく考えて決めないといけません。

そもそも就職できないこともある

そもそも短期の場合では、そこで身に着けたスキルを武器に就職しようとしても、就職できないこともあります。

それは当然です。

明らかにスキル不足だと思われる人を雇っても苦労するだけですから、その場合には就職することは難しくなることがあるんです。

折角プログラミングスクールを卒業しても、そこから先に進むことができないのであればそれは意味がありません。

だから、比較的にリスキーな選択でもあるのです。

短期のプログラミングスクールというのは。

忘れやすくなるのもデメリット

短期間でぎゅっと詰め込んだ勉強というのは、忘れやすいという難点もあります。

長期間で少しずつ、復習を繰り返しながら勉強していくのが、一番効率的に記憶される勉強方法になります。

でも短期間でプロとしてやっていけるレベルのスキルを身に着けるためには、そうしてのんびりしているわけにはいきません。

そうではなく、とにかくぎゅっと詰め込んで勉強していくよりほかないんです。

だから、あまり記憶に定着することがありません。

いざ使おうとしても出てこないことがある

それはつまり、いざ覚えた知識をプロの現場で使おうとしても、使いたい知識がきちんと出てこない可能性があるということになります。

使いたい知識がきちんと出てきてくれないと、当然その分だけ苦労します。

また0から覚えなおすようなものになるんです。

それはつまり、そこまでにかけた時間もお金も、多少無駄になってしまうということ。

これが長期の場合は、しっかりと記憶されていることが多くなるわけですから、そうなる可能性は低いです。

その分コストもかかるので、必ずしもそのほうが良いわけではありませんが、短期の場合はこうしたデメリットがあるのはたしかです。

まとめ

短期のプログラミングスクールに行くのがおすすめな人は、とにかくあまり時間がない人やメンタルが強い人、そしてシンプルにかけるお金を少なくしたいという人になります。

そういう人であれば、短期のプログラミングスクールのほうがあっているものです。

逆に時間やお金にある程度余裕がある人や、入ってからはあまり苦労したくないという人には、長期のプログラミングスクールがおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール