おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

慣れ親しんだ場所で漫画家を目指す!地方の漫画専門学校のメリットをご紹介します!

   

漫画家として成功している方の多くが東京に住んでいることから、漫画家を目指すために上京を考えている方がいるかもしれません。

東京で過ごしながら漫画家を目指すことで、良い刺激になり体験を漫画に生かすことができる可能性がありますが、デビューするまでに生計を立てる必要があるなどいくつかのハードルがあります。

ここでは、地方の漫画専門学校のメリットについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

慣れない土地で漫画家を目指すことのデメリットとは

東京には大手の出版社が数多くあることから、漫画家デビューを目指す方の中には東京で夢を叶えたいという方がいるかもしれません。

上京して漫画家を目指すことには大きなメリットがあるかもしれませんが、いくつかのデメリットもあります。

デメリットを把握した上で対策をとることで、リスクを抑えながら漫画家を目指すことができます。

働きながら慣れない環境の中で作品を書く必要がある

上京して漫画家を目指すためには、デビューするまでの間は別の仕事で生計を立てる必要があります。

時間を自由に使うためにアルバイトをすることを選択する方がいるかもしれませんが、慣れない環境の中で仕事と漫画の制作を両立させることは生活に順応するまでに大変さを感じることがあります。

また、頼れる友人などがいない場合に、何か問題が生じた時も自分自身で解決する必要があります。

家賃が高く生計を立てることに時間を取られてしまう

東京は家賃が高く生計を立てようとする場合、生活費を十分に確保する必要があります。

アルバイトで生計を立てようとすると仕事の掛け持ちが必要な場合もあるので、働くことに時間を取られてしまい漫画を制作する時間が十分にとれないこともあります。

漫画を制作する時間を作るためにも、ゆとりを持って生活できるように都心からやや離れた場所に部屋を借りるなど対策をとることが大切です。

作品制作に時間を費やすことで孤独になることがある

漫画家デビューを目指すために仕事と漫画制作に時間を使っていると、友人を作る時間を確保できないこともあるので孤独感を感じることがあるかもしれません。

また、周囲に漫画家デビューを目指す人がいないことで、夢を目指して頑張ることに関する悩みを相談できないので、高いモチベーションを保ちながら作品制作できない可能性があります。

スポンサーリンク

上京するなら東京の漫画専門学校に通うのがおすすめ

独学で漫画の描き方を学び、上京後に自分一人で漫画家を目指すことは人によっては大きな孤独感を感じることがあるかもしれません。

しかし、上京して東京の漫画専門学校に通うことで、プロの漫画家を目指すためのスキルを身につけながら作品を制作し、クラスメイトとの交流を通して同じ夢を持つ仲間が側にいることで心強さを感じることができるでしょう。

また、講師に漫画家を目指すことに関する相談もできるので、制作に対する一定のモチベーションを保ちやすいです。

地方の漫画専門学校のメリットとは何か

漫画専門学校は全国各地にあるので、地元の漫画専門学校に通うことで上京する手間を省くことができます。

地方の漫画専門学校は一見すると東京の漫画専門学校に比べてメリットが少ないように感じる方がいるかもしれませんが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

慣れ親しんだ環境の中でのびのびと作品制作ができる

地方の漫画専門学校に通うことで、慣れ親しんだ環境の中でのびのびと作品制作をすることができます。

生活リズムを変える必要がないので、漫画の制作に集中することができるでしょう。

また、余計な時間のロスがないので漫画専門学校で学んだことを作品作りに生かしたり、複数の作品を同時に描くなど漫画家デビューに向けて着実に準備できるというメリットがあります。

実家で暮らすことで漫画制作に集中することができる

地方の漫画専門学校であれば、上京する必要がないので中には実家で暮らす方がいるかもしれません。

実家で暮らすとしてもアルバイトなどである程度の金額を稼ぐ必要がありますが、生計を立てるために長時間働く必要もないので、漫画を制作するための時間を十分にとれるというメリットがあります。

