おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

憧れのジュエリーの仕事に就くには?ジュエリーデザイン専門学校の選び方

   

[アマゾンコレクション] Amazon Collection 2トーン スターリングシルバー 18金 イエローゴールド シルバー ダイヤモンド バングル ブレスレット(1 / 10cttw、I-Jカラー、I2-I3クラリティ)

アクセサリーを身につけるのが好きな方の中には、ジュエリーデザインや制作の仕事に憧れを抱いている方がいます。

ジュエリー販売のお仕事ではなく本格的にジュエリーデザイナーになりたい場合には、ジュエリーデザイン専門学校で学ぶのがおすすめです。

ここでは、ジュエリーデザインの仕事の魅力とジュエリーデザイン専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ジュエリーデザインの仕事の魅力について

自分がデザインしたジュエリーが商品化される

ジュエリーデザインの仕事の魅力は何と言っても自分がデザインしたジュエリーが商品化されて店頭に並ぶことです。

ジュエリーの分野は男女問わず人気が高く、有名メーカーのジュエリーは新しい商品が作られる度に大きな注目を集めています。

幅広いジャンルのジュエリーがあるので、自分が好きなデザインのジュエリーを作り出す仕事は大きなやりがいがあります。

自分がデザインしたジュエリーを身につけられる

ハイブランドのジュエリーは独自のセンスで多くの人々を惹きつけていますが、自分のイメージをそのまま形にしたジュエリーはほかのジュエリーと比べようがないくらい愛着が湧いてしまうものです。

手作りのジュエリーを作る講座もありますが、本格的にプロのジュエリーデザイナーとして仕事をすれば、自分がデザインしたジュエリーを実際に身につけることができる上に自分がデザインしたジュエリーを好きになってくれる多くの人が購入してくれるという喜びがあります。

結婚指輪など大切なジュエリーの制作に携われる

結婚指輪は人生の大切な節目を彩る重要な役割を持つアイテムです。

ジュエリーデザイナーの仕事は、通常のアクセサリー以外にブライダルジュエリーのデザインや制作を手掛けるので、たくさんの方に喜ばれる仕事として人気があります。

人生を共に歩むことを誓い合った二人の幸せの象徴のアクセサリーをデザインすることは、責任重大な仕事ですが、その分大きなやりがいがあるので充実した気持ちで仕事に取り組むことができます。

世界的な活躍を視野に入れることができる

ジュエリーデザインはデザイン性の高さや完成度の高さによって国内だけではなく海外での活躍も期待することができる分野です。

素晴らしい作品が完成した場合には、言葉の壁を越えて世界中の人々から大きな注目を集めます。

優秀なジュエリーデザイナーとして大きく成長することで、世界を視野に入れて仕事をすることができるので大きな夢を描いてさらなる成長を目指せます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ジュエリーデザイン専門学校で学べること

ジュエリーに関する知識を徹底的に学べる

ジュエリーデザインをするためには、宝石や金属の性質の知識と共にそれぞれの素材の扱い方など基礎から応用まで徹底して学ぶ必要があります。

また、これまでの概念に囚われないジュエリーデザインをするために、宝石が持つ歴史などを詳しく勉強しておくとデザインする際のインスピレーションを得やすくなります。

絵心があればイメージをデザイン画に起こすことはできますが、宝石や金属の性質を知り尽くした上で完成度の高い作品を作るのがプロの仕事なので、基礎的な技術を徹底して学ぶことが大切です。