専門学校の学費以外に余計な費用がかからない

高校卒業後に東京の漫画専門学校に通う方であれば、保護者の方からの学費や生活費の仕送りを期待することができます。

こうした環境の中で漫画制作をする場合にはアルバイトで時間を削る必要はありませんが、トータルで見た時に学費や生活費など高額な費用がかかることになります。

しかし、地元の漫画専門学校なら自宅から通学すれば良いので、学費以外に余計な費用がかからないというメリットがあります。

地方の漫画専門学校の選び方の基本

地方の漫画専門学校に通うことにはいくつものメリットがありますが、本格的に漫画家デビューを目指すためにも、専門学校選びには慎重になる必要があります。

どのような点に気をつけながら漫画専門学校を選べば良いのでしょうか。

自宅から通いやすい場所にある漫画専門学校を選ぶ

地方にはいくつもの漫画専門学校がありますが、人によっては自宅から離れた場所にしか専門学校がないこともあります。

そんな時は、自宅から通いやすい場所にある漫画専門学校を選ぶことで通学が楽になり、時間にゆとりを持って漫画制作に集中することができます。

画力と発想力のどちらも学べる漫画専門学校を選ぶ

画力アップのための学習だけではなく、魅力溢れるキャラクターを生み出したり、夢中になって読みたくなる物語を生み出す発想力が身につく漫画専門学校を選ぶことが大切なポイントです。

漫画は絵と物語が一体化することで読者を魅了する独自の世界なので、漫画家に必要なスキルをトータルで学べる漫画専門学校なら安心してデビューを目指すことができるでしょう。

就職サポート付きの漫画専門学校を選ぶ

漫画専門学校の中には、漫画のスキルが学べるだけではなく就職サポート付きの学校もあります。

在学中に万が一漫画家デビューできなかった場合でも、絵を描くことやキャラクター制作などのスキルを使って仕事ができる会社への就職が目指せるので学んだことを生かすことができます。

また、働きながら漫画家デビューを目指すためのサポートを実施している学校もあるので、マイペースに夢に向かって歩んでいくことができます。

漫画家デビューしたら地方に住んでいても良いのか

漫画専門学校在学中にデビューした場合、人によっては大きなチャレンジをするために上京を考える方がいるかもしれません。

現代は地方にいても編集者とのやり取りをするためのいくつものツールがあるので、必ずしも上京する必要はありませんが地方で活動しても良いのでしょうか。

地方でも編集者とのやりとりは可能

漫画家デビューを果たした場合、新たな作品の制作に入る際に担当編集者と綿密な打ち合わせをします。

都心にいれば編集者と直接会って打ち合わせをすることができるので便利ですが、現在はメール・チャット・電話・スカイプなど幅広いコミュニケーションツールがあるので、地方にいても担当編集者とのやり取りは可能です。

また、パソコンのソフトとペンタブレットを使用してデジタルで漫画を描けばメールで原稿のやり取りもできるので、修正箇所がある場合でも素早い対応が可能となります。

幅広い繋がりを求める場合には上京も可能

漫画家として幅広く活動したり、ほかの漫画家の方と広く交流して繋がりを持ちたい場合には上京するのがおすすめです。

漫画家同士の交流が良い刺激となり、作品に対するモチベーションも高まります。

プロの漫画家ならではの悩みも先輩の漫画家の方に相談できる機会があるかもしれないので、人生の大きな糧となるでしょう。

まとめ

漫画家デビューを目指すために自分一人で上京して、自分一人で漫画を描き続けることには大変さが伴います。

上京するとしても地元で過ごすにしても、漫画専門学校で学ぶことには大きなメリットがあります。

特に地方の漫画専門学校に通うことにはライフスタイルも含めてメリットが多いので、マイペースに漫画制作をしながらデビューを目指すのも良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校