ジュエリー専門学校では、宝石や金属などのジュエリーデザインに欠かせない知識をプロの講師の指導をもとに徹底的に学べるのでプロを目指す方におすすめです。

ジュエリーデザインの技術が学べる

ジュエリーが好きな方の多くが、自分がイメージした通りのジュエリーを身につけたいという希望を持っています。

商品化するためにデザイン画を起こす場合には、線画を描く技術だけではなく製図技術などを学ぶ必要があります。

商品化のためには緻密な製図が必要となりますが、ジュエリーデザイン専門学校ではイメージを的確に形にするためのデザイン画の描き方や製図の書き方を学ぶことができます。

ジュエリーデザインの制作技術が学べる

ジュエリーデザイン専門学校では、デザイン画の描き方だけではなく制作技術をあわせて学ぶことができます。

金属加工の基本や原石の研磨の仕方などジュエリーデザイナーに必要な知識と技術を総合的に身につけることができます。

金属加工の基礎や宝石の特徴を分かっているからこそ、それぞれの素材を生かしたデザインができるようになるのでプロのジュエリーデザイナーを目指す方におすすめです。

ジュエリーデザイン専門学校の選び方

短大併修制度を導入しているところを選ぶ

ジュエリーデザイン専門学校の中には、ジュエリーデザインに必要な知識や技術を学びながら必要な単位を取得することで専門学校卒業と同時に短大卒業資格が得られる短大併修制度が設けられているところがあります。

学生の方は進学するか専門的な技術を学ぶために専門学校に進むか迷う方がいるかもしれませんが、短大併修制度を導入しているジュエリー専門学校なら迷いなくジュエリーデザインの勉強に打ち込むことができます。

技術の基本と専門的な事柄を学べるところを選ぶ

ジュエリーデザイン専門学校の中には、ジュエリーデザインや制作に必要な基本的な技術と専門的技術をあわせて学べるところがあります。

ジュエリーに興味を持つ方の中には、デザインと制作の両方を学ぶ中でよりデザインに興味が湧く方もいれば制作に興味が湧く方もいます。

専門的なコースをいくつか提供しているジュエリーデザイン専門学校なら、幅広い分野を学びつつより興味を持った分野に進むことができるのでおすすめです。

入学説明会と体験講座を行っているところを選ぶ

ジュエリーデザイン専門学校の多くが入学説明会を行っています。

ジュエリーデザインに興味がある方は説明会に参加することで、どのようなことが学べる学校なのか詳しく知ることができるのでおすすめです。

また、体験講座を実施しているところもあるので、自分に向いている分野なのか確かめることができます。

体験によってジュエリーデザイナーを目指す気持ちが強くなることもあるので、進路を決める際に役立ちます。

徹底した就職サポートを行っているところを選ぶ

ジュエリーデザイン専門学校では、ジュエリーデザインの書き方や制作の技術を学ぶことができますが、必要な技術を身につけるだけではなくジュエリーデザインを仕事にするための就職サポートが充実しているところがあります。

個人の就職相談を受け付けており、きめ細やかなアドバイスがもらえるので進路に関する悩みを解消することができます。

ジュエリーデザイナーとして仕事をする方法

学校を通して得る求人情報をもとに就職活動する

企業から求人登録されているジュエリーデザイン専門学校は、学校を通して質の高い求人情報を目にすることができるので、プロのジュエリーデザイナーを目指す方におすすめです。

専門学校で学んだ知識や技術をもとに安心して就職活動できるので、卒業後にジュエリーデザイナーとしての活躍を期待することができます。

憧れのジュエリーブランドに求人の問い合わせをする

憧れのジュエリーブランドがある場合には、自分自身で求人について問い合わせて積極的にアプローチすると良いでしょう。

ジュエリー専門学校で手掛けた作品はポートフォリオとして就職活動をする際に活用できるので、卒業までにデザイン画などの作品を綺麗にファイルにまとめておきましょう。

まとめ

ジュエリーデザイン専門学校では、ジュエリーデザイナーに必要な知識や技術を一通り学べるだけではなく、就職サポートを行っているのでジュエリーデザイナーを仕事にすることができます。

ジュエリーデザイナーはやりがいのある仕事なので、仕事を通して毎日を充実した気持ちで過ごせます。

専門学校に通うことで同じ夢を持つ仲間との出会いや触れ合いもあるので、一生ものの貴重な体験となるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